50代の夏のおしゃれは『大草カジュアル 』新しいファッションスタイルを大草直子さんが指南!

スタイリストをはじめ、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクターとしても活躍する大草直子さん。リモート生活を経て大草さんが見直したこと、考えを新たにしたこと。または変わらないポリシーは何?新しい「大草メソッド」が生まれ、真に使える新しいスタイル「大草カジュアル」をお教えします!

 

スタイリスト 大草直子

スタイリスト 大草直子

おおくさ なおこ●スタイリスト、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。スタイリストとして活躍するほか、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のNEW BASIC STYLE』のほか、インスタグラムも人気。Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

 
①新しくなった「大草メソッド」の夏のおしゃれとは?

「リモート生活を経て、さらに前進したアイデアを公開します!」ー大草直子

オール自宅で撮影!
大草直子さんと自宅の様子
ブラウス¥21,000/ロペ エターナル(ロペ エターナル) デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・ブレスレット¥189,200(ハム)/以上エスケーパーズオンライン リング¥210,000/マリハ(マリハ)
大草さんの自宅

“自分に一番心地よいスタイル”を再発見

3月頭から6月まで。2020年のこの3カ月を、私たちは決して忘れないでしょう。

不安、いらだち、孤独、そして感謝と愛。こんなにもたくさんの気づきを与えてくれた春はなかったと思います。私自身も生き方や価値観を見直し、生きていること、生きていくことに対して、揺さぶられるような思いを実感しました。同時に、「おしゃれをすること」「装うこと」の意味も深く考えました。

きっと最初はみんなも、「家にいることもあまりないから、何もしない休日にしよう」と、パジャマのような家着で過ごし、そのあと、「これはきっと長く続く。自分をモチベートするためにも、自宅にいても気分の上がる服を着よう」と、きちんとメイクもして、気持ちも表情もアップするようなワンピースやブラウスを選んだのでは。そう、自分自身のマインドを整えて持ち上げてくれる――“メイクアップ(化粧する)”の意味をもつ、スタイリングに変わっていったのではないでしょうか。

そうして、いよいよ自宅とその周辺にいることが長く重なったとき、「服を選ぶ」「今日の一枚を手にとる」。そのことの基準がはっきりと、自分の手の中に移ったことを感じたのは、きっと私だけではないはずです。

大草さんの自宅の一コマ
「人にどう思われるか」「きちんと見えなくては」「ファッションにお金と気をくばっているように映らないと」――。おしゃれをすることにまじめであればあるほど、他人の目をコーディネートの判断基準にしていた人も多いと思います。そう、他人軸を中心にしたスタイルです。でも、このタイミングで「あれ、自分が心地よい、リラックスできる、楽に思えるということを置き去りにしてなかった?」と気づくことができたのです。

家で洗えるワンピース。口紅のように「私のモチベーションにダイレクトに働く」女性らしいトップス。歩きやすくて実用的なフラットサンダル。もしかしたら「カジュアルすぎ?」と思っていたスタイルが、新しい日常にフィットしているだけでなく、自分の新たな一面も連れてきてくれたかもしれません。

あの3カ月で、他人軸(客観性や社会性)と自分軸(好みや主観)、両方をしっかりホールドすることができたのなら、きっとこれから先の、私たちのコーディネートやスタイリングは、むしろとても安定するでしょう。
大草さんの自宅の様子
このことを踏まえて、今回も、たくさん読者のかたがたからいただいたご質問(ありがとうございます!)にお答えしています。撮影も自宅で、そして最少人数で行いました。25年間この仕事をしていますが、こんな体験は初めてでした。でもだからこそ、今の気持ち、今の状況を映した、リアルなページになったのではないかな、と思っています。

昨年とも、前回の5月号のテーマとも、また違った視点が入ったお答えになっているはず! このことは、私にとってもとても新鮮でワクワクすることでした。

多くの人たちに支えられている日常、そしてそのうえに、敬意と感謝とともに存在する「おしゃれ」。こんなに愛おしく、喜ばしく、楽しい「おしゃれ」を、このテーマとともに新しく始められたらよいなあ、と思います。

 
②大草さんのこの夏のスタイル、ズバリ教えて!

「洗える才色兼備ワンピース」「フェミニントップス×デニム」「ロゴTシャツ×女神スカート」の3択が新しい基準に!

「きちんとおしゃれをしてしかるべき場所へ、というよりもご近所や2、3駅先くらいでランチを。そんなイメージの服が本当に使えます。気の張ったおしゃれには違和感があるし、かといってあきらめたような印象になるのも望むところではありません。ちょうどいい“心地よさ”を追求した先にあったのが、この3つのパターンです。今の本音に応えてくれます!」

【洗える才色兼備ワンピース】

洗える才色兼備ワンピースコーデの大草直子さん

「立体的なフォルムで、全方位どこから見ても美しいものがおすすめ。一枚で絵になるから!」

ワンピース¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ネックレス(ターコイズ)¥75,000(ハルポ)・リング¥77,000(ソフィー ブハイ)・バッグ¥52,000(ポステレガント)/以上エスケーパーズオンライン バングル¥13,000/ロペ エターナル(ローレン マヌーギアン) 靴¥75,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー)

こんな着こなしも!
洗える才色兼備ワンピースの別コーデ

「風通しがよく、一枚で形をつくってくれる、もはや夏に欠かせないワンピース。色や着丈、デザインもですが、毎日着たいから、お家で“洗える”ことにまずはこだわりたい。これは綿とポリエステルの混紡で張りのある素材。合わせる小物と足もとの靴のイメージでカジュアル度を調整します」

ワンピース¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) キャップ¥6,800/ロペ エターナル(ホリデイ ボワロー) サングラス¥4,400/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バングル¥72,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) バッグ¥12,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥12,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

【フェミニントップス×デニム】

フェミニントップス×デニムのコーデ
「デニムの立ち位置も変わりました。もはや“ハズし役”ではなく、動きやすいし、洗えるし、ととことん理にかなった主たるアイテムであることを再実感。そして、トップスはぐっとフェミニンに。シンプルなTシャツではかなえられない大人の本音に寄り添うバランスです。リモート映えも」
ブラウス¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) デニムパンツ¥7,700/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ネックレス¥24,000・バングル¥32,000/エスケーパーズオンライン(マリア ブラック) バッグ¥145,000/ハウント代官山(ゲストリスト/ザンケッティ) 靴¥49,000/ヒラオインク(クレジュリー)

ロゴTシャツ×女神スカート

ロゴTシャツ×女神スカートコーデ

「“女神スカート”と名づけたのは、繊細なドレープがあって足さばきが女性らしい、そんなイメージのマキシ丈のスカート。トップスはインして重心を引き上げたいので、ロゴTシャツを。このバランスなら、きれいめからビーチサンダルまでのフラット靴が自在に取り入れられて、より快適!」
Tシャツ¥6,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) スカート¥24,000/カデュネ(カデュネ) サングラス¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ピアス¥11,000/ハウント代官山(ゲストリスト/フィリップ オーディベール) バッグ¥33,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥25,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(スペルタ)

 
③大草さん厳選のフェミニントップス×デニム

「軸になるデニムはシルエットを見直してみましょう。フェミニントップスは、表情も気持ちもメイクアップしてくれます。シンプルなワンツーコーデでも、大人のカジュアルスタイルにちょうどいい華やぎを、ちゃんと添えてくれるんです」

【Denim】
「デニムはミッドライズが断然おすすめ! おへその下くらいに納まるのがちょうどいい位置。視線が上にくるので脚も長く見えます。太ももはゆとりがあって、すそに向かって細くなるテーパードシルエットを。合わせる靴にも迷いません」

フェミニントップス×デニムコーデの大草直子さん
「トップスはボタン位置でインさせて。縦の直線が強調され、脚がより長くすらりと見えます!」

ブラウス¥17,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) デニムパンツ¥19,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レッドカード) ピアス¥69,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) リング(左手)¥68,000(ヒロタカ)・リング(右手)¥32,000(マリハ)/以上ショールーム セッション バングル¥59,000/アダワットトゥアレグ バッグ¥208,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥84,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
アッパーハイツのデニムパンツ

「こなれたカジュアルにははき慣れたようなブルーを」

ていねいな加工を施し、まるではき慣れたデニムのようなフェード感のある表情に仕上がった一本。よりカジュアルな雰囲気に着こなせる。

デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ)

ヘルシーデニムのデニムパンツ

「ニュアンスのある黒なら夏でも重たくなりません」

表情ある黒が夏の装いにマッチ。柔らかで、デニムとは思えないストレスフリーなはき心地も、汗ばむ季節にうれしい。

デニムパンツ¥14,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム)

セオリーのデニムパンツ

「ホワイトデニムの清潔感は夏にこそ効果大!」

真夏のホワイトデニムは清潔感もあって涼やか。きちんと感も加えてくれるから、ちょうどいいカジュアルバランスがかなう。

デニムパンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 
 
【Feminine tops】
「年齢を重ねた今のデニムスタイルは、女っぽさを気持ち増量させるくらいのほうが余裕があって素敵。気持ちを上げてくれる色、うっとりするような透け感、揺れる素材、そしてフォルムのあるデザインを気楽に楽しむのが正解!」

フェミニントップスコーデの大草さん
「ふんわりと透け感のある素材は万能!少しグレーみを帯びたニュアンスカラーも大人向き」
ウィム ガゼットのブラウス

「サーモンピンクで気持ちも顔色もトーンアップ!」

マイルドでヘルシーなサーモンピンクが印象的。ボリュームのある袖と襟もとから生まれる美しいドレープで、着映え感も抜群。

ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)

カデュネのカットソー

「シンプルな白は、フォルムのあるデザインで洗煉させて」

白Tシャツの延長で取り入れられるカジュアルさを保ちながら、ふっくらと丸みが生まれる立体的な袖がほどよい甘さを添えて。

カットソー¥15,000/カデュネ(カデュネ)

ヴェルメイユ パー イエナのブラウス

「透ける素材もカジュアルに◎。ドット柄も大人顔に」

黒地に白のドット柄も、透ける素材でぐっと軽やかでセンシュアル。たくし上げると袖にボリュームが生まれるデザイン。

ブラウス¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ)

辛口な印象のピアス
「辛口な印象のピアスをつけると、トップスの甘さを少しマイナスできて、おすすめ!」
(上から時計回りに)ピアス¥30,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) ピアス¥78,000(シリル)・ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)/以上エスケーパーズオンライン

 
④大草さんも愛用中の「洗える才色兼備ワンピース」

「自宅にいる時間が増えると、“洗える”ことのコンフォートさも実感。気負いなく着回したいワンピースこそ、ウォッシャブルが選択の基準になりました。小物はレザーの硬さが加わったもので、少しだけ“きちんと感”を。そのぶん、足もとに抜け感をつくって」
サルヴァトーレ ピッコロのワンピースコーデ

「インポートならではの、鮮明でクラス感のあるブルーを主役に。ベージュ小物で品よく」

やや厚手のリネン100%素材で透け感も気にならず、一枚でさらりと着こなせるから汗ばむ夏にもぴったり。心ときめくような美しい色、細部に仕立てのよさが光る、イタリアンメイドらしい瀟洒(しょうしゃ)なたたずまいが魅力的。

ワンピース¥40,000/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) サングラス¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ネックレス¥15,000(キャッツ)・靴¥45,000(ブレンタ)/以上カオス新宿 バッグ¥37,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック)

マルティニークのワンピースコーデ

「有機的なチェック柄と、アシンメトリーなすそが装いをよりいっそうドラマチックに」

前後2WAYで着回せる秀逸ワンピースは、コットン100%。特殊な加工を施すことで美しい落ち感が生まれる仕掛けが。

ワンピース¥34,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) ハット¥53,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) リング(上)¥96,000/ショールーム セッション(マリハ) リング(下)¥420,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(メゾン エヌアッシュ パリ) 靴¥24,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ)

カデュネのワンピースコーデ

「マーメイドラインを描く美しい一枚は、全身の色を整えて、女性らしく優しげに」

ボタンを上までとめても、2つほど開けて抜け感をつくっても、どちらも女性らしい雰囲気がまとえる。リネン100%のドライな素材感が、デザインの甘さをほどよく引き算。

ワンピース(インナーキャミソールつき)¥30,000/カデュネ(カデュネ) ピアス¥78,000/エスケーパーズオンライン(シリル) リング¥160,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥81,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

お気に入りのフラットシューズ
大草さんのフラットシューズ

「足もとはほぼフラット。大げさにならないのもいいところ。色もデザインも、足先こそ自由に遊んでいいと思います」

すべてフラットでもおしゃれ度は妥協なし。

靴(右から)エルメス・セルジオ ロッシ・ラオコンテ・ロジェ ヴィヴィエ・スペルタ/すべて大草さん私物

 
⑤大人の救世主!ロゴTシャツ×女神スカート

いつもの「Tシャツ×スカート」も見直しを。Tシャツは目線を集めてくれるゆとりのある『白地のロゴT』。スカートは、すっきり見えとフェミニンを両立した新しい『女神スカート』が大人の救世主に。そのセットがあればパーフェクト!
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます

「ボリュームが抑えられたウエスト、透け感のある光沢素材。今の気分が全部入ったスカートを小物でより印象づけて」

ロゴTシャツ×女神スカートコーデ

Tシャツ¥24,000/マディソンブルー スカート(ペチコートつき)¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥12,000・リング¥11,000/アダワットトゥアレグ ブレスレット¥28,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥58,000(ザンケッティ)・靴¥68,000(エマ パーソンズ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 青山店
 
【Logo Tee】
「ロゴTは重心を引き上げてくれ、ほどよくカジュアル感も。色よりも、顔を明るく引き立てる清潔感のある白ベースが正解!」

アッパーハイツのTシャツ

ラグランスリーブで、よりカジュアルな印象に。

Tシャツ¥8,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アッパーハイツ)

ロペ エターナルのTシャツ

細めのリブで首もとを繊細に演出。きれいめな着こなしにもマッチ。

Tシャツ¥9,000/ロペ エターナル(ロペ エターナル)

レプティベーシックのTシャツ

鮮やかな赤いフォントのロゴで、差がつく一枚。

Tシャツ¥8,000/新宿髙島屋シーズンスタイルラボ(レプティベーシック)
 
【Venus Skirt】
「ウエストラインは高めをキープ。すそにかけて広がるマキシ丈の『フィットアンドフレア』スカートならパーフェクト!」

ウィム ガゼットのスカート

とろみ素材の明るいベージュで、軽やかに女っぽく。

スカート(ペチコートつき)¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)

ジャーナル スタンダード レサージュのスカート

ビターな麻のブラウンがシック。すそにボリュームが生まれる美シルエット。

スカート¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます

What's New

  • 【2020秋冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ZARA』高見えコーデ特集

    ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、スニーカーコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

    ファッションまとめ

    2020年10月29日

  • 【2020秋冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ユニクロ・GU』高見えコーデ特集

    ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

    ファッションまとめ

    2020年10月29日

  • 【50代最強コーデ】アイテム別「品格ワンツーコーデ」上下2アイテムでおしゃれが完成!

    おしゃれがどんどんシンプルな方向に進んでいる今、重要なのは、間違いのないアイテム選びとその組み合わせ方。この秋は厳選されたシンプルな2アイテムを使って、鉄板のコーディネートを3パターンだけ習得。ひとつひとつの上質さやシルエットを吟味し、それほど足したり盛ったりすることはせずとも、さりげない女らしさと品格を漂わせたい。アラフィーがもっと輝くおしゃれをワンツーコーデで簡単に!

    ファッションまとめ

    2020年10月27日

  • 【働く50代女性】働くスーツをもっと素敵に着こなすテク

    堅い印象に見える、着こなしがマンネリ化してしまうなど、働く女性のスーツに関する悩みは多い。雑誌や広告でのスタイリングのほかに、エグゼクティブ女性のパーソナルスタイリングも手がける、スタイリスト・戸野塚かおるさんが、アラフィー女性のスーツ姿をもっと素敵に見せるテクニックを伝授!

    ファッションまとめ

    2020年10月26日

  • ダウンコートで冬支度!50代が似合うダウンをチェック【ファッション人気ランキングTOP10】

    ウェブエクラ週間(10/12~10/18)ランキングトップ10にランクインしたファッション人気記事をピックアップ!ランキングを見れば、アラフィー女性たちが今一番気になる旬のアイテムや着こなしがわかる!早速チェックして。

    ファッションまとめ

    2020年10月24日

Feature
Ranking