3タイプの「スマート見えカーディガン」で“なんとなくサエない”から脱却!

とても便利なアイテムだから着たいシーンは多いのに、「カーディガンを着るとどこかあかぬけない」、というエクラ世代ならではの嘆きの声は多い。そんなお悩みに応えるとっておきのカーディガンを紹介。

1.フィットしすぎない 「太リブカーディガン」

スマート見えのいち押しは、リブが太めのVネックタイプ。細いリブだと体の線を拾いすぎるが、太リブで体にフィットしすぎないサイズ感を選べば、リブの線が体の縦ラインを強調し、スマート見えにつながる。

フィットしすぎない 「太リブカーディガン」

以前撮影で使用して気に入り即注文! ほどよく肌にフィットしてバランスよく着られるのに、リブが太めだから太って見えず、ストンと落ち感があるのもいい。微光沢があるので、大人っぽくつやっぽく、肌もきれいに見えるような気がします。(by 副編U)

シルク100%の優しい肌ざわりと控えめな光沢感が美しい、大人のための一着。身頃も袖もあえて余裕のあるサイズ感でつくられているのが細見えのカギ。グレージュ色も素敵。


カーディガン¥32,000 /スローン

2.ほんのり透ける 「ロング丈カーディガン」

上半身のみならず、おしりや脚まですっぽり覆ってくれるロングカーディガンは、スマート見えの筆頭株。今春充実のシアーな素材を選べば、素肌がほんのり透けて華奢に見えるだけでなく、女性らしく装える点も高ポイント。

ほんのり透ける 「ロング丈カーディガン」

背が低いのでロングカーディガンは敬遠していましたが、こちらはドルマン袖なので二の腕がパツパツにならず、体のラインを拾わないストンとしたシルエットで細く見えます。透け感があるため重たく見えず、小柄でもバランスよく着られます。(ライター新田幸子さん)

全体にゆったりとした落ち感のあるシルエットで、二の腕をカバーしつつ華奢見えするドルマンスリーブ。なめらかな着心地と上品な光沢感があり、袖を通すとひんやり感じて、暑い夏にも対応できる。

カーディガン¥23,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)

3.つかず離れずの 「寒色きれい色カーディガン」

流行のきれい色は華やかに見える一方、色選びを誤ると膨張して見えたり、なんだかあかぬけない印象になることも。ピンクなどの甘い暖色は避けて、青み系の寒色を選んでシャープに装うことが細見えにつながる。

つかず離れずの 「寒色きれい色カーディガン」

水色やラベンダーなど、着やせして見える寒色系が充実しているebure。コンパクトな丈感も気に入っていて、今シーズン多い長め丈スカートやフルレングスのパンツとも相性がいい。肉感をまったく拾わない素材なので、大人が安心して着られます。(スタイリスト吉村友希さん)

シルクコットン素材の優しい着心地がやみつきになる、張り感のあるVネックタイプ。はおるだけでなく、トップスとして一枚でも着られ、オンからオフまで幅広く活躍。

カーディガン¥32,000/ebure

What's New

Feature
Ranking