50代を素敵に見せる「最旬の10着」とは?少ない服でとびきりのおしゃれが完成!

少ない服でとびきりのおしゃれをかなえる名手・スタイリストの村山佳世子。エクラ世代を素敵に見せる最旬の10着で、今シーズンらしさあふれる最新のスタイルを提案します!

 

スタイリスト 村山佳世子

スタイリスト 村山佳世子

『エクラ』をはじめとするファッション雑誌や、広告、カタログ等で活躍するエクラ世代の大人気スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が、6刷5万部の大ヒットに!

 
①村上佳世子さん厳選「最旬の10着」

「アイテム選びがうまくいけば、実はコーディネートって簡単なんです」

大人のおしゃれは、一枚一枚、ていねいに服を選ぶことから始まると思っています。そう。文字どおり、量より質。ただ、その“質”というのが意外に複雑で、単純に、“いい服”であればいいというわけではありません。時代の空気感を備えていること、そして、ワードローブ全体のバランスがとれていることが大切です。それさえうまくいけば、実はコーディネートは全然むずかしくないはず。今季おすすめしたい10着を厳選しました。この最旬10着から、皆さんのおしゃれに役立つヒントを見つけていただけたら幸いです。

1.着回し力を備えた最旬アウター《ショートスリーブコート》

ブラミンクのショートスリーブコート

「ジレのようでもありポンチョのようでもある、深いサイドスリットが特徴的なショートスリーブコート。一見、難易度が高そうに見えて、実は着こなしやすい一枚です。ベルトでウエストマークすれば、スタイルアップもかないます」
コート(共布ベルトつき)¥231,000/ブラミンク

2.中途半端な丈感が今っぽさの決め手《ナイロンブルゾン》

ハイクのナイロンブルゾン

「ワードローブの中に対照的なアウターが2枚あると、着こなしの幅がぐっと広がります。今季おすすめしたい2枚目は、中途半端な丈感がとびきり今年顔のナイロンブルゾン。こういったスポーティなアウターは、きれいめ派の人にこそおすすめです」
ブルゾン¥96,800/ボウルズ(ハイク)

3.上質なカシミヤ素材だから上品に《きれい色ニット》

ブラミンクのきれい色ニット

「顔色をパッと明るく見せてくれるトマトレッドは、ベーシックカラーと相性のよい色です。 上質なカシミヤ素材がベースなので、発色が本当にきれいです。シンプルなデザインを選ぶと、強い色にも挑戦しやすいと思います」
ニット¥88,000/ブラミンク

4.着こなしに女らしいツヤを添える《サテンパンツ》

アンスクリアのサテンパンツ

「以前だったら春夏素材と呼ばれていたサテンパンツ、今はシーズンレスのアイテムになりました。ニットや布帛(ふはく)のコートが主役になる秋冬の着こなしに、女らしいツヤ感を添えてくれます。個人的にも、秋冬の稼働率が高いアイテムです」
パンツ¥39,600/アマン(アンスクリア)

5.大人に似合うモードな甘さ《透け感ブラウス》

アクネ ストゥディオズの透け感ブラウス

「フェミニンさとモード感を備えた、透け感が美しい黒のブラウス。ボトムにアウトで着たときにおしりがすっぽり隠れる丈感も、エクラ世代にはうれしいポイントです。タックインの流行が少し落ち着き、アウトで着るバランスが戻ってきました」
ブラウス¥52,800/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ)

6.今季らしい長すぎないロング丈《レザースカート》

ラシュモンのレザースカート

「リアルなのかエコなのか、パッと見ではわからないほどその差がなくなってきたレザーアイテム。これはエコレザーを使用した一枚です。今季のスカートは、マキシすぎないロング丈が増えています。旬のブーツとの相性もいい丈感です」
スカート¥50,600/アペリア(ラシュモン)

7.今までの概念をくつがえす新しさ《ツインニット》

アンスクリアのツインニット

「これまでのツインニットといえば、カーディガンとプルオーバーのアンサンブルが常識でした。マフラーのようにも使用できるロングスリーブのショートボレロと、ノースリーブのタートルニットのツイン。なんて新しくて、なんておしゃれ!」
ツインニット¥53,900/アマン(アンスクリア)

8.ウールパンツがわりに旬の一本を《ニットパンツ》

チノのニットパンツ

「ウールの細身パンツのかわりに、今季トライしてほしいのが、レギンスのような細身のニットパンツ。ヒップが隠れるトップスを合わせれば、スタイルアップをねらえます。すそのほどよいフレア感がいい。足もとにポイントをもってくるのが、今のトレンドです」
パンツ¥23,100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ)

9.ベーシックな服こそ旬に敏感に《白シャツ》

コキュカの白シャツ

「昨年のこの企画でも10着の中に選んでいた白シャツ。たった一年で旬のシルエットが変化しました。今季は丈も身幅もオーバーサイズすぎない、ゆったりめのサイズ感が気分。ベーシックな服こそ旬に更新してみると、着こなしや見栄えが格段に変わるはず」
シャツ¥28,600/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)

10.トラッド育ちのマストハブアイテム《チェック柄ワンピース》

ハイクのチェック柄ワンピース

「実は個人的には、柄ものの服があまり得意ではありません。慎重に選んでも、なぜか失敗してしまうことが多い。でもチェック柄だけは別。成功率が高いアイテムです。エクラ世代はトラッド育ちです。トラッドのDNAがチェック柄を引き寄せるのでしょう」
ワンピース¥60,500/ボウルズ(ハイク)

 
②最旬の10着でつくる「とびきりおしゃれなコーデ」

少ない服でとびきりのおしゃれをかなえる名手・スタイリストの村山佳世子。アラフィー世代を素敵に見せる最旬の10着で、今シーズンらしさあふれる最新のスタイルを提案します!

【スタイル1】軸となるアウターこそ、鮮度の高い一着を選びます

秋冬のワードローブの軸となるのは、やっぱりアウター。大人のブランドほど、まだ暑い時期に完売することがあるというのも納得です。アラフィー世代なら、すでに何着もアウターを持っているはず。買い足すべきは、時代の空気に合った新鮮な一枚。今シーズンなら、ショートスリーブがおすすめです。
【スタイル1】軸となるアウターこそ、鮮度の高い一着を選びます
コート(共布ベルトつき)¥231,000・ニット¥88,000/ブラミンク イヤカフ¥37,400・リング¥96,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ)

【スタイル2】ニットスタイルこそ、“普通じゃない”をねらう

これからの季節に頼りにしたいニットスタイルこそ、ちょっとだけ“普通じゃない”をねらうと、おしゃれの偏差値が、一気にアップする気がしています。ローゲージニットをモード感のあるツインニットに、ウールパンツを細身のニットパンツにチェンジ。決して奇抜ではないけれど、よく見るとどこかスペシャル。こんな、普通以上のニットスタイルが、アラフィー世代には似合うと思います。
ニットスタイルこそ、“普通じゃない”をねらう
ツインニット¥53,900(アンスクリア)・靴¥52,800(ペリーコ)/以上アマン パンツ¥23,100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) ピアス¥49,500・ブレスレット¥110,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) バッグ(ヴィンテージ)¥63,800(参考上代)/ザ ストア バイシー 代官山店(グッチ)

【スタイル3】旬のバランス感が、おしゃれを決定づけます

少し前までは、こういったロング丈のワンピースやスカートに合わせるアウターは、ショート丈を選ぶバランスが主流でした。今季は、こんな中途半端丈のアウターとの合わせが断然気分です。従来のバランスにとらわれないことが、とても大切だと思います。
旬のバランス感が、おしゃれを決定づけます
ブルゾン¥96,800・ワンピース¥60,500/ボウルズ(ハイク) ピアス¥35,200/ザ ストア バイシー 代官山店(ソフィーブハイ) バッグ¥844,800/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) 靴¥86,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

【スタイル4】10着の中で1着くらいは、パンチのある服が必要です

「あれ? 私ちょっと今日は派手だったかも」という日が、1週間に1日くらいは、あってもいいんじゃないかって思うんです。上質なカシミヤ素材のニットなら、上品さを絶対にキープできる。だから強い色の服って、実は秋冬にこそ取り入れやすいんです。
【style4】10着の中で1着くらいは、パンチのある服が必要です
ニット¥88,000/ブラミンク スカート¥50,600/アペリア(ラシュモン) ピアス¥155,100・ネックレス¥297,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

【スタイル5】なんでもない日こそ、おしゃれで気分を上げたい

シンプルな白シャツとニットパンツを着てお部屋でのんびり過ごしていた休日。ふと近所にお出かけしたくなって、お気に入りのコートをさらりとはおった。そんなステイホームを意識したストーリーが、この着こなしのイメージソース。白シャツもパンツも、そしてコートも。ベーシックなアイテムが旬になっただけで、気分が一気に上がります。
なんでもない日こそ、おしゃれで気分を上げたい
コート(共布ベルトつき)¥231,000/ブラミンク シャツ¥28,600(コキュカ)・バッグ¥16,280(マーケットバッグ)/以上ザ ストア バイシー 代官山店 パンツ¥23,100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥25,300/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 靴¥38,500/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ フォー ドゥロワー)

【スタイル6】ツヤ素材のアイテムは、大人のワードローブの救世主です

大人のメイクにツヤ感が必要なのと同じ感覚で、ファッションにも“ツヤ”が大切だと年々感じます。例えば、ニット、パンツ、ブーツとつないだワントーンコーデ。ここにツヤパンツが加わると、仕上がりがぐっと女らしくなる。ともするとアラフィー世代のパンツスタイルは、おじさんっぽくなってしまいがち。ツヤアイテムは、おしゃれのおじさん化を回避する救世主なのです。
ツヤ素材のアイテムは、大人のワードローブの救世主です
ツインニット¥53,900・パンツ¥39,600/アマン(アンスクリア) イヤカフ¥29,700/リューク(リューク) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥130,900/ジミー チュウ

【スタイル7】ひとさじのモード感があると、大人のフェミニンはイタくない

パンツスタイルがおじさん化してしまう一方で、フェミニンな服は、イタさとのせめぎ合いです。透け感のある黒のブラウスやレザー素材のフレアスカート。モード感のある甘さなら、ぐっとおしゃれに着地する。スポーティなブルゾンとのミックスコーデも効果的です。
ひとさじのモード感があると、大人のフェミニンはイタくない
ブルゾン¥96,800/ボウルズ(ハイク) ブラウス¥52,800/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ) スカート¥50,600/アペリア(ラシュモン) ピアス¥38,500/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥104,500/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 靴¥119,900/ジミー チュウ

 
③最旬の10着に似合う「インパクト小物」

アラフィー世代なら、着こなしを格上げしてくれるベーシックな靴やバッグはすでに持っていると思います。それを前提に選んだのが今回の旬小物たちです。今シーズン買い足すならば、インパクトのある小物がいい。大人の着こなしを遊び心というとびきりのスパイスで彩ってくれるはずです。

「遊び心というスパイスがおしゃれをさらに楽しくします!」

スリッポンは秋冬シーズンにも履く時代です

スリッポン

スリッポンは秋冬シーズンにも履く時代です。ファー素材なら見た目も暖かく、真冬までは素足で楽しめます。スリッポン¥17,600/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)
オフホワイトのロングブーツとボルドーのショートブーツ

カラーブーツ

オフホワイトのロングブーツとボルドーのショートブーツ。スカートのすそからのぞかせるトレンドが戻ってきました。(右から)ロングブーツ¥129,800・ショートブーツ¥86,900/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)
リアルムートンでこの遊び心がたまりません。

ファーバッグ

(右から)リアルムートンでこの遊び心がたまりません。レザーモチーフはポーチです。バッグ(ポーチつき)¥251,900/トッズ・ジャパン(トッズ) こちらはエコファー。超ビッグサイズがとびきりキュート。バッグ¥194,000/スクワット/ルメール(ルメール)

大人ブランドの遊び心は、 格別のスパイスです!

ファーバッグやカラーブーツしかり、大人ブランドから出ているインパクト小物には、ほかでは手にできないスペシャルな遊び心があります。これぞ大人のおしゃれの醍醐味! 真の贅沢とは、この余裕のあるムードをさすのだと思います。
デルヴォーのブランドロゴをあしらったバケツ型のバッグ
デルヴォーのブランドロゴをあしらったバケツ型のバッグ。全身黒の着こなしに上品なパンチを加えてくれます。ブラウス¥52,800・ピアス¥39,600/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ) パンツ¥23,100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) バッグ¥281,600/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)
▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram