<大草直子さんの“時短パンツ”>心地よい素材感と絶妙な色でシーン選ばずな一本

若いころ、「上に何を合わせてもOK♪」なベーシックパンツをひたすら履いていた人も多いのでは? でも、アラフィーには、もっと「華」のある一本が必要! アラフィーのおしゃれ番長的存在のスタイリスト・大草直子さんがおすすめする“時短パンツ”を、着こなしの提案とともにご紹介!

おしゃれプロのリコメンド:アラフィーのおしゃれ番長 大草直子

大草 直子

大草 直子

おおくさ なおこ●スタイリスト。webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、カタログを中心にスタイリングを行うかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しい個人メディア『AMARC』をスタート。 近著『大草直子のSTYLING&IDEA』(講談社)ほかInstagramも人気。
撮影/最上裕美子
多忙を極めるスタイリスト・大草さんも、こだわりの一本を“時短パンツ”として愛用。「おしゃれの時短の秘訣は、信頼できて迷いなく決められるかどうか。“これがあればキマる”というパンツを厳選します。私がこちらを選んだ理由は、素材と色。布帛(ふはく)とカットソーの間くらいの心地よい素材感。カーキなのですが、ゴールドやブラウンみもある複雑な色。いくつもの“表情”ではなく、いくつもの“顔”をもっているので、さまざまなコーディネートを可能にし、シーンも選びません。カオスらしい洗練された雰囲気で、合わせる靴に悩まない丈感も絶対。このパンツの包容力は、おしゃれの時短に直結します!」。

My favorite pants!

ブラウンに近いニュアンスのあるカーキカラー。布帛見えするカットソー素材は、しわにならず、着心地がラクで美しいテーパードシルエット。サイドファスナーで、美しいフロントスタイルを実現している。
カーキカラーのカオスのテーパードパンツ

「ジャストウエストのベルト位置。幅があるから着こなしのアクセントにも。気楽な着心地なのに、センタープレスが入ってドレッシー。いいことずくめのパーフェクトなパンツです」。パンツ¥25,000/カオス丸の内(カオス)

深い秋色を自由に重ねて華やかに、女らしく

「秋冬のこっくりカラーを自在にトッピングできるのは、パンツの色みにさまざまなキャラクターが潜んでいるから。ボルドー、ゴールドブラウン、カーキ、ピンクの華やかスタイルも簡単!」
赤いニットとカーキパンツを合わせたこっくりカラーコーデ

パンツ¥25,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥18,000(ギャルリー・ヴィー)・バッグ¥47,000(マリアラローザ)/以上ギャルリー・ヴィー 丸の内店 ストール¥21,000(ロバット アンド グリーン)・靴¥49,000(ペリーコ)/以上トゥモローランド サングラス¥48,000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレスチェーン¥147,000・ネックレスチャーム¥30,000/ビジュードエム GINZA SIX(ビジュードエム) 時計¥960,000/オメガお客様センター(オメガ)

強さとシックを両立したこなれマダムスタイル

ブラウンに近いカーキのもつ“シックさ”が、黒のライダースジャケットの“強さ"にほどよい柔らかさを足してくれる。インに入れた白も全身のバランスを整えてくれます。
黒のライダーとテーパードパンツのこなれマダムスタイル

パンツ¥25,000/カオス丸の内(カオス) ジャケット¥138,000/新宿髙島屋シーズンスタイルラボ(チンクワンタ) ピアス 各¥118,000・ゴールドのブレスレット¥36,000・パールのバングル¥150,000/ビジュードエム GINZA SIX(ビジュードエム) バッグ¥35,000/ウィム ガゼット 青山店(アロン) 靴¥82,000/カオス丸の内(ジル・サンダー) キャミソール/スタイリスト私物

What's New

Feature
Ranking