同窓会ワンピースには、品のある華やぎディテールを! 五選

2017年12月7日
同窓会は、楽しみだけれど、ファッションに悩ましさがあるのも事実。がんばりすぎに見えず、上品な清潔感と感じのよさを演出するにはどうすれば? さじかげんがむずかしい同窓会ならではのドレスアップを研究!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.華ディテールをさりげなく。同窓会の主役は王道の黒
ストンとしたベーシックなフォルムながら、袖に繊細なプリーツを施し、女らしさと華やかさをアップ。グラスを持つ手もとをエレガントに格上げしてくれる。袖のプリーツははずすことができるので、同窓会以外のシーンではシンプルなワンピースとして活用できるのもいい。さりげなくラメを施したスクエアクラッチで、ドレスアップシーンならではのきらめきも感じさせて。

ワンピース¥58,000/ADORE ピアス¥12,000/ADORE 六本木ヒルズ店(ADORE) タイツ¥4,200/ステッラ(ピエールマントゥー) バッグ¥92,000/ジミー チュウ
2.抜群の着映え力を発揮する奥行きのある色と素材感
ブラックをベースにパープルとネイビーが織りなす絶妙なコラージュが、主役感たっぷりなワンピース。ラメがさりげなく効いているのも華やかさをアシスト。Aラインシルエットが体型を自然とカバーしてくれるのもうれしい。小物は黒で統一してすっきりまとめて。

ワンピース(インナーワンピースつき)¥180,000/ブラミンク リング¥540,000/TASAKI(TASAKI by MHT) ストッキング¥2,300/ステッラ(ピエールマントゥー) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥69,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)
3.大胆なレース使いで控えめな印象の黒を刷新
まるでケープのように、肩から手首にかけてレースが覆う変形デザイン。肌の透け感が若々しさを印象づけ、さらりと腕を覆うレースが気になる二の腕もカムフラージュ。インパクトのあるゴールドの太バングルは、レースの甘さを引き算するのにちょうどいい大人のモード感。

ワンピース¥46,000/ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店(ルームエイト) バングル¥7,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥47,000/ティースクエア プレスルーム(セルプイ) 靴¥49,000/ウィム ガゼット 青山店(ペリーコ)
4.甘さはほんのり控えめに。大人のドレスアップの黄金比
ツヤのあるブラックがきちんと感をキープしつつ、たっぷりとギャザーとゴムが入った襟もとで、親しみやすいかわいらしさのあるムードを演出。ウエストに共布ベルトをふんわりと結ぶことで、フラットパンプスでも脚長に、メリハリのあるボディラインに見せてくれる。

ワンピース¥69,000/カレン ウォーカー ギンザ シックス店(カレン ウォーカー) バングル¥120,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バッグ¥34,000/ティースクエア プレスルーム(セルプイ) 靴¥62,000/ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店(ニナ リッチ)
5.ウエストコンシャスとレース使いで圧倒的な美人顔に
華がありレディライクな大人っぽさを演出できるレースワンピースは、レストラン同窓会にぴったり。ほんのり腕が透けて見える女らしさも、ネイビーなら派手になりすぎずちょうどいい。フロントでクロスしたねじりデザインが、気になるおなかまわりも自然にカムフラージュしてくれる。

ワンピース¥59,000/ADORE ピアス¥11,000(ステラアンドルビィ)・ブレスレット¥15,000(フィリップオーディベール)/以上ウィム ガゼット 青山店 バッグ¥190,000/ドレステリア 銀座店(イニス ロンドン) 靴¥26,000/エストネーション(エストネーション)

What's New新着記事

  • 食のプロがおすすめ!鍋をぐっとおいしくする「あるとうれしい調味料」五選 

    eclat2月号では、食のプロたちが、おうち鍋をさらにおいしくする“調味料”をご提案。つけダレとして使ってもおいしい「唐芙蓉」、野菜仕立ての鍋によく合う「パクチーレモンオイル」や、モロッコの辛味調味料「アリッサ」など常備したいとっておきのアイテムばかりです。

    eclat五選

    2018年2月22日

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング