富岡佳子が着こなす極上の逸品。こだわりがつまったハイブランドTシャツ4

大人がこの夏選ぶべきは、こだわりがつまったハイブランドの逸品Tシャツ! まわりとかぶらず、一枚で一気に差をつけられる厳選の4枚を、富岡さんの着こなしとともにご紹介。

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)

コレクションルック初のTシャツは、シックなカーキ色で究極のシンプル美を実現

フェラガモ

2019SSコレクションのファーストルックとして登場したカーキのTシャツ。ブランドのコレクションルックとしては初のTシャツで、張りがあって発色が美しい上質なコットン素材を使用。リラックスしたスタイルやカジュアルな雰囲気のデザインにこそ最高級の素材を使用するというブランドのポリシーを具現化した一着。同系色でコーディネートして上品なスタイリングに。

Tシャツ¥34,000・スカート¥300,000・ベルト¥69,000・ブレスレット(太)¥39,000・ブレスレット(細)¥28,000・靴¥89,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)

Brunello Cucinelli(ブルネロ クチネリ)

控えめなのにただものでない雰囲気を醸し出すリネンシルク素材の上質感

ブルネロクチネリ

柔らかな光沢を感じさせるリネンシルク素材。涼やかさを呼ぶさらりとした肌ざわりはまさに絶品。胸ポケットには、ブルネロ クチネリらしさを物語る「モニーレ」と呼ばれる繊細なボールチェーンが控えめに輝き、コントラストカラーのステッチが施されている。こっくりとしたこの色はカルーバカラー(イナゴ豆)。

Tシャツ¥100,000・スカート¥398,000・ベルト¥115,000(参考価格)・ブレスレット¥370,000・靴¥87,000/ブルネロ クチネリ ジャパン(ブルネロ クチネリ)

Loro Piana(ロロ・ピアーナ)

100%コットンの究極のシンプルデザイン。ミニマリズムの真髄を体現する理想の白T

ロロ・ピアーナ

上質を極めたマーセライズド・スーピマ・コットン・ジャージー素材は驚きのなめらかさで、コットン本来の性質である耐久性、柔らかさがきわだつ。刺繡ロゴをさりげなくあしらったベーシックなTシャツで、着てみると実感するフェミニンな雰囲気を漂わせる理想のラウンドネックの首まわりは、リブ編みのコットン。

Tシャツ¥43,000・ジャケット¥453,000(※ジャケットはシングルで展開)・パンツ¥190,000/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店(ロロ・ピアーナ) ゴールドブレスレット¥65,000・シルバーブレスレット¥32,000/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX 店(アイアム バイ イレアナ・マクリ)

DIOR(ディオール)

フェミニズム漂うスローガンをさりげなく印象的に! 大人が着るべきロゴTシャツ

ディオール

フェミニズムやフィロソフィー漂う印象的なスローガン“WE SHOULD ALL BE FEMINISTS”は、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェのエッセーから引用したもの。ディオール初の女性アーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリのデビューコレクションで初登場以降、スローガンTシャツがたびたび登場し、今や象徴的なアイテムに。コットン×リネンの風合いあるブレンドコットンジャージー素材も心地いい。あえてきれいめボトムで女らしく。

Tシャツ¥90,000・パンツ¥240,000・イヤリング¥46,000・靴¥106,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング