やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。
やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選_1_1-1

1/5

やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選_1_1-2

2/5

やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選_1_1-3

3/5

やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選_1_1-4

4/5

やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選_1_1-5

5/5

1.メリハリ美人になれる端正な切り替えワンピース
正装感が欲しい場でも、ドッキングワンピースなら間違いのない品格が手に入る。さらっと着るだけで、まるでブラウス&スカートを組み合わせたような、きちんと感のあるスタイルが完成。今年らしい長めの丈も、白×黒のメリハリで無条件にバランスよく決まる。

ワンピース(8月中旬ごろ発売予定)¥55,000/REYC ピアス¥134,000・ブレスレット(細)¥156,000・(太)¥990,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
2.座敷では張りのあるジャージー素材で
着心地ときちんと感を両立
長時間座ることが前提だから、しわになりにくく窮屈感がない素材選びが肝心。それでいて、格式を損なわないデザインのワンピースを厳選したい。ライトベージュのジャージーワンピースは、ほどよいゆとりシルエットながら、太ベルトでしっかりマークしているからルーズな印象にならないのが魅力。

ワンピース¥39,000/ebure ピアス¥57,000・ブレスレット¥156,000・時計¥745,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
3.甘くならないリボンが着やすい一枚を格上げ
すとんと楽なワンピースも、光沢のある大ぶりリボンひとつでお出かけ仕様に。アシンメトリーなあしらいが、リボンを甘く見せず現代的なスタイルに導く。

ワンピース(インナーつき)¥68,000/ランバン コレクション ピアス¥67,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ヨキ) バッグ¥85,000/ドレステリア 銀座店(ステー) 靴¥24,000/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(ファビオ ルスコーニ)
4.鉄板のシンプルブラックはひとさじの甘さが決め手に
注目の袖コンシャスなデザイン。立ち姿が様になるIラインシルエットに、光沢素材の袖がふんわり広がって、エレガントな存在感をアピール。定番にして締め色のブラックだから、目をひくデザインもシックな印象。目上のかたも参加する大規模な会では、奇をてらわない上質小物を合わせ、品よく仕上げたい。

ワンピース¥68,000/ADORE ピアス¥23,000・バングル¥80,000(ともにシンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥54,000(ネブローニ)/以上フラッパーズ バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
5.高位置のウエストマークですらりと脚長なスタイルに
たっぷり長め丈が揺れる、レディライクなシルエット。袖口をカフスのように折り返して着るのも素敵。ダークな色を入れず小物までまろやかな色みで統一すれば、いっそう優しげな女性像に。

ワンピース¥43,000/ADORE ピアス¥76,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バングル¥42,000/カオス表参道(crescioni) ストール¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング