アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。
アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①_1_1
「トホホだったこと」の大半は何と、「寄る◯◯」を思わせるようなエピソード。まずは、
「白髪が増えたこと、首のシワが取れなくなったこと」(SA・52歳)。ええ、本当に。

また、健康面の変化もひょっとすると「◯◯」のせい?

「生まれて初めてインフルエンザに」(CK・48歳)
YN(53歳)も人生初のインフルエンザに加え「坐骨神経痛になり、数日間、夜も眠れぬ痛さ」を経験したそう。
ケガに泣いた人も多かった。

「椅子から落ちて、全身打撲。肋骨にヒビが……」(KS・53歳)
「電動自転車で転び、顔面損傷で大変なことに」(SS・51歳)。ただ、SSさんはそのケガを「美容外科で徹底的に治して、元よりキレイに」なったとか。まさにケガの功名というか、転んでもタダでは起きないというべきか。

ほかに「ダイエットをしているはずが、1年間で3kg増。頭の中は『???』だらけです」(MK・51歳)という人も。うーむ。アラフィーは、自分の体とのつきあい方を見直すべきお年頃なのかも?
アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①_1_2
「うっかり」なトホホは、
「同じ雑誌を2冊買ってしまった」(TI・48歳)
「お客様の名前を間違えた」(ET・47歳)
「スケジュールのダブルブッキング」(HI・49歳)
「友達と会う約束を忘れ、大汗。相手は『私もこの前、同じ失敗をしたのよ』と許してくれたけど」(RS・50歳)などなど。

仕事も家事もプライベートも何かと忙しいチームJマダムのみなみなさま、ま、こういうこともありますね。でも、「忘れる」のは悪いことばかりでもないようで。

「トホホだったこと、とくに思いつきません。きっと、うまく忘れているんですね、私(笑)」(SE・48歳)。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の”こだわり”①

    無意識のうちにしてしまう”クセ”の対極にあるのが、こだわり。他人にはどうでもよく思えることでも、その人がその人であるために必要なルールのようなものかもしれない。Jマダムたちに、人に理解してもらえなくて上等、なこだわりの数々を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月22日

  • アラフィー女性のホンネ:あまり他人に知られたくないクセ

    昔から「なくて七癖、あって四十八癖」というように、あなたにも何かクセ、それも他人に知られると恥ずかしかったり、困ったりするものがあるのでは? 打ち明けてみれば案外、それがチャームポイントになっていたりして。チームJマダムのみなさんに、”ナイショにしておきたいクセ”を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月8日

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

FEATURE
ランキング