岡野瑞恵さん愛用・「ベーシック」アイメイクコスメ 五選

2017年7月10日
石田ゆり子さんをはじめ、éclat世代の女優たちから指名の絶えないヘア&メイクアップアーティスト、岡野瑞恵さん。立体感をきわだたせ、フレームは締める。このいたってシンプルなステップで洗練された印象へと導く、岡野さん愛用のコスメ。清潔感と華のあるベーシックなアイメイクテクとともにご紹介。
ヘア&メイクアップアーティスト・岡野瑞恵さん
おかの たまえ●数多くの女優やタレントから指名を受け、多方面で活躍中。大人の女性を輝かせるメイクが評判。石田ゆり子さんがモデルを務めるメイク本『大人のMake Book』(ワニブックス)が人気。

1.ベースカラーは皮膚感と立体感を意識した色を

まぶたのくすみや色ムラを飛ばしながら骨格を掘り起こすことができるのが、コーラルベージュのアイシャドウ。乾燥が気になる人こそクリーム系を。目もとがいきいき華やかに。
クリームからパウダーに変化し、ぴったりフィットするアイカラー。くすみを払う明るいベージュ。オンブル・クチュール 2 ¥3,700/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]

こう使う!

薄くファンデーションが塗られたまぶたのアイホール部分に、左上のジバンシイのアイシャドウを中指にとり、とんとんとのせていく。「コーラルべージュが目もとを明るく補整」(岡野さん)。皮膚感もナチュラル!

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング