50代を素敵にみせる!ボトムス別センスのいい「春の靴」

ボトムをアップデートするときにあわせて更新したいのが、ベストな組み合わせのシューズ。この春注目を集めている〝優美なパンツ〞〝甘くないスカート〞と旬シューズの各セットさえあれば、簡単に鮮度の高いおしゃれが完成!

 

 
①スカートに合わせたいハンサムな3足

甘くないスカートは、広がりすぎないシルエットやドライなニュアンスカラーなど、辛口なエッセンスが魅力。スカートが辛めなので、足もとにもマニッシュなハンサムシューズを合わせるのが好バランス。大人にふさわしい、上品なカジュアル感のあるものを選びたい。
辛めスカートとマニッシュなハンサムシューズコーデのLIZA

靴(H1)¥75,900/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ) スカート¥25,300/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) 肩にかけたニット¥28,600・ノースリーブニット¥24,200/イレーヴ サングラス¥41,800/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス各¥46,200・ブレスレット¥425,700/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥300,300/トッズ・ジャパン(トッズ)

《薄色ローファー》

トッズの靴

今シーズンのシューズトレンドのひとつといえる薄色ローファー。オーセンティックなローファーが薄色になるだけで、ここまで新鮮に! マニッシュシューズでもきれいめだから、スカートとも無理なくなじみやすい。

靴(H0.5)¥80,300/トッズ・ジャパン(トッズ)

《きれいめスニーカー》

ノヴェスタの靴

もはや大人の定番シューズとなったスニーカー。甘くないスカートには、ベーシックで、レザーやワントーンのきれいめタイプが好相性。主張しすぎないデザインが甘さを抑えたスカートをバランスよく受け止める。

靴(H2)¥22,000/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ)

《トングサンダル》

マノロ ブラニクの靴

ビーチサンダルやラフなリゾート感のあるものが多いトングサンダルは、履くだけでカジュアル&リラクシーな足もとに。上質なレザーやワンポイントあるものが、スカート合わせとしておすすめ。

靴(H1)¥110,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

 
②スカート×ハンサムシューズのベストコーデ

甘くないスカートに似合うハンサムなシューズも、スカートのタイプによって違うもの。ベストな組み合わせはこの3つ。

1.マキシ丈のナロースカートにはトングサンダルでヌーディな軽さを

マキシ丈のナロースカートにはトングサンダルでヌーディな軽さを
レース素材のナロースカートに、シンプルなTストラップのトングサンダルが絶妙なコンビネーション。素肌感多めのリラクシーな足もとがブラックコーデを軽やかに見せる。
靴(H1)¥57,200/アマン(ペリーコ) スカート¥36,300/インターリブ(サクラ) ブルゾン¥53,900/ebure GINZA SIX店(ebure) カットソー¥17,600/エイトン青山(エイトン) サングラス¥41,800/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥52,800/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥170,500/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)

《トングサンダル》

《トングサンダル》
靴(H1)¥57,200/アマン(ペリーコ)

2.ドライなニュアンスカラースカートはきれいめスニーカーでヘルシーに振る

ドライなニュアンスカラースカートはきれいめスニーカーでヘルシーに振る
大人が着ると地味に転ぶこともあるドライなニュアンスカラーには、スニーカーのスポーティさを味方に。ローテクがシック。
靴(H3.5)¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ) スカート¥53,900/エイトン青山(エイトン) 肩にかけたニット¥53,900・タートルネックニット¥52,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥53,900(ソフィー ブハイ)・バングル¥60,500(タプレイ)/以上エスケーパーズオンライン バッグ¥83,600/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

《きれいめスニーカー》

《きれいめスニーカー》
靴(H3.5)¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)

3.プリーツスカートにローファーの鉄板コーデを、薄色で最旬にシフト

プリーツスカートにローファーの鉄板コーデを、薄色で最旬にシフト
プリーツスカートとローファーは、どちらもトラッド感のあるアイテムで、鉄板の相性のよさ。今シーズンは、ローファーをトレンド感のある薄色にチェンジすることで、簡単にコーディネートをアップデートできる。従来のマニッシュシューズよりもきれいめに履けるので、一足あると活躍間違いなし。
靴(H0.5)¥94,600・バッグ¥176,000/トッズ・ジャパン(トッズ) スカート¥77,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥39,600/イレーヴ ネックレス(長)¥29,700・ネックレス(短)¥27,500/エスケーパーズオンライン(ハルポ)
靴(H0.5)¥94,600/トッズ・ジャパン(トッズ)
靴(H0.5)¥94,600/トッズ・ジャパン(トッズ)

 
③上品なカジュアル感で選ぶハンサムシューズ

スカートに合わせるハンサムシューズは、メンズ感が強すぎない上品なディテールや、少しきちんと感があるデザインがポイント。

《薄色ローファー》

《薄色ローファー》
(上)ハンサム顔なのに5cmの厚底でヒール並みの脚長効果。フラットシューズを履き慣れない人もトライしやすい。
靴(H4.5)¥88,000/ブルーベル・ジャパン(クレジュリー)
(中)ストラスがラグジュアリーなアクセント。
靴(H2.5)¥204,600/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)
(下)シルバーのスタッズとスクエアトゥがほどよいモード感でスタイリッシュ。
靴(H1.5)¥50,600/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

《きれいめスニーカー》

《きれいめスニーカー》
(右)上質なスムースレザーにラバーソールのスタンダードなデザイン。
靴(H2)¥72,600/トッズ・ジャパン(トッズ)
(中)クラシカルなテニスシューズをイメージソースとした正統派。控えめなトリコロールカラーが、大人にちょうどいい遊びに。
靴(H3)¥88,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
(左)さわやかなライトブルーのヌバックとベージュのメッシュのハイブリッドなアッパー。
靴(H3)¥17,600/シードコーポレーション(ヴェジャ)

《トングサンダル》

《トングサンダル》
(右)幅広いカラーと相性のいいシルバーは、一足あると活躍すること間違いなし。親指のアクセントがジュエリーのような存在感。
靴(フラット)¥30,800/アマン(イル サンダロ オブ カプリ)
(中)シンプルなビーチサンダルタイプこそ大人は上質レザーを選びたい。
靴(フラット)¥10,780/ドレステリア 新宿店(ニコラス ライナス)
(左)ナチュラルなムードのダークブラウンは、ハンサムトングの代表格。
靴(フラット)¥16,500/フラッパーズ(ラオコーンテ)

 
④パンツに合わせたいフェミニンな3足 

優美なパンツは、明るいカラーやしなやかなワイドシルエット、ツヤ素材など、女らしさが特徴。そのエレガントな雰囲気になじませるためにも、シューズはフェミニンなタイプを。繊細で上品な肌見せデザインが、優美なパンツの持ち味を最大限に引き出してくれる。
優美なパンツに合わせるならフェミニンな3足
靴(H3)¥105,600/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) パンツ¥42,900/ebure GINZA SIX店(ebure) シャツ¥27,500/インターリブ(サクラ) タンクトップ¥25,300/マディソンブルー ネックレス¥91,300(ソフィー ブハイ)・バングル¥242,000(マルコム ベッツ)/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター ストール¥46,200/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥190,300/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)

《アンクルストラップ》

《アンクルストラップ》
足もとを上品に肌見せしつつ、抜け感も出せるアンクルストラップのサンダル。ベーシックなデザインも、今季はストラップが細めにアップデート。ヌーディだから鮮やかなカラーもトライしやすい。
靴(H2)¥97,900/ドゥロワー 六本木店(ジャンヴィト ロッシ)

《ひとくせフラット》

《ひとくせフラット》
ひとくせフラットの一番の魅力は、シャープな足先でペタンコでもヒール並みの脚長効果が期待できるところ。ワイドパンツを美しく仕上げる名脇役。クリアなサイドが涼しげ。
靴(H0.5)¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

《ポインテッドミュール》

《ポインテッドミュール》
ラフな履き心地で、ほんのりモード感のあるポインテッドミュールは、履くだけでスタイリッシュなパンツスタイルを約束。丸みのあるトゥよりも足先の細いポインテッドのほうがパンツ向き。
靴(H7.5)¥89,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

 
⑤パンツ×フェミニンシューズのベストコーデ

優美なパンツのエレガントさをよりきわだたせるのは、相性のいいフェミニンシューズ。パンツのタイプ別に、似合う組合せをご紹介。

1.華やかカラーのツヤパンツはアンクルストラップで抜け

華やかカラーのツヤパンツはアンクルストラップで抜け感を
パンツに主役級の華やかさがあるから、足もとにはシンプルな抜け感が必要。真っ白なバーとストラップがつくり出すヌーディ感が、パンツの優美さをアシストしてくれる。
靴(H7)¥48,400/フラッパーズ(ネブローニ) パンツ¥39,600/アマン(アンスクリア) ニット¥11,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ピアス¥38,500・バングル¥84,700/ステディ スタディ(トムウッド) ストール¥28,600/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

《アンクルストラップ》

《アンクルストラップ》 フラッパーズ(ネブローニ)
靴(H7)¥48,400/フラッパーズ(ネブローニ)

2.美シルエットのソフトワイドパンツはひとくせフラットでさらに脚長見え

美シルエットのソフトワイドパンツはひとくせフラットでさらに脚長見え
シアーな素材とツヤパテントのコンビが、無難に陥りがちなベージュをエレガントに演出。肌なじみのよいベージュの足先が、ピュアホワイトのソフトワイドパンツを上品でシックな印象に。
靴(H1)¥82,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) パンツ¥30,800/ADORE コート¥53,900/エイトン青山(エシャペ) カットソー¥9,900/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) ピアス¥57,200(シリル)・ブレスレット¥293,700(ハム)/以上エスケーパーズオンライン バッグ¥177,100/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス)

《ひとくせフラット》

《ひとくせフラット》セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
靴(H1)¥82,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

3.旬のスリットパンツにはポインテッドミュールでモード感をプラス

旬のスリットパンツにはポインテッドミュールでモード感をプラス
動くたびにスリットから脚がのぞくエレガントなパンツ。そのスリットをきれいに見せるために最適なのが、ムダのないフォルムのポインテッドミュール。モードな雰囲気も相まってこれ以上ない好相性。
靴(H1)¥57,200/アマン(ペリーコ) パンツ¥46,200/アイクエスト ショールーム(ハーヴェル スタジオ) ブラウス¥39,600/ebure GINZA SIX店(ebure) 帽子¥22,000/UTS PR(マサカズ フルサワ) ピアス¥352,000・バングル¥1,078,000/メシカ ブティック 日本橋三越本店 本館6階(メシカ) バッグ¥196,900/ジミー チュウ

《ポインテッドミュール》

《ポインテッドミュール》 アマン(ペリーコ)
靴(H1)¥57,200/アマン(ペリーコ)

 
⑥スマートさが決め手のフェミニンシューズ

抜け感のある女らしさを盛り込めるスマートなデザインをチョイス。シャープな足先やほっそりフォルムで、脚長効果もねらいたい。

《ひとくせフラット》

《ひとくせフラット》
(上)上品でつややかなピーチオレンジがクリーンな表情。
靴(H0.5)¥80,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)
(中)大小とりどりのクリスタルスタッズが、遊び心満点。
靴(H1)¥157,300/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
(下)鮮やかなイエローにフェミニンなリボン、ヒールにはロックなスタッズが並ぶ二面性が楽しい。
靴(H2)¥102,300/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン)

《ポインテッドミュール》

《ポインテッドミュール》
(右)これからの季節にぴったりの涼しげなストロー素材。
靴(フラット)¥48,400/ビームス ハウス 丸の内(ネブローニ×デミルクス ビームス)
(中)華やかなストラップで歩きやすさも満点。
靴(フラット)¥88,000/ジミー チュウ
(左)透ける素材で上品なヌーディさを演出。
★靴¥24,200/エクラプレミアム通販(ファビオ ルスコーニ)

《アンクルストラップ》

《アンクルストラップ》

(右)足先を優しくホールドする、トレンドに左右されないタイムレスなデザイン。
靴(H11)¥84,700/ブルーベル・ジャパン(クレジュリー)

(中)ミントグリーンのさわやかな発色で気分も軽やかに。ベージュやグレーとも合わせやすい、使えるカラー。
靴(H5)¥57,200/アマン(ペリーコ)

(左)王道のブラックスエードのアンクルストラップ。細いストラップが、今年らしいアップデート。
★靴¥47,300/エクラプレミアム通販(ネブローニ)

▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 50代のスカート選びは人気上昇中の「甘くないスカート」が正解!

    重たいコートを脱いで、おしゃれをより楽しみたくなる、春。おしゃれ気分を変えるなら、まずはボトムを見直してみるのが簡単!華やぎアイテムとしてワードローブに欠かせなくなったスカートは、甘さが抑えられ、より辛口に。この春は、甘くないスカートでコーデをリフレッシュして。

What's New

Feature
Ranking