アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。
アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①_2_1
トホホなことも含め、今年1年を漢字一文字で表すとしたら、何? これについては、実にバラエティに富んだ回答が寄せられた。

「『忍』。家族や人間関係には忍耐が必要でした」(IT・52歳)
「『気』。病気の気でもあり、数多くの気づきがあった年だった」(YN・53歳)
「『乱』。いいこと悪いこと、ケガなどいろいろあって波があり、乱れた年でした」(KS・53歳)
「不安の『安』。酷暑に台風、住まいの近所にも大雨特別警報が出て、なんとなく不安なことが多かった」(KY・53歳)
「控えめ、流れに身を任せ、おとなしくしていたほうが何かといい1年でした」(SE・48歳)。

来年は、少しでもおだやかな年になりますように。次回は、漢字一文字の続きと「うれしかったこと」。楽しい気分で1年を締めくくれそうな予感……。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:あまり他人に知られたくないクセ

    昔から「なくて七癖、あって四十八癖」というように、あなたにも何かクセ、それも他人に知られると恥ずかしかったり、困ったりするものがあるのでは? 打ち明けてみれば案外、それがチャームポイントになっていたりして。チームJマダムのみなさんに、”ナイショにしておきたいクセ”を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月8日

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

FEATURE
ランキング