【エクラ華組のベージュコーデ5選】トップスにベージュを取り入れて女性らしさを演出

いつものコーデに取り入れるだけで、旬な着こなしに見える「ベージュ」。甘めのスタイルにはもちろん、カジュアル服にも女らしさや品を足してくれます。おしゃれに敏感なエクラ華組のみなさんは、ベージュをどのように取り入れているのでしょうか。

1.襟元がポイント!無印ベージュセーター

無印のウールリネンのセーターとオフホワイトのワイドパンツ

無印のウールリネンのセーターとオフホワイトのワイドパンツ。ポイントは首元にチラリと見える白Tシャツの襟! ボトムを替えてエクリュカラーのフレアスカートにすれば、カジュアルフェミニンスタイルの完成。外出する時はゴールドベージュのライダースを羽織って。

2.着回し抜群!ベージュのざっくりニット

deuxieme-classeの麻&シルク素材の大きめのざっくりニット

deuxieme-classe」の大きめのざっくりニットに麻のパンツを組み合わせた、ベージュ×ベージュのワントーンコーデ。同じ麻素材のフレアスカートやデニムにも合わせやすく、着回し力抜群。後ろの細かいディテールが可愛く、気になる腰回りもすっぽり隠してくれます。

3.シーズンレスで着心地最高のベージュカーディガン

マキシスカートに合わせるだけでコンサバ感が消えて新鮮に

SLOANE(スローン)のシルクカーディガンに、マキシスカートを合わせるだけでコンサバ感が消えて新鮮に。インナーにはユニクロのTシャツ、スニーカーはコンバースをチョイス。ちょうどよい丈感でスニーカーを組み合わせても失敗なし。

4.黄色味が強すぎないベージュでワントーンコーデ

ホイップベージュのレザージャケット

着こなしが難しいライダースも、ホイップベージュなら女性らしく柔らかな印象にピンクベージュのシフォンマキシとあわせてベージュのワントーンコーデの完成。レザー×シフォンは、コンバースで外すのがポイントです。

5.コンサバになりすぎない「ZARA」のセットアップ

入学式に着用しようと購入したZARAのセットアップ

トップスとボトムスともに「ZARA」で揃えたベージュコーデ。素材感が似ている上下バラバラのアイテムをセットアップ風に。単品で着ても、セットアップにしてもよく、着回せるのがいいところ。サイドからのシルエットも美しく、しゃれ見えをかなえてくれます。

 

What's New

Feature
Ranking