世界の食通に愛される上海蟹の名店『蟹王府』が東京進出

自由な旅がままならない昨今だが、極上の味を楽しみながら旅気分に浸れる絶好の店がお目見え。上海に5店舗を展開、世界中の食通を彼(か)の地へと向かわせる上海蟹料理『成隆行(セイリュウコウ)蟹王府』が、東京に初上陸したのだ。

『蟹王府(シェワンフ)日本橋店』

日本橋室町の歴史ある街並みに溶け込む重厚なたたずまい、モダンラグジュアリーなしつらえから圧巻のワインリストまで、ミシュラン一ツ星に輝く本店と変わらぬ風格。味もしかり。中国の自社養殖場で育て、厳正な免疫検査をクリアした蟹は、自然な色合い、身の弾力、脂の甘味の余韻が格別だ。上海蟹のシーズンに味わう蒸し蟹はもちろんのこと、濃厚な炒め物にクリスピーな薄餅を添えた「蟹肉炒めポーピン添え」や「夫婦蟹味噌 ソースかけご飯」など、クリエイティブなシグニチャーを、一年を通じ味わえるのがうれしい。

豆腐の蟹肉煮込み

「豆腐の蟹肉煮込み」。濃厚な蟹の風味が味わえる。

円卓を囲む8名用の個室

円卓を囲む8名用の個室。個室は全4室ある。

インテリアからテーブルウエアまで、 ブルーがトーンカラーに

インテリアからテーブルウエアまで、ブルーがトーンカラーに。

「王府蟹肉入りフカヒレスープ」。ランチスペシャルコース¥15,000の一品

「王府蟹肉入りフカヒレスープ」。「豆腐の蟹肉煮込み」とともに、ランチスペシャルコース¥15,000の一品。

「蟹肉炒め ポーピ ン添え」(1人前)¥3,800

「蟹肉炒め ポーピン添え」(1人前)¥3,800。ごまが香るポーピン(薄餅)に蟹肉を詰めて食べる。

日本橋店の料理長を任されている張万利(チョウバンリ)シェフ

日本橋店の料理長を任されている張万利(チョウバンリ)シェフ。

東京都中央区日本橋室町2の1の1三井二号館1F

☎03・6665・0958 11:00~15:00、17:00~22:00

不定休(施設に準ずる)

  • 新感覚の串料理を楽しめる注目のレストラン『デンクシフロリ』

    東京・青山の『デンクシフロリ』は、『傳』長谷川在佑シェフと『フロリレージュ』川手寛康シェフが手がけた新店だ。焼鳥に屋台のホットドッグと、誰もが懐かしさや親しみを覚える“串"”に着目。小むずかしい解釈も堅苦しいマナーも必要としないコンフォートフードは、世界のガストロノミーシーンでも注目されている。

What's New

Feature
Ranking