大草直子さんが提案!女性らしさ2割増し「50代のフェミニンスタイル」

たっぷりと着込むうえに、マスクでメイクも隠れてしまう今年の冬は、いつにも増して"女性らしさ"を見せにくくなりそう。そんなときは、服や小物の力を借りてフェミニンなムードをプラスするのが正解!今までよりも女性らしさを2割増ししている大草直子さんの最新スタイルと、大人にちょうどいいフェミニンスタイルをかなえるアイテムたちをご紹介!

 

スタイリスト 大草直子

スタイリスト 大草直子

 
①大人が選ぶスカートは“ツヤ素材”

「つややかであること。それこそが女っぽさであり、フェミニティだと思います。だから、装いに一点の“つやっぽさ”を。いつものウールのスカートをツヤ素材に替えてみるだけでいい。女性の奥のほうに潜んでいる本質的な色っぽさのようなものに触れ、ほのかに匂いたつ大人の色気を演出してくれるから」

いつものウールスカートを“ツヤ素材”に替える

フォルテ フォルテのツヤスカートコーデの大草直子さん
スカートのつやめきが光を集め、格別の存在感を発揮。いつもの装いが華やぎ、ぐっとドラマチックに。
スカート¥72,000/コロネット(フォルテ フォルテ) コート(共布ベルトつき)¥63,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) リング(ピンク)¥25,000・リング(グリーン)¥28,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) バッグ¥170,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

 
②“あいまい色”を重ねて柔らか&優しい印象

「着る色は自分のキャラクターにつながるもの。今は“黒”の凛とした強さでなくてもいいかな、と。気になっているのは、肌の色に素直になじんでくれる、あいまいな色。柔らかな色みを少しずつ、少しずつ重ねて。そのていねいさ、繊細さにこそ、フェミニンさが宿る気がするから」

“黒”のキャラクターは小休止。素肌になじむ“あいまい色”を

大草直子さんのフェミニンスタイル
ニットのインにはシルクシャツを。表情の異なるあいまい色でより女らしく。
ニット¥73,000(デミリー/二子玉川店限定)・シャツ¥26,000(エキップモン)/以上サザビーリーグ デニムスカート¥27,000/サードマガジン バングル(左手 肘側)¥60,000・バングル(右手)¥37,000・リング(右手)¥50,000・リング(左手 ブラック)¥26,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) バングル(左手 手首側)¥102,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) リング(左手 オレンジ)¥126,000/マリハ(マリハ) バッグ¥49,000・靴¥72,000/アマン(ペリーコ)

 
③“スウェットにパール”でこなれ感&女っぽさを上昇

「スウェットを大人の装いに引き寄せるのに、王道のパールのネックレスをしのばせます。フェミニン度を2割増しさせるのなら、サイドから見えるくらいの分量感で。時計も華奢な手首を強調してくれるヴィンテージのものを。いい意味でギャップがあって、そんな意外性も女らしさのカギに」

見せるのはサイドだけ!《スウェットにパールを》

大草直子さんのフェミニンスタイル スエットにパールを合わせて
大人のカジュアルスタイルにこなれ感を足してくれると、テイストを問わずすっかり市民権を得たスウェットには、エレガントでオーセンティックなアイテムを足して大人の着こなしに。パールネックレスとヴィンテージの時計の存在感と、柔らかで暖かなムートンの風合いで、こなれ感も女っぽさもぐっと上昇する。
ネックレス¥311,000/チェリーブラウン ジャケット¥310,000(アーチ ザ)・スウェット¥21,000(サードマガジン)/以上サードマガジン リング¥138,000/マリハ(マリハ) 時計(カルティエ)・バッグ(ア ヴァケーション)/大草さん私物

 
④しなやかな“ニットパンツ”でエレガントな印象

「パンツタイプのニットアップを買ったら、大正解!即、買い足しました。エレガントさも保ちながら、心地よくリラックスできるから。流れるようなシルエットもしなやかな印象につながります。肩の力が抜けていると、相手も安心感を抱いてくれる。緊張させないような親近感も実は“女っぽさ”なんです」

きちんとした素材感よりも《しなやかなニットパンツに》

大草直子さんのフェミニンスタイル しなやかなニットパンツをエレガントに着こなす
トープ色の全身で、しなやかさを加味。
ニット¥48,000・ニットパンツ¥51,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) ダウンベスト¥250,000/コロネット(ムーレー) サングラス¥45,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ピアス¥29,000・ブレスレット¥28,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バングル¥18,000/アダワットトゥアレグ リング¥38,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) バッグ¥37,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ヴァジック) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)

 
⑤冬のトレンド「ふわふわニット」には“ブローチ”

「毛足の長いラクーン系のニットはこの冬のトレンドですが、そのアクセサリーにおすすめしたいのが、ブローチ。気に入ったものを3つくらい並べていたら『なーに、それ?』ってなるでしょう。少し遊び心があって、いい意味で隙(すき)があって。そういう人懐っこさも、かすかなフェミニティの秘訣だと思うんです」

ネックレスよりも実は効果的!《ふわふわニットにはブローチを》

大草直子さんのフェミニンスタイル ブローチを合わせて
「毛足が動くニットを着るようになって、ネックレスだと埋もれてしまうことに気がついたんです。ブローチの魅力を再確認できたのは、それもあって。リップのかわりにもなってくれるカラーフレームのメガネの魅力も、マスクをつけるようになって発見!」と語る大草さん。そんな茶目っ気も、ヘルシーなフェミニティに直結している。
ブローチ(パール)¥72,000/ヴァガス(カラットアー) ブローチ(ルージュ)¥6,000・(時計)¥7,000/ノジェス メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ニット¥26,000/プルミエ アロンディスモン

いつものスタイルのまま、「何かひとつ」を変えるだけでいい

大人の場合は特に、女っぽさを増量したいからと、あれこれ盛り込むことも、新しい自分になろうとする必要もないと思います。今回提案した“2割増し”という数字は、「いつもの自分の、何かひとつを変えてみる」あるいは「意識してみる」、そのくらいの感覚です。つやめき、素肌が喜びなじむもの、わずかな一部分、しなやかさ、ちょっとした意外性……。私が今回提案したものはごく小さな変化に映るかもしれません。でも、それが女性の奥のほうに隠れた本質的な部分に触れれば、確実に化学反応は起き、女性ならではの“つやめき”や“柔和さ”が増してくるもの。ためらわずに、ぜひトライしてみて!
▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram