ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

さよなら、旧相互無尽会社ビル。

さよなら、旧相互無尽会社ビル。_1_1-1

1/4

さよなら、旧相互無尽会社ビル。_1_1-2

2/4

さよなら、旧相互無尽会社ビル。_1_1-3

3/4

さよなら、旧相互無尽会社ビル。_1_1-4

4/4





『スヰートポーヅ』に続き、貴重な“昭和の面影”がまたひとつ神保町から失われることに。
 
さくら通りの十字路の角にありますこちらのビルが間もなく解体工事に入ります。昭和初期の竣工だけあって、スクラッチタイル貼りで風格ある外観。あまり一貫性のない窓の意匠がかえって独特の魅力を生んでいますね。

完成当時はよりエキゾチックな装飾要素があったようで、新橋の「堀商店」と同じ時代の雰囲気が漂っています。もともとは「相互無尽会社」の社屋でした。

奥行きがないというのか間口が狭いというのか、この細長い感じがいかにも日本のビルらしくてたまりません。「神保町には学士会館もあるじゃない?」と慰められたとしても、ちょっと愛着の度合いが異なります。

戦争も乗り越えて、この地で90年ほど静かに佇んできたビルヂング。いざ見納めにとカメラを持って対峙すると、「惜しむのは勝手だが、お前は後の世で"失われるのは惜しい"と思われるような仕事をしているのか?」と、問われているような気がしてきました。

すみません、してません。
(編集B)

What's New

Feature
Ranking