離れて暮らす親との付き合い方「実家のデジタル化」リモートでコミュニケーションをとる方法

コロナ禍で、離れて住む親になかなか会えない人も多いはず。リモートでのコミュニケーションや見守りの必要性が高まってきた今こそ、実家のデジタル環境を整えて、快適で安全に、家族の絆を深めたい。
教えてくれた人
小菅秀樹さん

小菅秀樹さん

「LIFULL 介護」編集長。介護施設検索サイト「LIFULL 介護」を運営し、介護・老後の不安に寄り添う情報収集、コンテンツ制作を行っている。

 
①リモートでの親とのつきあい方

親の気持ちを尊重しつつなるべく早くデジタル化を

「現代のデジタル化の波は、世代にかかわらず避けようがないもの。高齢の親世代の暮らしにITを取り入れることはもはや必須です」というのは、介護事情や親世代・子世代のかかわりに詳しい「LIFULL介護」編集長の小菅秀樹さん。


「新型コロナウイルスの影響で、直接顔を合わせることがむずかしくなった今、親に介護が必要になる前からビデオ電話に慣れておくなど、親子間のコミュニケーションの質を高めておく必要があります」

下のグラフにあるようにインターネット利用率は7080代も高い。しかし、スマホ保有率となると7034%、80代は11%と低く、高齢者がネットの必要性を感じながらも、デジタルツールの導入に消極的なことがわかる。

グラフ

エクラの読者アンケートでも、親に「ガラケーをスマホに替えたら?」「Wi-Fiの開通工事をする?」などと誘って拒否されたという人が多く見受けられた。「今の70〜80代は物を大切に使う人が多いですよね。昔から使っているものに愛着をもつ一方、新しいものへの拒否反応が強い傾向があるのは確かです。大切なのは、その気持ちを否定しないこと。親の心情に理解を示しつつ、デジタル化は親にとっても便利でメリットが豊富だということを伝えて、上手に説得してみてください」

親の心理的なハードルを理解しながら、子世代が適切にリードすれば、デジタル化でお互いの安心が確保できるはず。次の記事からは具体的な手順や内容について考えてみたい。

デジタル化

アナログな親の心を動かすキーワード

【低コスト】

携帯代も日常生活品も安くなる!

「スマホは高い」と敬遠している親世代も多い。だが格安SIMの利用や中古の端末の購入で、今やお得にスマホなどのデバイスを得られる時代。さらに通販やニュース配信を活用すれば、消費の節約にもなると教えてあげよう。

【便利さ】

孫の顔も見られるし買い物もラク!

デジタル化の最大の利点は、ビデオ通話などを使って密なコミュニケーションがとれること。さらに「重い荷物を持たずに食材を注文できる」など具体的な利点を伝え、まずは実際に子世代のスマホで便利さを知ってもらおう。

【寄り添い】

いつも気にしているよという心遣い

便利なIoT見守りサービスなどを利用することで、子世代が安心できるという気持ちを素直に伝えてみて。「いつも気にかけているんだよ」「私も安心できるから」と子供の寄り添う気持ちがわかれば、親も気分は悪くないはず。

 
②ビデオ通話でコミュニケーション

親がデジタル化に同意してくれたら、環境を整えるのは子の役目。親と話し合いながらベストなツールを探して、便利さを体感してもらおう。

「怒らない・あきらめない」で慣れるまで優しく伴走を

いざ、実家をデジタル化するにしても、どこから始めていいか迷うもの。すでにWi-Fi環境があり、ITツールに詳しければいいが、そうではない場合、親がどれくらいデジタル化に興味をもっているかで導入の困難さは変わる。「本人がスマホを持ってみたいなど、積極的であればいいですが、もし乗り気でないなら無理強いは禁物。まずはビデオ通話ができることを目標にして。一発OKをもらおうとせず、帰省のときや電話の折に少しずつ説得を」
高齢になるほど、画面の小さなスマホを使いこなすのはむずかしい
高齢になるほど、画面の小さなスマホを使いこなすのはむずかしい。子供のスマホで試して、無理そうなら家電やガラケーはそのままで、タブレットやスマートスピーカーを追加する手もある。その際も導入時の初期設定やアプリのダウンロードまでは子供の役目と心得て、伴走する必要がある。「特に複数必要になるパスワードの設定などは、子供も記録しておくほうがいいですね。使いはじめてからもおそらくたくさんの質問がくると思います。私の母も、ビデオ通話の出方や切り方を覚えるのに1カ月かかりましたから(笑)」
 
何度も同じことを聞かれるとうんざりするものだが、「それ前にも教えたよね!」などと怒って親の自尊心を損ねるのはNG。優しくするのに疲れたら、「自分が“サポートセンター”になろうとせず、実家近くのスマホ教室やプロバイダー窓口をつないで、いつでもプロに質問できるように促してみては」と小菅さん。周囲の手も借りて、上手にデジタル化に挑もう。

ビデオ通話にあると便利な「ディスプレイつき スマートスピーカー」

カメラが内蔵されたディスプレイつきのスマートスピーカーは、画面を見ながら簡単に音声でも操作ができると、高齢者に人気。ビデオ通話はもちろん、時間や天気の確認、動画視聴、写真の閲覧などが楽しめる。細かな指先でのスマホ操作が苦手な人にはうれしいツールだ。

 

CLOVA Desk

CLOVA Desk

LINEアカウントとの連携で、既存の連絡先への電話やビデオ通話がスムーズ。¥28,050(税込)/ LINE

 

Echo Show 8

Echo Show 8
ビデオ通話のほかに、ネットショッピング、映画視聴、本の読み上げなどAmazon各サービスが充実。¥14,980(税込)/Amazon.co.jp

 
③スマート機器導入の4ステップ

親と話し合いながらベストなツールを探して、便利さを体感してもらおう。

Wi-Fiルーターを購入するのも手

1.実家のネット環境を確認

デジタル化でまず必要なのがネット環境の整備。通信速度が遅いネットサービスを使っていたり、ネット環境が実家にない場合、一から固定の光回線工事を行うのは費用や手間がかかる。ネットを長時間利用しないなら、まずはモバイルのWi-Fiルーターや、格安SIMフリーのホームルーターをレンタル利用するのもひとつだ。

 

ガラケー&タブレットで慣らすのがコツ

2.親に適したデバイスを探す

固定電話やガラケーに慣れている親は、突然スマホを持つことに抵抗がある場合も多い。そのときはまずタブレット端末を渡して、デジタルツールに慣れさせるのも手。画面がスマホより大きく、文字が読みやすいし操作も楽なので、便利さが伝わりやすい。ガラケー仕様だがネット通信が可能な「ガラケー型端末」も要チェック。

便利さを体感してもらおう

LINEは必須、ほかにも便利なアプリが

3.アプリを入れてあげる

スマホやタブレットの初期設定やパスワード入力などは、慣れていないと非常に煩雑。必ず一緒に行ってあげよう。そのうえで、親が楽しく使えるアプリを入れておくこと。LINEを筆頭に、料理動画、ニュース、ネット通販など、親の趣味や生活に便利なものを入れておけば、楽しみながら、おのずと端末操作に慣れることができるはず。

 

ATMのタッチパネルとは違うから!

4.操作に慣れてもらう

親世代にとって一番の難点は、タッチパネルの扱い方。現代のデジタル機器の多くは指先から軽いタッチで静電気に反応する。だが、ATMや駅の券売機でしかタッチパネルを利用していない世代は、つい力強く画面を押してしまって“タップ”が“長押し”状態になることも。“フリック” “スワイプ”など、最低限の操作はしっかり練習を。

 
④離れて暮らす親の「見守り方」

離れていると、親の「もしものとき」が心配…。デジタル環境が整えば、さりげない見守りもできるように。

見守りに24時間監視はNG。親の尊厳は大切に守って

「親と遠距離で暮らしていると、要介護の段階でなくても、家の中でどう過ごしているか、様子が気になりますよね」と小菅さん。転倒していないか、火の元は無事か、詐欺にあっていないかなど、親のことは心配になるもの。
 
かといって、あまりしつこく注意を促したり、実家に24時間監視カメラを設置したりと、露骨すぎる行動をとるのは、親のプライドを傷つける可能性もあるので注意が必要という。
 
「以前は、見守り用の家電というと室内カメラを設置して、常時、子供がデバイスで動画を確認するスタイルが主流でした。確かに子供からすると安心ですが、実際は、親世代に『監視されている』という拒否反応が強く出て、使用を控える家庭も多かったんです」
見守りに24時間監視はNG
確かに、本来はくつろげるはずのわが家で一挙一動を録画されるのは、心地よいものではないはず。たとえそれが家族にだけ通知されるにしても、快く感じる人は少ないだろう。
 
「常に監視されている緊張感から、親がリビングに行かなくなったという事例もあります。また子世代にとっても24時間動画をチェックするのは、正直負担ですよね。便利なものでも『誰のために、なんのために使うのか』を冷静に考えてから導入したほうがいいかもしれません」

 
⑤役立つ見守りアイテム5選

簡単・便利!5つの役立ちアイテム

 

《1》スマートセンサー(ドア・窓)

ドアや窓の開閉をスマホに連絡

スマートセンサー(ドア・窓)
W40×H75×D19㎜の小型センサーをドアや窓に設置すると、開閉状態をリアルタイムで通知してくれる。長時間開閉がなかったり、不在のはずの時間にドアや窓が開閉されたりすると、すぐに異変がわかるので防犯対策に大活躍。¥2,759/プラススタイル
 

《2》ワイヤレスモニター付きテレビドアホン

住宅用火災警報器とも連動

ワイヤレスモニター付きテレビドアホン
インターホンのカメラつきモニターを通して、家族のスマホとビデオ通話が可能。また留守中の来訪者にもスマホで対応できるほか、火災警報器との接続も可能なので、防犯・防災対策にも効果的。子機もあり。¥80,000前後(市場想定価格)/パナソニック
 

《3》FUKU助

薬の在庫や服薬履歴もお知らせ

FUKU助
ロボット内部に最大1カ月分の薬を保管。時間になると声をかけて、必要な薬を出してくれる。薬の間違いや飲み忘れを防止し、取り出し状況をリアルタイムで家族のスマホに通知する。レンタル初期費用¥17,091・月額利用料¥10,000/メディカルスイッチ
 

《4》ハローライト

今ある電球を交換するだけ!

ハローライト
電球内にSIMがついた画期的なLED電球。毎回の点灯時に即時通信で知らせてくれる防犯機能、長時間の点灯・消灯の有無など日常の異変を察知する見守り機能がある。Wi-Fiがなくても利用できて手軽。初期費用¥9,800〜・月額使用料¥450/ハローライト
 

《5》MaBeee みまもり電池

リモコン操作で安否がわかる

リモコン操作で安否がわかる
テレビや照明のリモコンなど、日常使いの機器の電池として使うだけで、見守りが可能。リモコン等の操作状況を、家族のスマホから専用アプリで確認できるので、ふだんと違う親の行動や生活リズムの変化にすぐ気づける。本体¥2,980・月額利用料¥980/ノバルス

 
⑥実家のデジタル化体験談

親への説得やアイテムの使い勝手など、実家のデジタル化に成功した家庭の体験談を紹介。あなたもぜひデジタル化の一歩を踏み出してみて。

 成功談 

スマホやタブレットでコミュニケーションを円滑に!

●母にLINEのスタンプをプレゼントすると、『あ~かわいい! 人生が豊かになった感じ!』と大はしゃぎ。こんなことで喜んでくれるのか……と、しみじみしました。ただ、スマホの画面はタッチするだけでいろいろな画面に飛ぶので、最初は四苦八苦。帰省のたびに、ホーム画面の戻り方から何回も教えてあげました。(主婦・50歳)
 
●父が亡くなり、遠方で高齢の母がひとり暮らしになったのでタブレットを渡し、LINEでやりとりをしています。最初は使い方がわからずとまどっていましたが、少しずつ慣れてきて今は孫たちと写真を送りあって楽しんでくれています。既読になって返信がないときは、電話で安否確認できるのでこちらも安心です。(画家・54歳)
 
●母の入院時に、家族の写真を送って病院で見てもらおうとタブレットを渡しました。これをきっかけに、私たち夫婦、弟夫婦、父、全員でつながり、母の入院・病状などの共有がスムーズにできたことがよかったです。(会社員・45歳)
実家のデジタル化体験談

便利な見守りアイテムを導入

●母の薬の飲み忘れ、飲みすぎ問題を解決したいとお薬ロボを導入。決められた時間に「お薬の時間です」と知らせてくれ、飲んだのを忘れてまた飲もうとすると「お薬の時間ではありません」と教えてくれます。音量も調節でき、大音量に設定することで、耳の遠い母でも、半月たって、ほぼ毎日飲めているという結果が!薬の補充は近くの提携薬局が2週間に1度家に来てしてくれるので安心。これで肩の荷がひとつ下りました。もっと早く導入すればよかった!(自営業・47歳)
 
●ひとり暮らしの母のために、玄関のインターフォンをカメラつきに。知らない人が来たら玄関を開けないようにしている様子で、安心しています。スマホも使いはじめ、自分でGoogle検索で調べものをしているようで、若々しくなった気がします。(フラワー講師・51歳)
 

 失敗談 

スマホや便利アイテムを使いこなせない

●使わなくなったスマートスピーカーを実家に譲りましたが、同居の姉夫婦がデジタル家電に疎く、いまだに取りつけてくれません。姉とは10歳差で微妙に感覚が違うのかも……。乗り気にさせる方法を探っています。(主婦・49歳)

●母は、Wi-Fiのパスワードを要求されると焦るようで、「つながらなくなった」と放置してしまう。(主婦・45歳)

●かんたんスマホを持たせたものの、私と機種が違うので教えるのが大変でした。(主婦・50歳)

安全確認ができるアイテムを取り入れたけど…

●ひとり暮らしの母に、「見守りポット(みまもりほっとライン)」を導入。ボタンを押せば使用通知がこちらにくるので操作も簡単と、安心していましたが、ある朝、使用連絡があったあとに母が倒れていたことに気がつかず……。たまたま用事で訪ねた妹が見つけたのでよかったのですが……。(主婦・54歳)
▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking