雰囲気をぱっと明るくしてくれる「きれい色アイテム」を取り入れて気分上昇【ヨーロッパマダムのトレンド】

コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。

ジュリア(マーケティング・ミラノ)

ジュリア (マーケティング・ミラノ)

ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮になり気分も上々。

アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)

アレッサンドラ (コマーシャルディレクター・ミラノ)

ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。

ジャンナ(マーケティング・ミラノ)

ジャンナ (マーケティング・ミラノ)

ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。

What's New

Feature
Ranking