生まれ変わっても今の夫と結婚したい?【「アラフィーの夫婦」白書2021】

今どきのアラフィー夫婦について、エクラ世代の女性317人を対象に行ったアンケート調査の結果を大発表! 今回は、夫婦関係がうまくいくために心がけていること、そして理想だと考える有名人夫婦について聞きました。

Q33.生まれ変わっても今の夫と結婚しますか?

Q33.生まれ変わっても今の夫と結婚しますか? はい:27%、いいえ:24%、わからない:49%
はい:27%、いいえ:24%、わからない:49%

夫を愛していると答えた妻が62%いたのに、「生まれ変わっても結婚したい」という回答はその半分以下。長い結婚生活の中で「愛だけでは結婚はうまくいかない」と悟ったから? それとも……?
 

Q34.結婚して○年、今、思うことや感じることは?

◆好きなのか、もはや慣れなのか、わからない……(笑)。(会社員・56歳)


夫と私の関係性が母と子のようになっている気がする。何もできない夫の面倒を子供に任せるのは心苦しいので、夫に先に亡くなってほしいと思っています。(会社員・55歳)


お互いに100%大好きといえる人間同士はいないと思うし、夫のほうも私に対して不満がたくさんあると思います。だから、一緒にいることがおおむねラクであればやっていけるのかな。(主婦・54歳)


細かく詮索せずに、あいまいな部分を残しておくのも夫婦関係を続けるコツなのでは。(主婦・45歳)


石橋をたたいて渡る夫の(時にはたたいて渡らないことも)慎重すぎる姿を見て、器ちっちゃ!と思うこともあるけど、結果的に私の選択は賢明だった。まだまだ51歳、お互いにファイト!(主婦・51歳)


つくづくお互いに無関心だと驚く。それが長続きの秘訣とも思う。(自営業・53歳)
 

アンケートから見えてきた、今どきアラフィー夫婦の実態とは?

ライターUと編集Kが分析!

ライターU 意外だったのは、「夫婦でお財布は別」という人が約半数もいたこと。子育てを終えて再就職する人も含めて、働くエクラ世代が増えていることをこの数字から実感!

編集K 夫といて幸せだと思う瞬間は、「おいしいごはんを食べているとき」という回答が断トツに多かったのが印象的でした。仕事やお金、家族の問題などさまざまな課題を乗り越えて、何げない時間の尊さに気づきはじめるのがアラフィーなんですね。

ライターU 定年後の暮らし方で、別々派が意外に多かった点に人生100年時代の変化を感じる。別々に第2の人生……もアリかも!

編集K 若いころなら即離婚!になりそうな問題も大きな度量で受け止められるのは、多くの経験を重ねてきたエクラ世代だから!

What's New

Feature
Ranking