男女問わず絶大な支持を集める「サンスペル」の新素材Tシャに注目!

2018年6月9日
おしゃれプロ太鼓判なら間違いなしの口コミTシャツをご紹介。イギリスの“サンスペル”が今年提案する新素材は、従来のものとはひと味異なる、ふんわりと柔らかなタッチ。より心地よいフィット感を実現。「この素材感なら、半袖ニット感覚でスカーフをあわせるのもよさそう」というおしゃれプロあり。黒と、メンズにはカーキも。

SUNSPEL(サンスペル)

“キュッと詰まったネックデザインと長めで細めなバランスが新鮮。この素材感なら、半袖ニット感覚でスカーフを合わせるのもよさそう。

スタイリスト 福田麻琴さん

“ずっと触っていたくなるふっくらとした上質なコットン。合わせるボトムを選ばず着回し力も抜群です。

スタイリスト 室井由美子さん

研ぎすまされたシルエットで、Tシャツ一枚でもよそ行き感のある装いに。Tシャツ¥15,000(7月中旬発売予定)/サンスペル 表参道店(サンスペル) パンツ¥37,000/アマン(ア
ンスクリア) サングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット)ブレスレット¥43,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX
(モワナ) スカーフ¥28,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

老舗ブランドの新素材Tシャツに注目!

"サンスペル"といえば、男女を問わず絶大な支持を集める、なめらかでしなやかな風合いの定番Tシャツで有名なイギリスの老舗ブランド。そのブランドが今年新たに提案する新素材は、従来のものとはひと味異なる、ふんわりと肉厚で柔らかなタッチ。より心地よいフィット感が実現された。やや細めで長めに設定された袖が二の腕を優しく包み込んでくれて、シンプルに着るだけで美しいたたずまいに。糸の紡績、編み立て、縫製までを一貫してイギリスで行っているスペシャルなTシャツは、黒と、メンズラインにカーキのカラーバリエーションも展開。あわせて要チェック!
「ロゴマークにも注目」
アーカイブから引用したというネームタグ。レトロなデザインが目をひくかわいらしさ。
「袖はすっきりとやや細め」
腕まわりをすっきりと美しく見せるストレートな袖にも特徴あり。袖丈はやや長め。

What's New新着記事

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

  • おしゃれプロが指名! 使えるのは「このブランドのミニポシェット」

    両手が空くミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、展覧会めぐりや旅先でも大活躍。毎シーズン展示会等でいち早くトレンドをキャッチしているエクラ撮影スタッフにも、ミニポシェットにハマる人が続出。それぞれのお気に入りアイテムを理由とともにご紹介します。

    ファッション

    2018年11月11日

  • コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

    アウターがマストになってきたら、“コートを着るから”とつい中身のおしゃれを手抜きしていない? コート姿も、コートを脱いでもステキに魅せるベストマッチングなコーデを、4つのシーン別にご紹介!

    ファッション

    2018年11月8日

  • 特別な風合い「ASAUCE MELER」のニットストール【MADE IN JAPANの隠れた名品】

    夏の麻素材ストールが大人気だった「ASAUCE MELER(アソース メレ)」からこの冬もまた、存在感抜群のストールが登場。ループ上の太い糸を織ってから熟練の職人さんが手作業で起毛をして作る「モヘアのフラッフィーストール」と、八王子のニッターさんに依頼してできる「カシミヤのファーニット」は、まさに手の込んだ逸品。今年の秋冬は、日本ブランドの上質な肌ざわりを体感してみては。

    ファッション

    2018年11月6日

FEATURE
ランキング