ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

ワインとの相性も抜群!肉すい風鍋レシピ【大原千鶴さんのおつまみ小鍋】

大阪でよく食べられている「肉すい」をおつまみ風にアレンジ!ねぎの替わりにせりやクレソンを使うことで、おしゃれで上品なワインのおともの完成です。
教えてくれたのは……
大原千鶴(おおはら ちづる)

大原千鶴(おおはら ちづる)

子育てのかたわら料理研究家として京都で活動を始め、和食ベースの簡単で季節感のある料理が支持されている。初エッセイ『旨し、うるわし、京都ぐらし』も好評発売中。

肉すい風鍋

すき焼きほど濃厚でなく、しゃぶしゃぶよりもボリューム感のある肉すい。せりをクレソンに替えて作っても美味。
すき焼きほど濃厚でなく、しゃぶしゃぶよりもボリューム感のある肉すい

材料(2人分 直径約18cm・高さ約5cmの鉄鍋1個分)

牛ロース肉(すき焼き・しゃぶしゃぶ用)……2枚(100g)

[A]

  だし……200ml

  薄口しょうゆ……大さじ1/2

油揚げ…… 1/2枚(約60g)

せり…… 1束

柚子……適量

作り方

1.油揚げは5㎝幅の短冊切り、せりは10㎝ほどの長さに切る。

2.鉄鍋にAを入れて中火にかけ、1の油揚げを入れて1分ほど煮たら、牛肉を加える。牛肉の色が変わったら、1のせりを加えてサッと煮る。絞りやすく切った柚子を添え、煮汁とともにいただく。

◎こんなお酒に合う!

牛肉とだしをたっぷり吸った油揚げには、赤ワインはいかが? 華やかな香りの軽めのピノ・ノワールが◎。

What's New

Feature
Ranking