【根っこキャラ占い】<蠍座>は“働き盛りの30代”がキーワード

各星座には、その根っこに潜む驚きのキャラクターがあった! “本来の自分らしさ”を知れば、もっと人生のクオリティが上がるはず! <蠍座>は“働き盛りの30代”がキーワードです。

教えてくれたのは

レイコ・ローラン

レイコ・ローラン

London Shool of Astrology認定占星術師。日欧で西洋占星学の研鑽を積む。Web éclatのブログ「レイコ・ローラン占い」も好評。「私自身は山羊座ですが、幼いころからどこか達観しており、全体像からものをいおうとする自分のキャラがよくわかりました(笑)」。
蠍座(10/24〜11/22)

蠍座(10/24〜11/22)

仕事に対する才覚と、人としての色気あふれる女性

ひとつ前の星座、天秤座で社会的な立場をスタートさせたとしたら、蠍座は、これと思った対象に「より深く、のめり込んでいく」という時代を象徴します。年齢のイメージでいえば、30代くらい。社会に出ることで出会った人や物、すべてと深くかかわることはできませんが、自分が信じた人や組織などとの関係性は、深く追求。それだけの気力と体力もあふれる“働き盛り“の時期のイメージです。

対象とは一体化するくらいの勢いで、自分自身が“変容”するほど何かに入り込んでいく、そんな力をもっているのです。逆をいうと、ひとたび蠍座の信頼を勝ち得たならば、それはとても心強い友情または忠誠になるといわれています。多少軽さには欠けるものの、半面、そのダイバーのような“のめり込める”資質は、みんなの憧れの的ですからそこは安心して。

それと同時に、何かに“没頭しすぎる自分”を客観視する余裕から生まれる、ユーモアを大事にした人生になれば、最高です!
こちらもチェック!

What's New

Feature
Ranking