小花柄もモノトーンコーデなら脱フェミニンできる!【柄スカートの着こなし新ルール】

きれい色があふれる春だからこそ、柄ものはあえてモノトーンで。フェミニンになりがちな小花柄スカートを大人っぽくかっこよく着こなすテクを、“スカート先生”ことスタイリスト・徳原文子さんが伝授。
教えてくれたのは…
スタイリスト 徳原文子さん
誌面ではもちろん私服でも一年中スカートスタイルを実践する人気スタイリスト。カジュアルな中にトレンドや女らしさを感じさせる着こなしが得意で、エクラ読者はもちろん編集部にもファンが多い。

ドレスアップ感とかっこよさが両立する、華やかな花柄

ブラミンクの華やかな花柄スカートのRINA

張りのあるシルク混ジャカード素材がふんわりとした膨らみのあるフォルムをキープ。コンサバになりがちな小花柄をモノトーンの着こなしで脱フェミニンに。ブラックのツインニットやメンズライクなレースアップシューズでキレのよさも感じさせて。

スカート¥143,000・ニット¥88,000・Tシャツ¥25,300/ブラミンク ピアス¥17,050/room3138(ローラ ロンバルディ) ネックレス¥17,600/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥151,800/ジミー チュウ 靴¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

What's New

Feature
Ranking