ブローチで、冬のカジュアル服にニュアンスを 五選

今までは "ママ世代のもの" と思っていたブローチがさりげない選び方や抜け感のある使い方で、おしゃれの味つけの強い味方に。ふだんのカジュアル服を小粋にランクアップさせる、新しい魅力に再注目!

1. ヴィンテージ風の繊細なディテールが冬の着こなしを彩る

ブローチで、冬のカジュアル服にニュアンスを 五選_1_1
(上から)安全ピンを模したピンに通してつける新しい発想のブローチは、実はペンダントの一部。パヴェダイヤのきらめきが魅力。「セルパンボエム」(YG×DM)¥2,190,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) 漆黒に輝くオニキスを贅沢に用い、柔らかなバラの花弁を表現。「ローズ ド ノエル クリップ ミディアム モデル」(YG×DM×オニキス)¥1,700,000/ヴァン クリーフ&アーペ ル ル デスク(ヴァン クリーフ アンド アーペル) 折り重なるアイビーの葉とこぼれ落ちるかたど朝露をダイヤで模った繊細なブローチ。「ライムライト」ブローチ(WG×DM)¥2,425,000/ピアジェ コンタクトセンター(ピアジェ) ぶどうの房に見立てたカボションルビーのまろやかな膨らみが女性らしさを。(WG×YG×ルビー)¥1,500,000/髙曾堂六本木(フェデリーコ・ブチェラッティ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング