夫のニオイ、撃退24時! 加齢臭対策に妻のサポート必須!

2018年6月29日
体の内外からの予防が必要な加齢臭対策。臭わないためにとりたい栄養素、生活習慣、消臭法や食事法などを、一日のタイムスケジュールとともにご紹介。夫のニオイだけでなく、実は女性もニオっているので、夫婦そろってニオイに対処した快適ライフを手に入れよう!

【AM 7:00】発酵食品を積極的に食べる

加齢臭発生の一因は、腸内環境の悪化。悪玉菌が増えて善玉菌が減ると、腸内で未消化のタンパク質やアミノ酸を細菌が分解し、アンモニアなどの悪臭物質が出やすくなる。腸の機能は加齢でも衰えるので、まずは腸内環境を整える発酵食品をとる習慣を。乳酸菌やオリゴ糖を含有するヨーグルト、納豆や漬物のほか、飲酒した翌日はオルニチンを含むシジミの味噌汁で、肝機能を高めてアンモニアの解毒化を促そう。

【AM 8:00】衣類で臭いを防ぐ

クセが強い加齢臭の問題点は、臭いがまわりに伝わること。電車内やオフィスといった公共の場で、夫がくさい人認定されないよう、外出前に衣類に消臭スプレーをかけてさしあげよう。まるで目に見えないフィルターのように、体から発される加齢臭を服を通して消臭することができるうえ、衣類による蒸れで繁殖し、臭いを強める雑菌も防げる。特に、わきや首まわり、背中など皮脂腺が多く加齢臭が出やすいところは念入りに。
❶消臭機能のあるイオンポリマーが、繊維を通過する臭いのもとを中和・分解。体臭を外に発散させない画期的な逸品。除菌効果もあり。イオンダッシュ・ネオ200㎖ ¥1,296/昭和化学工業 お客様相談窓口 ❷衣類で体臭を消す"経衣類消臭法" に適したハイテク消臭・抗菌スプレー。デオラボ イオンクリア ガンスプレータイプ 100㎖ ¥1,500/ハーパーベンソン

【PM 2:00】シーツや枕カバーなど寝具はこまめに替える

ノネナールのもとは、皮脂に含まれる脂肪酸の一種。つまり、脂でできている物質なので、繊維にしみ込みやすくとれにくいうえ、そのまま放置しておくと空気に触れて酸化。雑菌が繁殖し、どんどん臭いが強くなって、寝室が加齢臭まみれに、なんて事態にも。睡眠中、皮脂腺の多い頭皮や背中が密着するだけに、臭いがつきやすい寝具はまめに交換を。臭い防止機能つき寝具に頼れば、加齢臭の沈着が防げてなにかとお得!
❶医師の発想で生まれた、タンパク質を分解する素材・ハイドロ銀チタンを使用。臭いの原因物質を自浄作用で分解するので肌に優しい。加齢臭や汗臭のほか、花粉やハウスダスト、カビなどにも効果あり。ハイドロ銀チタン ピローケース+₄ ホワイト¥4,500・❷同素材のシーツ。ハイドロ銀チタン タオルシーツ+₄ ホワイト¥12,000/タオル美術館グループ・一広

What's New新着記事

FEATURE
ランキング