コートは“無造作結び”でスタイルアップ!<パリ&ミラノスナップ>五選

アウターが手放せない季節。マダムのファッションコーディネートはコート自体の着方も重要項目。ベルトをキュッと締めるマダムは、遠目からもコンシャス。このテク、いただき!

1.サブリナ(銀行員・ミラノ)

レザーの細ベルトでウエストをマークするマックスマーラのコート
レザーの細ベルトでウエストをマークするコートはマックスマーラ。タイトスカートとミドル丈コートのむずかしい組み合わせも、ベルト効果でスマートなグッドバランスに。グレー×ブラウンのミラノっぽい配色でシックを追求。

2.ウテ(PR・パリ)

王道中の王道。マックスマーラのキャメルコート
マックスマーラのキャメルコートは王道中の王道。おしゃれなマダムはベルトをはずして「はおる」から、ベルトを締めて「コンシャスに着る」に移行中。足もとがスニーカーでも、きちんと感がアピールできる簡単テクニック。

3.パオラ(薬剤師・ミラノ)

フリンジつきのチェックのコート
ブランケットのようなフリンジつきのチェックのコート。ボリュームがあるので、ともすればルーズに見えがち。けれどウエストベルトをキュッとしめ、ニット帽でヘアも小さく見せたマダムは、スタイルよく見える。

4.レイラ(PR・ミラノ)

大きな襟のヴィンテージのコート
大きな襟のヴィンテージのコート。ベルトを締めて1カ所をコンシャスにすれば、短めの太パンツ+スニーカーの足もともルーズにならない。襟にはアンティークのブローチをきらり。上に視線を集めるプチテクニックも添えて。

5.エリザベータ(ブレラ美術アカデミー講師・ミラノ)

フレアコートも好バランスにシフト
表はツイード、裏はチェックの2枚仕立てコートならではの着こなし方でオリジナリティあるマダム。チェックを見せつつウエストをマーク。やや高めの位置に締めることで、フレアコートも好バランスにシフト。

What's New

Feature
Ranking