世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選

世界で活躍するインテリアデザイナー、カトリーヌ・メミさんの住まいをお手本に、日本のエクラ世代のこれからの暮らしのヒントになる「シンプルな洗練空間」作りの要点をご紹介。

1.Living

300年の歴史あるお屋敷のアパルトマンをリフォーム! 家具が映える美空間が完成

世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_1_1
リビング兼ショールーム。使用色をモノトーンやベージュ、グレーに限定し、空間をすっきりまとめるテクニックは参考にしたい。奥の麻のソファ「クチュール」、ローテーブル「エリプス」、手前左のソファ「ロッポンギ」はフランネル。右のオットマン「リュー・ド・バック」
 シンプルでラグジュアリーな家具を創作し、’93年に「ニューミニマリズム」という独自の世界観をつくった、インテリアデザイナーのカトリーヌ・メミ。昨年から住む新居はパリ左岸のサン・ジェルマン・デ・プレ広場の近く。市内でも随一の洗練されたエリアだ。「長年暮らし、路面店を出したのもこの地区だから、ほかの場所に移ることは考えませんでした。ここは内見の日、中庭の大木のそばにたたずむ優雅な外観をひと目見て、気に入りました。前身は17世紀の貴族の館だそうですが、古い建物の内部を改装して現代的な住まいをつくるのが私のスタイル。モダンでシックな私の家具に、歴史を経た趣のある建物がぴったり合うからです」

What's New新着記事

FEATURE
ランキング