フーコック島に「夢の大学」リゾートが出現! JWマリオット

リゾート写真家増島実の、本当にお薦めしたいホテル ベトナム編 3

2017年7月31日
滞在するだけでわくわくする、楽しい世界
とうとうこの建築家の手掛けたホテルがフーコック島にもオープンしたのか……!と期待が高まるのがJWマリオット。アジアンリゾートの設計者として格別な人気を誇るビル・ベンスリーの最新作。2017年6月時点では未完成で、グランドオープンは年末の予定だが、早くも評判を聞きつけたゲストからの予約が殺到しているという。既に客室やスバ、レストランなど主な部分は稼動している。宿泊するだけで楽しくなるテーマパークのようなリゾート。

JWマリオット フーコック エメラルドベイ リゾート&スパ

19世紀末の空想上の神学校をイメージした内装は、遊び心満載。リゾート内を散策しているだけで、小さな探検をしているような気分になれる。ロビーは荘厳なドラマの幕開けを感じさせ、メインダイニングは大学のカフェテリアのように光が溢れている。敷地内を歩けば、過ぎし日のキャンパスライフの懐かしさが蘇ってくる。

フランスのアールデコのイメージを感じさせながら、21世紀風のスカッと抜けた爽快感のあるエントランス

  • ロビーの一部。大学の創設者をイメージした肖像画が飾られている
  • 朝食がサーブされる、海の見えるメインダイニング
  • フーコック島の東側にあるエメラルドベイは、海の美しさもベトナム最高クラス
  • 敷地内の小道には、大学のキャンパス風の演出が隅々まで施されている

1/4

2/4

3/4

4/4

客室はカテゴリーごとに色が決められている。ここはエメラルドベイ フロント
上のカテゴリーのターコイズタワーのスイートキング。テーマカラーはブルー。ドアも照明も洗面台も、それぞれベンスリーの力の入れようが分かる
赤をテーマカラーにした、デラックスエメラルドベイ フロント。ベトナム風が少し強くなっている
最近のベンスリーデザインは、深いバスタブが特徴で、日本人には使い易いという声も

客室棟やショップなど、それぞれの建物が華やかな色で並び、ディズニーランドのよう

客室内は天井が高く、カテゴリーごとにテーマ色が決められている。バスタブやミラーもそれぞれが凝った作りで、眠るのが惜しくなるような楽しさだ。 ブライベートビーチには、カヤック、シュノーケリングなど豊富なアクティビティーがそろい、中には無料のものもある。フィットネスセンターやスパも充実している。メインダイニングのメニューは、洋風、和風、ベトナム風とバリエーション豊か。別に本格的な中華レストラン「ピンクパール」も営業している。また、無料のレンタサイクルもあるので、近くの街のレストランまで足を伸ばすこともできる。
JW Marriott Phu Quoc Emerald Bay Resort & Spa

Khem Beach, An Thoi Commune / An Thoi Town, Phu Quoc Island
全244室 \15,486~ フーコック国際空港より16km
(料金は最安値の一例です)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

ランキング