働く私たちの便利な助っ人!スーツ代わりの「セットアップ」まとめ

2018年6月12日
春から夏に向かい暑くなるこの時季、働く女性たちを悩ますのが、“スーツ問題”。そこで注目なのが「セットアップ」。スーツほど暑くないのにきちんと感が演出できて、いくつも持てるコスパのよさも利点。この季節におすすめの、優秀な新定番をクローズアップ!

1/11

2/11

3/11

4/11

5/11

6/11

7/11

8/11

9/11

10/11

11/11

「ビジネスランチにはトップスとパンツのセットをライトスーツ感覚で」

わずかにグレーがかったペールトーンの色みが上品。ウエストインもアウトもできる、ベストな着丈のトップスは、ふんわりシルエットで大人を美しく見せる。袖のスリットからのぞく素肌が装いに抜け感を与え、タック入りのきれいめパンツを合わせることで、仕事にふさわしいきちんと感が生まれる。ブラウス¥30,000・パンツ¥25,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) バング¥141,000・ブレスレット¥78,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥117,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)靴¥74,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
「トップスにジャケットとタイトスカートをプラスして、クライアントとの打ち合わせに」

トップス一枚でも十分エレガントだが、さらにテーラードジャケットを合わせれば、会議やビジネス相手との会合にも出席できる、凛とした雰囲気になる。ボトムはタイトスカートを選んで、シャープな女性らしさを表現。ブラウス/P.130と同じ ジャケット¥79,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) スカート¥15,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ピアス¥397,000・時計¥945,000・バングル¥141,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥170,000/マルベリージャパン(マルベリー)
「シンプルボトムをドレッシーブラウスに合わせてレセプションに出席」

ウエストがゴム仕様になっていて、あえてベルトのように見せても着られるテーパードパンツは、ウエストのタックがおなかまわりをすっきり見せて。ネイビーのボウタイつきブラウスとミニバッグを合わせて、ドレスアップもお手のもの。パンツ/P.130と同じ ブラウス¥20,000/エプタモーダ(エンビ)ピアス¥68,000・リング¥88,000/ショールームセッション(ヒロタカ) バッグ¥165,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
「堅いイメージの黒のセットアップに、Aラインでほどよい甘さをプラス」

ブラウスはAラインなので、黒でもどこかフェミニン。こんなふうにすそを出してもよく、ウエストインしてシャープに着こなすこともできる。腰まわりにゆとりのあるタック入りパンツは、股上が深く締めつけ感がなく、オフィスワークの日にも最適。
ブラウス¥34,000(YOKO CHAN essence)・パンツ¥37,000(YOKO CHAN)/以上YOKO CHAN メガネ¥29,000/ブリンク ベース(クレイトン フランクリン)ピアス¥60,000/チェルキ(ギャレッタ) 時計¥1,030,000/IWC ブレスレット¥280,000/アルテミス・ジョイエリ(アルテミス・ジョイエリ) バッグ¥75,000/アノア(リビアナ・コンティ) 靴¥88,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
「夏に役立つノースリーブタイプ。ボルドーなら華やかかつ個性的に」

ボルドーのセットアップは、トップスがノースリーブなので、ジャケットの中に着てももたつかず、夏の仕事服のインナーにも便利。しっかりとした厚手素材のストレッチ入りで、しわや着くずれも気にならない。白ステッチが効いたクロップトパンツはオフタイムにも活用できそう。
トップス¥32,000・パンツ¥37,000/ビームス ハウス 丸の内(アンスクリア) カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ピアス¥66,000/ドゥロワー 青山店(ソフィ ブハイ) バッグ¥236,000・靴¥86,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
「"できる女" ムードがねらえる、シックなカシュクール風デザイン」

共布リボンがアクセントになったブラウスと、ストレートのクロップトパンツの組み合わせ。レーヨンの上質な光沢とドレープ性をあわせもち、肌ざわりのよさとしわになりにくい仕上がりが仕事向き。
ブラウス¥39,000・パンツ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ジャケット¥68,000/ビームス ハウス 丸の内(チノ)バッグ¥325,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥76,000/ジャンヴィトロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)
「ビジネスにも改まった席にも。上品コンサバなペプラムシルエット」

マットな質感のしなやかなジョーゼット素材のセットアップ。上品な印象のペプラムシルエットのトップスがヒップラインをカバー。パンツはバランスのとりやすい九分丈のワイドクロップト。
プルオーバー¥30,000・パンツ¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクスビームス) スカーフ¥7,000/ADORE(アドーア) バッグ¥230,000/TASAK(I TASAKI)靴¥95,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
「スリットがデコルテ&腕を美しく。淡色は着やせデザインがカギ」

デコルテと二の腕を華奢に見せる、スリット入りのブラウスと美脚シルエットのセンタープレスパンツ。膨張して見えそうなオフホワイトでも、体をすっきり見せる工夫がつまった、こんな上下なら怖くない!
ブラウス¥23,000・パンツ¥27,000/三喜商事(マレーラ) サングラス¥51,500/ブリンク ベース(マイキータ) 手に持ったコート¥38,000(エーケーワン バイ エッフェ ビームス)・スカーフ¥28,000(キンロック)/以上ビームス ハウス 丸の内 バングル¥705,000・リング(太)¥168,000・リング(細)¥84,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
「清涼感があってエレガント。淡色ならワイドボトムも軽やかに」

これからの季節に重宝する清涼感のあるカラー。トップスはゆとりシルエットの短め丈なので、このくらいワイドなパンツともバランスがとりやすい。シャリ感のある素材の1枚仕立てが涼しく、シンプルながらエレガントな雰囲気に装える。
ブラウス¥23,000・パンツ¥26,000/ADORE(アドーア) ピアス¥90,000・ネックレス¥66,000・リング¥155,000/ショールーム セッション(マリハ) 時計¥750,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー) バッグ¥395,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥96,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
「シルキーな質感のクリーム色が映える、大人のプリーツが新鮮!」

ほどよい光沢とシルキーな風合いが上品なブラウス&ロングスカート。ブラウスは前後差のついた長めの着丈で、すそを出しても着られるつくりに。ロングのプリーツスカートと合わせたクリーンな雰囲気も新鮮。
ブラウス¥26,000・スカート¥42,000/ebure(エブール) メガネ¥28,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥365,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥75,000/エストネーション(ニナ リッチ)
「ドレープ使いで魅せる、好感度の高いピンクベージュ」

ウエストのドレープ使いやピンクベージュが華やかで、パーティなどにも出席できるフェミニンなセットアップ。スカートがタイトなので、甘くなりすぎず、ジャケットをはおれば、お堅いビジネスの場でも通用。
ブラウス¥22,000・スカート¥24,000/wb(ダブルビー) ジャケット¥48,000/エプタモーダ(エンビ)バッグ¥160,000/マルベリージャパン(マルベリー) 靴¥76,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

What's New新着記事

  • 旬ブランドvs王道ブランドで「トレンチ」対決! 間違いない名品7

    ここしばらく遠ざかっていたという人も、この秋は“今の気分”のトレンチコートを更新してみては? スタイリスト・村山佳世子さんがアラフィーにぴったりな、旬ブランドと王道ブランドの名品を厳選してご紹介!

    ファッション

    2018年11月16日

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

  • おしゃれプロが指名! 使えるのは「このブランドのミニポシェット」

    両手が空くミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、展覧会めぐりや旅先でも大活躍。毎シーズン展示会等でいち早くトレンドをキャッチしているエクラ撮影スタッフにも、ミニポシェットにハマる人が続出。それぞれのお気に入りアイテムを理由とともにご紹介します。

    ファッション

    2018年11月11日

  • コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

    アウターがマストになってきたら、“コートを着るから”とつい中身のおしゃれを手抜きしていない? コート姿も、コートを脱いでもステキに魅せるベストマッチングなコーデを、4つのシーン別にご紹介!

    ファッション

    2018年11月8日

FEATURE
ランキング