シルエットにひびかず、暖か! ニットのためのインナー講座Q&A

ゆったりとしたシルエットから薄手のものまで、今シーズンも様々なデザインが登場しているニット。大人のニットをよりきれいに見せるアイテムや、あったか高機能下着、体型をさりげなくカバーする一枚まで、アラフィーのリアルな声にお応えしたこの冬の最適インナーをご紹介します。

Q.薄手のニットでも十分に暖かさをプラスしてくれるインナーの最新は?(イベント会社勤務・47 歳)

A.アウトドアブランドの高機能性と敏感肌にも優しいインナーが人気

雪山などで命を守ることを目的に作られているアウトドアブランドには優秀なものがたくさん。ハイテク機能で高い保温効果を期待できるが、街で使用するなら薄手のものを選んで。また化学繊維で肌が乾燥したり荒れてしまう人は、コットンやシルクをチョイス。実は保温効果が高く肌に優しい。
シルエットにひびかず、暖か! ニットのためのインナー講座Q&A_3_1

mont-bell(右)

薄手素材で襟まわりを広くとっているので重ね着がしやすく、ふだん使いしやすい。保温性の高さに定評がある。「スーパーメリノウールL.W.Uネックシャツ」¥4,400/モンベル・カスタマー・サービス(モンベル)

THE NORTH FACE(左)

高い保温性をもつアンダーウエア。消臭機能もあり意外と汗をかく冬の室内でも活躍。「ロングスリーブウォームクルー」¥5,200/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス)
シルエットにひびかず、暖か! ニットのためのインナー講座Q&A_3_2

Hotcott

コットン素材ながら保温効果が高く人気上昇中。長袖やハイネック、ブラトップなどバリエーションが多く安価なのも人気の理由。インナー¥917/ベルメゾンコールセンター(ホットコット)
シルエットにひびかず、暖か! ニットのためのインナー講座Q&A_3_3

VIRINA

ヒップまで包み込む長めの着丈で腰まわりを冷やさない。ゆったりとしたルーズなニットから見えても恥ずかしくない、ほどよく光沢のある上質コットンを使用。キャミソール¥6,600/ヴィリーナ 広尾本店(ヴィリーナ)

What's New

Feature
Ranking