『浅草』でとびきりの一杯に出会う とっておきの名店

eclat 4月号では、洋酒文化が根づくバーの町『浅草』の名店を浅草芸者の乃り江さんがご紹介。ディープ中のディープ「BAR DORAS」とウイスキーの博物館的バー「バー ねも」でとびきりの一杯を楽しんでみてはいかがでしょう。

バー ねも

『浅草』でとびきりの一杯に出会う とっておきの名店_2_1
もう1軒は『バーねも』。バー業界では“神”とさえいわれる根本元吉さんが’60年に創業した店で、現在、息子の寛さんが看板を引き継ぐ。ウイスキーにいたっては博物館のようなラインナップだ。
「お酒の種類も知識もケタ違い。カクテルもすばらしく、グラスに注ぐまでの一連の動きは、茶道の“お点前”のよう。毎回見とれてしまいます」
 どちらも女性やビギナーには少々ハードルが高そうに感じるが「心配しないで」と、乃り江さん。
「一流のバーテンダーは、サービスのプロ。知ったかぶりせず、自分の経験値の中で好みを伝えれば、必ず楽しませてくれます」
 高いプロ意識は、2軒のバーにかぎったことではないと話す。
「皆さん、自分の仕事に誇りをもっている。あとは浅草という町を心から愛しているんです。根っからの浅草っ子も、この土地を選んで店を出したご店主たちも」
 おいしさと一緒に、そんな“心意気”を味わうのが醍醐味なのかもしれない。東京にあって、旅をしているかのようなひと時を味わえる町。大人の浅草、まさにディープ。通うほど味わいを増しそうだ。
『浅草』でとびきりの一杯に出会う とっておきの名店_2_2
バックバーに並ぶ洋酒はざっと3000本。倉庫に保管するものも合わせると1万3000種7万本にもおよぶという、他に類を見ない品ぞろえは圧巻だ。店主の根本寛さんは、グレンファークラス蒸留所唯一の公認ウイスキーテイスター、洋酒鑑定士といくつもの肩書をもつ。クラシックなレシピで作るカクテルにも定評があり、バーテンダーのサービスにも名店ならではのエレガントさがある。オリジナルのジャックローズ・ドライをはじめ、カクテル1杯¥1,000~。
『浅草』でとびきりの一杯に出会う とっておきの名店_2_3
東京都台東区浅草1の11の11 ☎03・3841・1650 17:00~翌2:00 無休 チャージ(おつまみつき)¥1,500
教えてくれたのは…

浅草芸者 乃り江さん
LA生まれ、4代続く浅草っ子。父の仕事の都合で米・東海岸と浅草を行ったり来たりの少女時代を過ごす。明治大学在学中、交換留学生として台灣大學へ。帰国後、芸者見習いを経てお座敷デビュー。’15年、会員制のお茶屋さろん『KaShiMA』をオープン。芸者とお店と二足のわらじで奮闘中。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング