"知的"と "おしゃれ"を叶える夏のスーツ 五選

2017年7月25日
「働くアラフィーのための服を知りたい! でもお手本がないからわからない」。そんなJマダムたちの声を編集部でもよく耳にするようになったこのごろ。キャリアを積んで人の上に立つようになり、新たなステージに上がった。でも今は仕事ができるだけでなく、おしゃれであることも求められる時代。かっちりしたものの実用性は知っているけれども、適度なおしゃれ感がなくては、それだけでいいとも思えない!  部下にも同僚にも一目置かれる、知的でスタイリッシュな逸品にぜひ注目を。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ただ着るだけでかっこいい!
むだを削ぎ落としたストイックな黒
ザ ロウの中でも、定番アイテムがそろう「エッセンシャルライン」から、軽くて着心地のよい上質素材に、体のラインに添う美シルエットのブラックスーツ。ジャケットは七分袖なので黒でも重たくならず、ストレッチ入りのタイトパンツは美脚効果も絶大!

ジャケット¥168,000・シャツ¥83,000・パンツ¥101,000/コロネット(ザ ロウ) ピアス 各¥185,000・リング(太)¥580,000・リング(ゴールド)¥340,000・リング(シルバー)¥280,000/ザ・ショーケース GINZA SIX 店(マクリ) ベルト¥16,800/パリゴ 丸の内店(メゾンボアネ) 時計¥740,000/IWC(IWC) バッグ¥220,000/オンワードグローバルファッション(マルベリー)
2.正統派ネイビースーツは
ワントーンコーデで辛めに装う
キャリア女性のあらゆるシーンに対応できるラインとして登場した「アーキテクチュラル コレクション」。ネイビーのスーツには、同色の光沢のあるシャツを合わせて、凛々しさの中にも女性らしさを漂わせたい。

ジャケット¥346,000・スカート¥100,000/アクリスジャパン(アクリス) ブラウス¥30,000/サザビーリーグ(エキップモン) ネックレス¥58,000・リング¥245,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥265,000/ピーチ(ロウナーロンドン)
3.メンズライクな一着は
ゆるっとシルエットで抜け感を
メンズ仕様の縫製や型で作られた正統派デザインにトレンドを加えた、魅力のブランド。やや長め丈のジャケットや、タック入りのテーパードパンツなど、シルエットやディテールに小技をきかせた一着。

ジャケット¥128,000・パンツ¥63,000(ともにボリオリ)・シャツ¥56,000(アキラーノ・リモンディ)・バッグ¥210,000(ニナ リッチ)/以上コロネット メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ベルト¥14,800/パリゴ 丸の内店(メゾンボアネ) 時計¥1,040,000/IWC(IWC) ブレスレット¥230,000/ザ・ショーケース GIN
ZA SIX 店(テンサウザンドシングス) 靴¥79,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュロンドン×トリッカーズ)
4.凛とした女性らしさをアピール。
ビジネスにこそ白スーツ!
汚れが気になり敬遠しがちな白スーツ。ウォッシャブル素材のこのスーツなら安心。ウエストラインなどスタイルがよく見える工夫がいっぱい!

ジャケット¥46,000・スカート¥26,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート)
5.どこに出ても恥ずかしくない、
夏仕様で着心地よい真っ当グレー
ビジネスの基本、テーラードのグレースーツ。おしゃれ感や軽やかさを求めるなら、こんなピンストライプのひとつボタンをチョイス。

ジャケット¥53,000・スカート¥26,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング