「探してます!」大人のリゾート水着 五選

2017年7月11日
"大人のための水着"が注目されつつある昨今。需要の声とそれに応える実力派水着が出てきたのがその理由。編集部内リゾート派がじっくり談義し、リゾートを楽しむための水着を厳選した。
リゾート派スタッフはこの3名
スタイリスト 村山佳世子
本誌でおなじみの人気スタイリスト。ダイビング経験もあるアクティブ派。大人のリゾートスタイルの観点から鋭くジャッジ。

ライター 宮崎桃代
"実用と実感を美しく、わかりやすく"がモットー。年に1度は行くリゾートでもファッションウォッチングをしてしまう性が悩み。

副編 I
若いころは世界各地で元気にダイビング、アラフォー以降はのんびりできるリゾート旅派に転向。最近のリピートはスリランカ。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.スクール水着にならない
小粋な風情のワンピースを
胸もとの深いカットと白ブレードのストラップで、大人っぽさが漂うデザイン。実はかっこよく着るのがむずかしいワンピース型は、デコルテの見え方をチェックして。

水着¥30,000/フィガロ パリ 東京ミッドタウン店(シネシア キャロル) ハット¥37,000/ウィム ガゼット 青山店(ハウス オブ ラフィエット)
2.股上の深いボトムに安心感あり!
上下のバランスがいい大人ビキニ
ボトム右側のシャーリングで、深めの股上がスタイリッシュな印象に。薄いパッドつきのブラも面積が広く、ビキニとはいえ露出は控えめ。大人に優しいデザインならいつも快適。

ビキニ¥22,000/mikomori(mikomori)
3.大人の色香が控えめに漂う
クラシックな女優風デザインで
ダークグリーンは焼いていない大人の白い肌にも合う優秀色。丸いフォルムのトップにヒップをしっかり覆うボトムで、大人の体型をきれいに。

ブラレット¥22,000・ボトム¥14,000/ダイアン フォン ファステンバーグ(ダイアン フォン ファステンバーグ)
4.重ね着することを考えて
プリントを着るのは通の選択
プールサイドでは水着だけになっても、カフタンやパレオを重ねる移動のときが最も人の目に触れやすいのも事実。それを計算した多色使いの水着。ちらりと見せるつもりで。

ブラ¥14,000・ショーツ¥14,000/ウィム ガゼット 青山店(アレ バイ アレッサンドラ) サングラス¥33,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ)
5.きちんと覆うけど女らしい!
黒はちょっと凝ったデザインで
薄いパッドつきのブラにクロッチの広いボトム。カバー力がある仕立てが大人向き。ベーシック色の黒は、どこか遊びのあるデザインで格上げを。ストラップをサンダルにリンクさせて。

ビキニ¥20,000/アパルトモン 青山店(ハイジ クライン) サンダル¥25,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(アトリエ メルカダル)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング