最高の素材と技術で夏のおしゃれを彩る麦わら帽子【MADE IN JAPANの隠れた名品】

2018年6月6日
10年前までは皇室のかたや女優さんみたいと敬遠された帽子。今や夏は実用とファッションの両面からの必須アイテム! 脇役の力量がおしゃれを左右する夏、シンプルで上質なストローハットをご紹介。

極細の麦わらブレードと幅広のグログランリボン、最高の素材と技術が必要とされる夏の帽子

(左)モットルサイドアップブルトン¥38,000・(右)モットルキャノチエグログランリボン¥35,000/スグリ
「10年前まで帽子は『皇室のかたや女優さんみたいで』と敬遠されましたが、今や『もっとつば広なものはありませんか?』と問い合わせがくるほど」、そう話すのは『スグリ』デザイナーの佐々木恭子さん。特に夏は、実用とファッションの両面から必須アイテムになっているという。
 佐々木さんがブランド設立時から作り続けているのが、細い麦わらブレード(モットル)を使ったこの帽子。「でも、良質なストローの生産量が減ってきたのに加え、5㎜以下の細いブレードを縫える職人さんが数えるほどに。日本の職人の緻密な技あっての帽子なんですよ」と。
 佐々木さんも1㎝幅なら自分で縫えるけれど、どうしてもラフな麦わら帽風になってしまう。大人の服や都会の風景になじんで美しいものにするためには、ブレードの細さが必要だし、型くずれしないようにブリムを二重にするなど、特別な技術が必要。さらに、リボンも綿混率の高いグログランを選び、アイロンでいせ込んでいるそうだ。ていねいに作られた帽子は、かぶり心地もよく、麦わらの色が濃くなっていく経年の変化も愛おしい。脇役の力量がおしゃれを左右する夏、シンプルで上質なストローハットが気になる。

How to buy

スグリ

文化服装学院、サロン・ド・シャポー学院などで学び、アパレルで働いたのち、’02年『Sugri』を設立。帽子をメインにヘッドピース、コサージュやウェディング小物も手がける。夏はストロー以外にもラフィア、バオ、シゾールなどさまざまな素材と形がそろう。ネットショップのほか、伊勢丹や銀座三越などでのポップアップも。
問☎03・6434・5379 www.sugri.net

What's New新着記事

  • 旬ブランドvs王道ブランドで「トレンチ」対決! 間違いない名品7

    ここしばらく遠ざかっていたという人も、この秋は“今の気分”のトレンチコートを更新してみては? スタイリスト・村山佳世子さんがアラフィーにぴったりな、旬ブランドと王道ブランドの名品を厳選してご紹介!

    ファッション

    2018年11月16日

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

  • おしゃれプロが指名! 使えるのは「このブランドのミニポシェット」

    両手が空くミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、展覧会めぐりや旅先でも大活躍。毎シーズン展示会等でいち早くトレンドをキャッチしているエクラ撮影スタッフにも、ミニポシェットにハマる人が続出。それぞれのお気に入りアイテムを理由とともにご紹介します。

    ファッション

    2018年11月11日

  • コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

    アウターがマストになってきたら、“コートを着るから”とつい中身のおしゃれを手抜きしていない? コート姿も、コートを脱いでもステキに魅せるベストマッチングなコーデを、4つのシーン別にご紹介!

    ファッション

    2018年11月8日

FEATURE
ランキング