【2022夏スイーツ】必ず喜ばれる「最高の手みやげ」特集

今年の夏こそは、会いたい人と楽しい時間がシェアできますように。そんな願いもこめて、夏の手みやげを特集。最新パティスリーや夏の名品など……アラフィーが満足するこの夏最高の美味をお届け。

 

東京の旬な店「夏菓子」

“旬”に勝る手みやげなし! 東京のスイーツ好きたちが熱い視線を送る最旬のパティスリーの夏季限定ケーキ。旬×旬の特別感にきっと盛り上がるはず。

ホルン「マンゴータルト」

ビストロ『アルル』やベトナム料理『ヨヨナム』など、渋谷から代々木公園界隈をにぎわす繁盛店の系列店として’21年にオープン。ショートケーキやロールケーキなど定番を中心としたケーキは、懐かしくもどこか洗練された味で、「ホルン」形のランプなどを配した店内インテリアのセンスも抜群だ。
ホルン「マンゴータルト」
「季節ごとのフルーツタルトは、果物使いがとても贅沢」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。
現在はマンゴータルトが店頭に。たっぷりのアップルマンゴーが、サクサクのシュクレ生地、ラム入りのダマンド、カスタードなどと相乗。卓上がぱっと明るくなるビジュアルも喜ばれそう!
1個¥750。
DATA
東京都渋谷区上原1の2の1
☎03・6804・8265
10:00~19:00(カフェ~17:00)
㊡月曜

Pâtisserie ease「ケーキとジェラート」

製菓の枠を超えた次代の食の担い手として、シーンの最前線を走る大山恵介シェフが率いるパティスリー&ベイカーだ。日仏のきら星のようなパティスリーやレストランで、菓子作りに加え、料理やデセールも担当してきた大山シェフ。見た目はシンプルなケーキの中に盛り込まれた、食感や口溶けのレイヤーは、アシェットデセールを彷彿とさせる。

「おいしさはもちろん、ソースの試験管などプレゼンテーションも素敵です。季節限定のフルーツのケーキも喜ばれそう」(推薦者:編集W)。

アマゾンカカオのシューク リーム¥500。カカオのフ ルーティさが生きたクリー ムと生地のバランスが秀逸

アマゾンカカオのシュークリーム¥500。カカオのフルーティさが生きたクリームと生地のバランスが秀逸

メロンのヴェリーヌ¥760。 ベストな状態まで追熟させ、 旬のおいしさのピークを閉 じ込める。香りのボリュー ム感も贅沢

メロンのヴェリーヌ¥760。ベストな状態まで追熟させ、旬のおいしさのピークを閉じ込める。香りのボリューム感も贅沢

桃とジャスミンティーのシ ョートケーキ¥840。

桃とジャスミンティーのショートケーキ¥840。まずそのまま、次に試験管のソースをかければ二度おいしい!

余分なものを加えず、ピュ アな素材の味をそのまま生 かしたメロンと桃のジェラ ート。

余分なものを加えず、ピュアな素材の味をそのまま生かしたメロンと桃のジェラート。6個セット¥3,600(通販限定)。そのほかの味は、ミルク、ピスタチオ、サングリア、アマゾンカカオ

Pâtisserie ease

DATA

東京都中央区日本橋兜町9の1

☎03・6231・1681

11:00~18:00
㊡水曜

https://patisserie-ease.stores.jp

洋食 KUCHIBUE「フルーツポンチ」

料理家・坂田阿希子さんが営む洋食店。マカロニグラタンやハンバーグなどの定番を、アイデアとひと手間ではっとするおいしさに。オンライン商品も“瞬殺”の人気ぶりだ。夏に登場するフルーツポンチも、そんなひと品。果物の色合いや食感の組み合わせ、甘味の中に潜む酸味が絶妙。
洋食 KUCHIBUE「フルーツポンチ」
「とてもシンプルなのに、場をわかせる華がある。おいしいもの好きの“KUCHIBUE”ブランドへの信頼は厚いです」(推薦者:ライター 佐々木ケイ)。

冷やしてアイスクリームを添えるのが坂田さんおすすめの食べ方。電話での予約販売のみ。予約期間7月1~4日(電話受付は10:00~18:00)。受取期間同月8~10日まで(発送は不可)。1瓶¥4,200(内容量900g)。売り切れしだい終了。

DATA

東京都渋谷区猿楽町29の10ヒルサイドテラスC棟15号
☎03・5422・3028
11:30~16:00、18:00~21:00(日曜11:30~16:00)

不定休
https://kuchibue.tokyo/

Infini 「チーズケーキ KANKAN」

レアにベイク系、バスチーと、またもブーム?といった盛り上がりを見せるチーズケーキの最新形! 静かな住宅街・九品仏に人を呼ぶ金井史章シェフの店『アンフィニ』発、缶入りチーズケーキだ。
Infini 「チーズケーキ KANKAN」
冷凍で届くから、食べる時間を見計らって解凍すればキンキンに冷たい状態で楽しめて夏にぴったり。さわやかさもひとしお。「急な来客のときに、あるととても助かるし、自分でひとつずつ楽しむことも。シンプルなビジュアルも気に入っています」(推薦者:ライター 北村美香)。テリーヌ仕立ての濃厚系だが、高知県産柑橘の酸味がさわやか。銀座松屋店にはベルガモット風味の限定フレーバーもある。1缶6個入り¥2,991。
Infini 「チーズケーキ KANKAN」

DATA

東京都世田谷区奥沢7の18の3

☎03・6432・3528

11:00~19:00
㊡水曜

https://www.infinidepuis2020.com/

1500_millecinquecento「イタリア菓子」

マリトッツォにボンボローニと次々にヒットが生まれ、じわじわと浸透しつつあるイタリア菓子界に真打が登場。本国での経験も豊かな菓子職人・磯尾直寿さんが作る味を楽しめる菓子店併設のバールがお目見えした。
1500_millecinquecento「イタリア菓子」
トルタ・デッラ・ノンナやババ・アル・ルム、カンノーロなどに加え、夏はナポリの郷土菓子、デリッツィア・ディリモーネ(写真右中)も。中にレモンの果肉が隠れていて、鮮烈な酸味がアクセントに「見た目は素朴で、味わいは緻密。何を食べてもおいしい」(推薦者:ライター 佐々木ケイ)。2階にトラットリアも備えた複合型店舗は、イタリアのどこかにありそうな雰囲気。1個¥450~。

DATA

東京都渋谷区元代々木町4の2

☎03・5738・8821

9:00~23:00(2Fトラットリアは17:00〜)

不定休 https://www.instagram.com/1500_millecinquecento/

京都の「和生菓子」

季節ごとの甘味や銘菓がそろう京都。その中でも涼感あふれ、シンプルにして美味な、できたての生菓子をご紹介。

甘泉堂「水羊羹」

四条通からひとすじ北の富永町に抜ける小路にひっそりとたたずむ、花街の粋客御用達の菓子店。4月から9月いっぱい販売される水羊羹は、寒ざらしの寒天、きめの細かいさらしあんが生む、みずみずしさと舌ざわりのよさが人気。
甘泉堂「水羊羹」
「雑味がなくてあっさりしているのでいくつでもいただけます」(推薦者:ライター 天野準子)、「夏の京都に出かけたら必ず買い求めます」(推薦者:ライター 北村美香)と複数人が推薦。滑るようにのどに入り、小豆の甘味と香りが口いっぱいに広がり、後味スッキリ。今も昔と変わらぬ味と形を守り、店頭では1本を10に切り分ける。取り寄せも可能で、その場合は切らずに棹物の形で発送。1本¥2,000。冷蔵で4日賞味。
甘泉堂「水羊羹」

DATA

京都府京都市東山区祇園町北側344の6

☎075・561・2133

10:00~20:00 ㊡日曜

白 haku「枸円(くえん)」

京の料亭が手がける、レモンを丸ごとくりぬいて作ったさわやかなゼリー。陽光をしっかり浴びた有機栽培のレモンが入荷すると作りはじめ、瀬戸内の生口島を皮切りに、初夏から初秋にわたって、産地を選びながら旬のものを使っている。
白 haku「枸円(くえん)」
蜜煮にした皮と果肉も加わるぷるんとした食感で、レモンの蓋をぎゅっと搾って果汁たっぷりに味わっても。「レモンを立てる青竹やスプーンがつくなど、こまやかな気くばりがなされた甘味です。食卓に籠ごと持ち出せるので、お呼ばれのデザートとして重宝します」(推薦者:ライター 西村晶子)。1籠3個入り¥2,750。冷蔵で2日賞味。
白 haku「枸円(くえん)」
DATA
京都府京都市東山区祇園町南側570の210
☎075・532・0910 11:00~18:00
㊡月曜(祝日は営業、翌火曜休)、第2火曜

本家月餅家直正「わらび餅」

たっぷりのこしあんをひんやりとした口当たりのお餅で包んだ、驚くほどとろとろ食感のわらび餅。夏のみならず年間を通じて人気があり、あん、餅、きな粉のシンプルな組み合わせを、厳選した素材とていねいな仕事で極めつきの逸品に仕立てている。わらび餅は国産の本わらび粉を使い、練り上げること3時間。
本家月餅家直正「わらび餅」
「やわやわと軟らかくて、品のよいあんと香ばしいきな粉の取り合わせが絶妙です。賞味期間は当日中なので、できたてをお届けします」(推薦者:ライター 北村美香)。
口の中で一体となって溶けていく深い滋味にホッと和む。1個¥240、箱詰め3個¥770から。
本家月餅家直正「わらび餅」
DATA
京都府京都市中京区木屋町三条上ル上大阪町530の1
☎075・231・0175
10:15~18:00
㊡木曜、月1回水曜
※わらび餅の取り扱い、予約等の電話対応は10:00以降

喜ばれる「焼き菓子」

ほどよく日持ちして、もらってうれしい焼き菓子。缶にぎゅっと詰まった愛らしさを贈ったり、単品購入でさりげない手みやげにしたい。

カドー パティスリー「ショート ガレット」

バターの濃厚な風味が広がり、口当たりはサクサク。小ぶりながらインパクトのある味は、東京・丸の内界隈の秘書のイチ押し手みやげとして大人気。
カドー パティスリー「ショート ガレット」
「大好きな食感と味わいです。シーウィードはフランス産ボルディエの海藻入りバターをたっぷり使っていて、量より質を実感しているこのごろ、自分へのおみやげにもしています」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。

イギリスの伝統的なショートブレッドの素朴さと、フランスのガレット・ブルトンヌのリッチなおいしさをひとつにした、ありそうでなかった新感覚クッキー。各4枚入り、クラシック¥756、シーウィード¥1,188。
カドー パティスリー「ショート ガレット」
DATA
東京都千代田区丸の内1の4の1永楽ビル1F
☎03・6269・9520 11:00~20:00(土曜、祝日〜18:00) ㊡日曜

ZAXFOX(ザックスフォックス)「チージィーポッシュ ナツカン」

「ポッシュ」とはフランス語で絞り出しクッキーのこと。富山の洋菓子専門工房が、菓子研究家の福田里香さん、クリエイティブユニットのKIGIと組んで作り上げた味。ペコリーノ・ロマーノチーズをふんだんに使い、重ねて絞り、生地に空気を巻き込んでいるので、サクサクと溶けるなめらかな焼き上がり。
ZAXFOX(ザックスフォックス)「チージィーポッシュ ナツカン」
「チーズ味のクッキーは焼きかげんによる味の違いを楽しめるようになっていて、“福田さん、天才!”と思います」(推薦者:ライター 鈴木奈代)。

通常はメレンゲと組み合わせるが、6~9月ごろはイタリア伝統の2度焼きクッキー、レモンカントゥッチーニとの「ナツカン」に。¥3,650。
ZAXFOX(ザックスフォックス)「チージィーポッシュ ナツカン」

DATA

毎週火曜と日曜10:00にオンラインで限定販売、5日以内に富山県より出荷。

https://cheesysweets.jp/

ラ・クラシック「フールセック クラシック」

名店『オ・グルニエ・ドール』でスーシェフを務めた加藤雅也さんが、’18年に下鴨にオープンした人気洋菓子店の逸品。「理想のクッキー缶」を目ざし、試行錯誤を3年ほど重ね、’21年についにお目見え。完成度の高い14種類の焼き菓子を、宇治の茶筒作りの職人が作る優美な缶がさらに引き立てている。
ラ・クラシック「フールセック クラシック」
「すき間なくぎっしりと詰まった美しいレトロなクッキー缶。甘いもの、塩気のあるもの、食感の異なるものがバランスよく詰め合わせてあり、いずれも秀逸です」(推薦人:ライター 西村晶子)。

蓋を開けた瞬間、甘い香りと華やかな姿に歓声が上がること間違いなし! ¥4,968。
ラ・クラシック「フールセック クラシック」
DATA
京都府京都市左京区下鴨森本町13の9
糺の森ビル本館1F ☎075・746・3059
10:00~18:00
㊡日・月曜

オーブン・ミトン「フィナンシェとクッキー」

女性パティシエの草分け的存在の小嶋ルミさんが作るお菓子は、ほかでは味わえないナチュラルなおいしさに定評がある。
オーブン・ミトン「フィナンシェとクッキー」
「良質で自然な素材を使い、毎日手作業でていねいに作るからこその、ピュアな味わい。いろいろ食べてきましたが、今はここの焼き菓子が一番」(推薦者:ライター 北村美香)。

店頭で好みのものを選んで詰め合わせてもらえる。左から、ヘーゼルナッツが香り、くずれる食感とサラサラの舌ざわりのキッフェルン(2枚¥216)、代表作であるリッチな味わいのフィナンシェ(1個¥237)、発酵バターたっぷり、シルキーな口溶けが魅力のヴィエノワ(2枚¥237)。
オーブン・ミトン「フィナンシェとクッキー」
DATA
東京都小金井市本町1の12の13
☎042・388・2217
10:30~17:00 ㊡月~水曜

ヘルシー食材&調味料

おいしいだけでなく、体にいいものを贈るのも喜ばれる手みやげのポイント。食欲増進や夏バテ予防に向く5品をセレクト。

マルピーギ バルサモ・ビアンコ

愛用のホワイト・バルサミコをプチギフトに、とは素敵なアイデア。
マルピーギ バルサモ・ビアンコ
「サラダのドレッシングにはもちろん、パプリカやなすのマリネはオリーブオイル、塩、こしょうとあえるだけで味が決まりますよと伝えてお渡ししています」(推薦者:ライター 鈴木奈代)。

マルピーギ社はイタリア・モデナで1850年創業のバルサミコの醸造会社。モデナ特産のぶどうを原料とし、熟成させるために木樽の移し替えを行う伝統の製法で造り続けている。5年熟成のバルサモ・ビアンコは華やかな芳香が特徴。透明なので、素材の色合いを生かした料理を楽しめる。
200㎖、箱入り¥3,780。
DATA
『チェリーテラス・代官山』
東京都渋谷区猿楽町29の9ヒルサイドテラスD棟1F
☎03・3770・8728 11:00~17:00 ㊡月曜
※オンラインでも購入可

ファインデイズ「ボトルドリンク ヨーグルト」

「心と体が整うお店」として人気の東京・広尾のカフェ、『ファインデイズ』。心身の健康には腸内環境が大切と、ヨーグルトのラインナップが充実。ドリンクヨーグルトには乳酸菌が通常の10倍、2000億個以上も含まれる。
ファインデイズ「ボトルドリンク ヨーグルト」
「撮影の差し入れにすると、ヘルスコンシャスなかたに特に喜ばれます。なにより本当においしい!」と絶賛の編集W。

4種で菌株や菌の含有数が異なり、例えば「グルカン」は乳酸菌が4000億個と最多、「LP28」はダイエットが気になる人向けなど、選べるのも楽しい。
1本200㎖入り、ピュア¥378、LP28 ¥432、グルカン¥464、ケフィア¥486。
DATA
東京都港区南麻布5の1の28
☎03・6432・5051
8:00~19:00
㊡火曜

土井志ば漬本舗「しそジュース しその露」

何百年もの間、京都・大原で育てられてきた「ちりめん赤紫蘇」。山に囲まれ、寒暖差の激しい大原の自然が、古来の原種を守り続けたとされる。『土井志ば漬本舗』では、この原種を守るため、自社農園で栽培。その赤紫蘇は鮮やかな赤紫、深みのある香りが特徴。
土井志ば漬本舗「しそジュース しその露」
「夏、ちょっとお疲れのときにおすすめのドリンクです。自然な色と風味に、心も体も癒されます」(推薦者:ライター 西村晶子)。

赤紫蘇はアンチエイジング、貧血予防、健胃作用などさまざまな薬効があり、夏バテ予防に最高。濃縮タイプなので3〜4倍に薄めれば、さわやかな風味を楽しめる。
360㎖ ¥972。
DATA
『土井志ば漬本舗 総本店』
京都府京都市左京区八瀬花尻町41
☎075・744・2311 9:00~17:00(季節により異なる)
不定休 ※その他直売店、オンラインでも購入可

錦・高倉屋「名物・ヌカ漬」

京都・錦市場の漬け物の名店『錦・高倉屋』。
錦・高倉屋「名物・ヌカ漬」
「軒先には木樽に入った漬け物がいっぱい。季節のヌカ漬は必ず買います。きゅうりやなすだけでなく、すぐき、筍など京都らしい野菜も。簡単な包みのままさしあげていますが、皆さん、本当に喜んでくださいます」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。

創業以来、新鮮な米ぬかを継ぎ足し、赤穂の塩と地下からくみ上げる井戸水だけを使って職人が大切に世話をして熟成させている。吉野杉の木樽が天然乳酸菌の発酵に最適な調整をし、木香が漬け物のうま味を増す。

パッケージ写真はオンライン通販の仕様。胡瓜ヌカ漬(2本入)、茄子のヌカ漬(2本入)各¥540。
錦・高倉屋「名物・ヌカ漬」
DATA
京都府京都市中京区錦小路通寺町西入東大文字町289の2
☎075・256・3123 10:00~17:30
年末年始を除き無休 ※オンラインでも購入可

村上重本店「時候漬」

京都独特の漬け物、すぐき漬は約300年前より、上賀茂神社の社家の間で広まったという。現在は冬の風物詩となっているが、もともとは自然に発酵させ、5月ごろから「時候漬」「時候熟れ」等と名づけて売っていたとか。
村上重本店「時候漬」
こちらは、「千枚漬」で有名な漬け物の老舗『村上重本店』が、夏に店頭に並べる昔ながらのすぐき漬。
「すぐき漬が夏に?と驚かれますが、昔は夏の漬け物だったという理由を聞いて納得。冬と比べて味わい深く、独特の酸味はごはんはもちろん、バーボンや日本酒のアテにもなります」(推薦者:ライター 西村晶子)。

6~7月中旬の販売。1袋¥1,000~¥1,600(100g ¥360)。
村上重本店「時候漬」
DATA
京都府京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町190
☎075・351・1737
9:00~19:00(土・日曜、祝日~19:30)
年始を除き無休

夏の定番「冷菓子の名品」

暑さに参りがちな体と気分をシャキッとリフレッシュしてくれる冷たいスイーツ。夏の定番だからこそ、贅沢な素材をシンプルに仕上げた大人の逸品を厳選して。

招福樓「季節のワインゼリー」

一期一会の味と最高のおもてなしで、和食の最高峰の一角として名高い滋賀の料亭『招福樓』。料理と同じく、旬の味に思いをこめたスイーツが「季節のワインゼリー」だ。
招福樓「季節のワインゼリー」
果物は時期替わりで、このゼリーのためにとびきりを“選抜”し、本店の厨房で仕込んだものが三越伊勢丹新宿店へ届けられる。写真はオレンジ、マンゴー、桃。ゼリーの控えめな甘さとほのかな酸味が、果物の果実味やみずみずしさを引き立て、のどごしのよさも格別。

箱から出して並べるだけで、夏の景色ができあがる。「数多くあるゼリーの中でも、格別な逸品です」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。
1個¥540。
招福樓「季節のワインゼリー」

DATA

三越伊勢丹新宿店

東京都新宿区新宿3の14の1三越伊勢丹新宿店B1

☎03・3354・0023
10:00~20:00

無休(施設に準ずる)
https://shofukuro.jp/

※お取り寄せは滋賀の本店オンラインより可能

teal(ティール)「アイスクリーム」

『パスカル ルガック』で活躍したショコラティエの眞砂翔平シェフと『パティスリー イーズ』の大山恵介シェフがタッグを組んだ『イーズ』の姉妹店。主軸はチョコレートとアイスクリーム。ともに国内外で高く評価されてきた技術を生かし、素材のかけ合わせの妙を楽しませる味作りで、昨秋の開業直後から話題沸騰中だ。
teal(ティール)「アイスクリーム」
フレーバーは自家製チョコレート、しそ日向夏、桃セイロンティー、カカオティーバニラ、みかんココナッツ山椒、マカダミアレモンの6種。

「すっと消えてなくなるようなはかない口溶けで、アフターに感じる香りの豊かさもすばらしい」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。
6個セット¥3,600。

DATA

東京都中央区日本橋兜町1の10日証館1F

☎03・6661・7568

11:00~18:00
㊡水曜

https://tealtokyo.stores.jp/

京橋千疋屋「ロイヤルマスクメロン シャーベット」

メロン丸ごと1個がそのままシャーベットに! 京橋千疋屋の「ロイヤルマスクメロン シャーベット」は桐箱入りの包装も美しく、食べる前から歓声が上がるゴージャスさだ。
京橋千疋屋「ロイヤルマスクメロン シャーベット」
厳選した静岡県産マスクメロンの自然な甘さ、夏を連想させるさわやかな香りが楽しめるよう、ひとつずつ手作りで仕上げる。

「果物と氷菓のいいとこどりの味。ここぞというときに頼りにする手みやげです」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。

冷蔵庫で軟らかくなるまで溶かし、好みの大きさに切り分けて。ホームパーティの手みやげにも最高。¥12,960。
京橋千疋屋「ロイヤルマスクメロン シャーベット」

DATA

京橋本店

東京都中央区京橋1の1の9

☎03・3281・0300

9:00~19:00(土・日曜、祝日10:00~18:00、イートインは30分前LO)

https://www.senbikiya.co.jp

鈴木商店「アイスキャンデー」

レトロな包みが愛らしいアイスキャンデーは、神戸市灘区で創業75年のソフトクリームとアイスの店『鈴木商店』の品。常に行列の人気ぶりで、発送や長時間持ち歩きの対応をしていないが、保冷剤などを用意し「手みやげに」と列に並ぶファンもいるそう。
鈴木商店「アイスキャンデー」
「上質でミルキーな味わいで、小ぶりのサイズもいい」(推薦者:ライター 西村晶子)。

まとめて買うと新聞紙でくるりと巻いて「どうぞ」と、エコなスタイルで。1本¥80~。
DATA
兵庫県神戸市灘区田中町3の1の1
☎078・431・5744
10:00~16:00(売り切れしだい閉店)
㊡火・水曜

注目パティシエの「至高のお菓子」

おいしいもの好きのツボを突く話題性に加え、味の完成度からパッケージの洗練にまでブランド力が光る、ここぞというときの、勝負手みやげにふさわしい3品。

ラ・パティスリー by アマン東京「サントノレ」

神々しいビジュアルと、そのイメージを裏切らない洗練の味わい。しっかり焼いた生地の香りと風味、クリームのリッチさとキャラメルのほろ苦さ。味わいの重層感はフランス菓子ならではだ。
ラ・パティスリー by アマン東京「サントノレ」
アマングループで初となるパティスリーとして’21年10月にオープン。アマン東京開業時からペストリー部門を牽引し、『ザ・ラウンジ by アマン』のアフタヌーンティーを筆頭にスイーツ目当てのゲストを増やしてきた立役者・宮川佳久さんがエグゼクティブペストリーシェフを務める。

「リュクスな世界観が貫かれていて、手みやげを買いにいくかたもワクワクするはず」(推薦者:ライター 安齋喜美子)。
(直径9㎝)1個¥2,000。
ラ・パティスリー by アマン東京「サントノレ」

DATA

東京都千代田区大手町1の5の6大手町タワーB2

☎03・5224・3339 7:00~20:00(土曜、祝日10:00~19:00)

※生菓子の販売は10:00より ㊡日曜

https://www.aman.com/ja-jp/hotels/aman-tokyo/dining/la-patisserie-aman-tokyo
キャッシュレス決済のみ

Restaurant MAISON(レストラン メゾン) 「キャラメル クリュ」

渥美創太シェフ率いるパリ『Restaurant MAISON』の厨房で生まれる味をより広く届けるためにと、同店が考案したキャラメル。類まれな口溶けと自然な甘味、心地よい酸味から、素材の上質さとかけられた手間ひまが伝わる。
Restaurant MAISON(レストラン メゾン) 「キャラメル クリュ」
「キャラメルの概念が覆される食感。最小限の包みのセンスも素敵」(推薦者:ライター 佐々木ケイ)。現在、さらに追求を重ねたキャラメルトメットも開発中で今秋発売予定、こちらも待ち遠しい。販売は『ARTS&SCIENCE』の食空間『DOWN THE STAIRS』にて。同レストランとのタッグによる試み『MAISON with ARTS&SCIENCE』を展開中。1箱24枚入り¥2,800。

DATA

東京都港区青山6の1の6パレス青山

(DOWN THE STAIRS BY ARTS&SCIENCE)

☎03・5464・3711

11:00~14:30LO、17:30~21:30LO ㊡月・火曜

https://arts-science.com/shop/down-the-stairs/

DOLCE TACUBO(ドルチェ タクボ) 「王道を塗り替える濃厚プリン」

ミシュラン一ツ星のレストラン『TACUBO』が提案する「予約制」パティスリー。仕上げを来店時間から逆算し、ベストの状態で。「コース料理の感動を、そのままテイクアウトドルチェに」がコンセプトだ。
DOLCE TACUBO(ドルチェ タクボ) 「王道を塗り替える濃厚プリン」
フィナンシェやシュークリームなど、基本のアイテムで勝負。プリンは“なめらかさ”を第一に、焼き上がりから丸24時間寝かせたタイミングで提供する。

「口溶けは軽いのに味は濃厚と不思議な食べ心地。細部に遊び心が隠れるシンプルなギフトボックスにも、星つきレストランならではのおもてなしの心を感じます」(推薦者:ライター 佐々木ケイ)。
1個¥700。
DOLCE TACUBO(ドルチェ タクボ) 「王道を塗り替える濃厚プリン」

DATA

東京都渋谷区恵比寿西2の15の9

チェラーザ代官山1F ☎03・6416・3940

11:00~19:00LO 不定休

https://d-tacubo.com/

急な手みやげに「早朝の名店」

急に手みやげが必要になったときも妥協はできないもの。“最上級の定番”を便利な場所で朝早くから購入できる、そんな助かる名店をご紹介。

トラヤあんスタンド「あんパン」

和菓子の老舗『とらや』が「あんのある生活」を提案するショップ。
トラヤあんスタンド「あんパン」
看板商品の「あんペースト こしあん」を、優しい甘さのミルクパンで包んだ贅沢なあんパンだ。「味はもちろん、上品で、今の時代に安心な個包装もうれしいかぎり」(推薦者:編集W)。あんパン[こしあん]1個¥421。
トラヤあんスタンド「あんパン」

DATA

東京都港区南青山1の1の1 新青山ビル西館B1

☎03・5414・0141

9:00~19:00 ㊡土・日曜、祝日、夏季

https://www.toraya-group.co.jp/anstand/

マッターホーン「シューアイス」

創業70年、幅広い層に愛される洋菓子店。銘品は数多いが、夏に推したいのがシューアイスだ。
マッターホーン「シューアイス」
専用の生地にバニラアイスを詰めたシンプルなものだが「コクがあり素材のよさが伝わる」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。
 
個包装の袋も、店のシンボル・鈴木信太郎画伯の絵つき。1個¥300。
マッターホーン「シューアイス」

DATA

東京都目黒区鷹番3の5の1 ☎03・3716・3311

9:00~18:30(喫茶室12:00~16:30LO)

㊡火曜(祝日の場合は営業)

https://matterhorn-tokyo.com/

Path(パス)「焼き菓子」

雰囲気はカジュアル、味はガストロクオリティ。そんなレストランのもうひとつの柱が、パティシエ・後藤裕一氏のお菓子だ。
Path(パス)「焼き菓子」
カヌレは蜜蝋を使いクラシックに、マドレーヌは改良を重ね少し軽やかに。「“焼き”の味が芳しい」(推薦者:スタイリスト 肱岡香子)。
 
カヌレ1個¥320、マドレーヌ1個¥220。
DATA
東京都渋谷区富ヶ谷1の44の2 A-FLAT 1F
☎03・6407・0011
8:00~15:00(14:00LO)、18:00~24:00(23:00LO)
㊡月曜、第2・4火曜朝と第2・4日曜夜

東京會舘「マロンシャンテリー ルージュメロン」

『東京會舘』で70年の歴史を誇るロングセラー、マロンシャンテリー。その生クリームのフレーバーを月ごとに替えた限定商品をご存じだろうか。
東京會舘「マロンシャンテリー ルージュメロン」
7月は香り高いルージュメロンを使用したものが店頭に。
「安定のおいしさと、季節感を贈れます」(推薦者:編集W)。1個¥980。

DATA

東京ギフトパレット店 Data

東京都千代田区丸の内1の9の1東京駅八重洲北口1F

☎03・5222・6633 9:30~20:30(土・日曜、祝日9:00~20:30)

※施設に準ずる 無休

https://www.kaikan.co.jp/

坂田焼菓子店「クッキー」

幼少期をカナダで過ごした店主が、安全な素材でていねいに作るホームメイドスタイルの焼き菓子。ジャムサンドやココアのクッキーは、1個でも大満足の大ぶりなサイズだ。
坂田焼菓子店「クッキー」
「シンプルで粉の風味をしっかり感じ、素朴で優しい味わい」(推薦者:ライター 天野準子)。店頭販売のみ。1枚¥162~。

DATA

京都府京都市上京区西上善寺町181の1の1

☎075・641・3997

9:00~17:00 ㊡火曜

https://sakatayakikashiten.com/

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking