フォルム&顔立ちの柔らかさを生む「顔まわりのちょい巻き」テク【ストレートアイロンちょい巻きLESSON】

顔がやせてきたり、ボリュームゾーンが下がったり。また髪のトップにボリュームを出すことが増えるためどうしても顔だちが縦長に見えやすいエクラ世代は、ヘアスタイルのどこかで“横幅”を出すのが大切。それを調整できるのが顔まわりの動き。ちょい巻きすることで顔まわりに空間が生まれ、すっきり見せ効果も期待。
教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん

ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん

ファッション誌から、女優やタレントまで、幅広いオファーが絶えない人気アーティスト。抜け感のあるヘアづくりが得意で、トレンド服と相性のよい髪型になれると大評判。

使ったのはコレ!

リファビューティック ストレートアイロン
髪内部の水分をとどめたままセットすることができる。しっとりした通称“レア髪”に仕上がり、ツヤや手ざわりも◎。リファビューティック ストレートアイロン ¥19,800/MTG
顔まわりをちょい巻き

《1》顔まわりの毛束を前向きにはさむ

顔まわりの毛束を前向きにはさむ

顔まわりのハチ上の毛束をとる(毛先の工程で巻かなかった部分)。毛束を前方向へ引っぱりながら、根元から約10cmの位置をはさむ。このとき手首の内側は前を向いていること!
 

《2》顔まわりを前方向へ大きく内巻きに

顔まわりを前方向へ大きく内巻きに

《1》の根元10cmではさんだ位置から、毛束をひっぱりながらゆっくり斜め前へストレートアイロンをスライドさせ、耳下の位置から毛先までを、大きく内巻きにする。
 

《3》手ぐしを入れて空気感をプラス

手ぐしを入れて空気感をプラス

手ぐしで顔まわりの髪を外側へとかし、耳まわりに空間をつくって。内巻きにした毛束がほぐれつつ、シルエットに横幅が出せるので、自然な抜け感をつくることができる。
 

“ちょい巻き”テクを詳細動画でご紹介中!

What's New

Feature
Ranking