ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

【50代の選りすぐり化粧水】感触・香り・使い方で心と肌が満たされる美容法

使っていない人はいない、というくらい、日本女性なら誰もが大好きな化粧水。感触や香りを吟味し、何を選ぶかも大切だけれど、アラフィー世代にとっては、どう使うかも大切。アラフィー女性の肌と心を癒す「化粧水でのお手入れ方法」や効果を実感できる逸品を、美容ジャーナリスト・倉田真由美さんがご紹介。

 

 
①倉田真由美さんが語る肌と心を癒すお手入れ方法

“化粧水を使う、というプロセスは、大人の肌と心を癒す最上級の美容法”

ー倉田真由美

究極の“自己愛”化粧水
さっとつけて終わり――。簡単で合理的なお手入れがいい、と思っていたときもあった。利便性こそが正義と信じて疑わなかったこともある。けれど、手早くできてしまうなんて、実は味けないことなのかもしれない、と思うようになった。自分と向き合い、生きていることを確かめるようにスキンケアをすることは、大人になった今だからこそできること。そして、私たち日本人の嗜好性に最もフィットする化粧水なればこそ、化粧水を使う、というプロセスそのものを楽しむこともできるはず。

例えば、みずみずしさの中にわずかなとろみのある化粧水なら、手のひらに直接とり、ゆっくり肌全体を包み込んで。保湿と角質ケアが同時にできるハイブリッド機能をもつ化粧水なら、コットンにたっぷり含ませ、肌の上を優しく滑らせながらなじませる。ここ最近、人気を集めているミストタイプの化粧水は、顔から少し離して、ふわっと霧を広げ、顔と髪に浴びるように。いずれも目を閉じ、ゆっくりとした動作で、それぞれの心地よさを五感で感じ取るようにしてみる。手のひらやコットンの感触、香り、化粧水そのものの存在……。肌が喜ぶだけではなく、気持ちや感性までがみずみずしく潤い、クリアになっていくような気がするから侮(あなど)れない。

元来、私たち人間には、子供やペットなど、何かをかわいがりたい、という本能と、誰かからかわいがられたい、という本能の両方がある。気持ちをこめたていねいなスキンケアは、そのどちらの欲求も満たしてくれる最上級の習慣。自分の肌を愛(め)でることにより、自分が愛されていることを感じられ、肌も気持ちも満たされる。脳からは幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌され、血流や代謝が本来あるべきバランスに整っていく。

お気に入りの化粧水を使いながら、鏡の中の自分に声をかけてみるのもいい。「今日もがんばったね」「肌の調子、なかなかいいじゃない」。自分に対する労いやほめる言葉を声に出すことで、脳がそれを認知。肌にも体にもいい影響が及ぼされるといわれている。

自己愛というと、自分好きのナルシストのようでもあり、気恥ずかしくも感じる。けれど、自分を大切にすることほど前向きなことはない。長い間、がんばってきた肌だもの、これからは、うーんとかわいがり、いたわってあげよう。丹精こめてつくられた選りすぐりの化粧水が、大人の女性ならではの自己愛を優しく、力強く後押ししてくれる。

 
②手のひらで包み込んで整える

バシャバシャとした化粧水も気持ちいいけれど、大人の肌には、ほどよいコクやとろみも必要。しっかり肌を潤すことで、ハリやなめらかさが変わってくるから。けれど、ただつけるだけではダメ。手のひらにとったら、手のひら全体で肌を包み込み、ゆっくり、じっくり押し込むのがコツ。目の下や小鼻のわきなど、細かいところは指の腹を使って。肌がもっちり整ってくると、なじませている手のひら自体も気持ちよく感じられる。

B.A ローション

ポーラのB.A ローション

エイジレスな肌細胞を育む

線維芽細胞の遺伝子のスイッチをオンにする機能を化粧品業界で初めて発見。エイジレスな状態に整えることで、ハリをつくるネットワークが拡張。内側から押し上げるようなパンとしたハリが蘇る。

60ml ¥11,000・120ml ¥20,000(ともに9月11日発売)/ポーラ

フローラドリップ

アルビオンのフローラドリップ

発酵パワーで肌の調子が上向く

白神産の5種の厳選植物を、純白麹「しらかみ」で発酵させた化粧液。トロッとした濃縮感がありながら、ひたひたと肌に入り込む絶妙な使用感。使うほど、肌の調子がぐんぐんご機嫌になっていく!

〈化粧液〉 80ml ¥7,000・160ml ¥13,000/アルビオン

エスト ザ ローション

エストのエスト ザ ローション

保湿力命。乾き肌がみるみる潤う

過酷な環境下でも潤い続ける成分、エクトインを配合。角層細胞のケラチン線維の隅々まで水分が行き渡り、抱え込んだ潤いがしっかり保たれる。何を使っても潤った気がしない、というエクラ世代にふさわしい理想的なテクスチャー。

140ml ¥6,000/エスト

 
③コットンを滑らせて清める

古い角質を取り去りさえすればくすみが晴れていたころとは異なり、今やさまざまな要素が影響しているエクラ世代の肌。停滞しがちなエネルギーや新陳代謝、肌の酵素バランスを整えるアプローチは、化粧水だからできること。同時に、保湿やエイジングケアもしてくれる優秀な化粧水を味方につければ、日に日に肌が清められていくようなよい兆しが! 毛穴などの凹凸(おうとつ)がないなめらかな肌になると、確実に見た目の印象が若々しくなる。

プレステージ ラ ローション エッセンス

パルファン・クリスチャン・ディオールのプレステージ ラ ローション エッセンス

くすんだ肌にエネルギーを

生命力あふれるグランヴィルローズの蕾から抽出したファースト エッセンスとローズオイルが、肌のエネルギーを活性化。外的ストレスによる炎症を抑えて新陳代謝を助け、ツヤと透明感をアップ。

150ml ¥15,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

サブリマージュ ラ ローション ルミエール

シャネルのサブリマージュ ラ ローション ルミエール

明るく輝くハリとなめらかさ

環境に配慮した農法で栽培された希少な植物、アンティリスとヴァニラ プラニフォリアの有用成分を配合。不要な角質を優しく取り除くAHAにより、ただ明るいだけではない、内側から光り輝くなめらかな肌へと導く。

125ml ¥15,500/シャネル

クラリフィック デュアル エッセンス ローション

ランコムのクラリフィック デュアル エッセンス ローション

肌の酵素バランスを正す

「永遠の若さを保つ」とされるヨーロッパブナの芽を特殊な方法で安定配合。3%のオイルと97%のエッセンスを使う直前にシェイク。角質層の酵素の働きを正して、くすみや毛穴の開きのない肌に。ハンドプレスで使用するのもいい。

150ml ¥11,000/ランコム

 

 
④香るミストに包まれる幸福感

若い人のもの、と思うことなかれ。ミストタイプの化粧水の魅力は、いつでもどこでもメイクの上からも使え、ベールのようになって日中の肌ダメージから守ってくれる点。しかも、思わず深呼吸をしたくなるほどいい香りが、交感神経を鎮め、癒しや安らぎをもたらしてくれる。外出先ではもちろん、家にいる日も気分転換や、忙しいときの“とりあえず保湿”に最適。一本は持っていることが、新しい生活様式を豊かにする。

コンフォート デイミスト セット&プロテクト

コスメデコルテのコンフォート デイミスト セット&プロテクト

日中の肌をもっと心地よく

霧のように繊細なミストが、柔らかなべールとなってフィット。ウォータープルーフ効果で、朝のベースメイクをキープしつつ、日中の外的ストレスからガード。バッグにしのばせやすいコロンとした小ぶりなフォルムもかわいい。

60ml ¥3,000/コスメデコルテ

ゆず オイルインウォーター

SHIROのゆず オイルインウォーター

センティッド ハイドレイティング ミストGC

センティッド ハイドレイティング ミストGC

すがすがしさとツヤを極める

日本産のサンショウエキス、アシタバエキスなどの美容成分をたっぷり配合。ミストでありながら、すばやい浸透感と高い保湿感が得られる心強さがあり、ジンジャー&シトラスの清涼感あふれる和風の香りに心身がほっこり和む。

60ml(限定品)¥5,000/SUQQU

チューニングアロマミスト SP01

チューニングアロマミスト SP01

肌と心をアクティブに潤す

これひとつで、フェイスにもボディにも使えるライトなアロマミスト。レモンやコリアンダーなどによるスパイシーな香りが、だらけがちな肌と気分をシャキッとさせるから、運動のあとやアウトドアでのリフレッシュに使いたい。

100ml(限定品)¥2,800/アスレティア

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking