自分で見て常に楽しめる、好きな世界観をつくれるリング【伊藤美佐季の大人のジュエリー】

大人のおしゃれを完成するために欠かせない、ジュエリー。でも、自分に似合うジュエリーの選び方や最旬のつけこなしなど、実は知らないことも多いのでは? ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤さんが、好きな世界観を追求できる、遊び心のあるリングのつけ方を指南。

<リング>自分の目で見て常に楽しめるリングは好きな世界観をつくって

ピアスやネックレスと違い、リングは常に自分で眺め、楽しむことができるアイテム。顔との距離もあるので、自分の顔だちに関係なく、好きな世界観を追求しやすいので、遊び心を存分に楽しんで。

リング

軽やかさと、品格を重ねづける大人の余裕を

同じ手にアクセサリー感覚のリングと、クラス感ある凝ったつくりのリングを横レイヤード。ジュエリー上級者の余裕を感じさせる演出法。

リング〈人さし指〉(シルバーにゴールドコーティング)¥85,000/ショールーム セッション(ザ レタリング) 〈薬指・指先から〉「セルパンボエム」(PG)¥94,000・「キャトル ラディアント」(YG)¥375,000・「キャトル クラシック」(PG×WG×YG ×ブラウンPVD×D)¥740,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン)

ダイヤモンドリング

自由にダイヤモンドがのぞく画期的デザインにひと目惚れ

今、伊藤さんが最も欲しいと思っているのがこのリング。「指の間からペアシェイプカットやマーキースカットのダイヤモンドが顔をのぞかせる、贅沢さと楽しさが満喫できるこのリングは、つけるだけで幸せになれそう」。

リング「セルティ スィル ヴィット」〈人さし指〉(PG×D)¥4,400,000・〈中指・指先側から〉(WG×D)¥2,200,000・(WG×D)¥3,750,000/エストネーション(レポシ) ドレス¥71,000/メゾン・ディセット(ロゼッタ ゲッティ)

  • 部位別に魅力を堪能。大人ジュエリー、最旬のつけこなし 五選

    大人のおしゃれを完成させるために欠かせないのが、ジュエリー。知っているようで実は知らない、自分らしい選び方や最旬のつけこなしを、ジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さんがお届け! 自分がつけるべき部位を決めたら、次はどんなふうにジュエリーをつけこなすか。エクラ世代におすすめの1クラス上のつけ方をご紹介。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング