【50代に人気のコートが集結】モッズコートからダウンまで、さっとはおれてこなれ感抜群の13アイテム

カシミヤやウールのきれいなコートもいいけれど、ワンマイルのお出かけが増えている今、ときどき欲しくなるのは、寒い日や雨の日にもさっとはおれて、それだけでこなれて見えるコート。モッズコートからキルティング、ボア、ダウンまで、大人向きの名品が集結。あなたはどれを選ぶ?

 

 
①優秀モッズコート

ワンマイルのお出かけにさっと羽織れる「モッズコート」は今季の注目株。ミリタリーすぎず、きれいめに着られて、しかもフードの取り外しやライナーの着脱で何パターンにも着られるものが大充実。

3シーズン着られて便利!頼れるモッズコート

ザ・リラクスのモッズコートコーデのゆうき

本格的なモッズコートをベースに、すっきりとしたシルエットやドロップショルダーなど、今っぽいニュアンスを加え、大人が着るのにちょうどよいバランスに。ライナーつきでフードが取りはずせるなど、機能面でも充実しており、春、秋、冬の3シーズン着られる。やや明るめのモダンなグレーで重くならず、洗練された印象に見せてくれる。コート¥87,500・ニット¥53,000・パンツ¥33,000/ザ・リラクス バッグ¥400,000/ゴヤール ジャパン(ゴヤール)

 

中には単品使いもできるベスト型のライナーつき

コートのフードをはずすと、さらにシャープな印象に。中には単品使いもできるベスト型のライナーつき。ボアベストは高機能の中綿入りで、寒い冬でも暖かい。

 

がばっとはおるだけで様になる小粋なカーキコート

小粋なカーキコート

ゆったりしたデザインにボリューミーなフードがアクセントになった、スタイリッシュなモッズコート。ウエストとすそがドロスト仕様になっており、シルエットを調整できて便利。ほどよい光沢があり、カジュアルになりすぎない。
¥128,000/マディソンブルー 

フードを取りはずすと、スタンドカラーのすっきりとした襟もとになる

フードを取りはずすと、スタンドカラーのすっきりとした襟もとになり、また違った表情が味わえる。ストールなど首もとのおしゃれを楽しみたいときはこちらで。

 

ケープ風デザインに金ボタンが映えるきれいめショート丈

ケープ風シルエットのショートコート

腕まわりが広がったケープ風シルエット。ポリエステルベースにウールの部分使いや金ボタンがアクセントになり、きれいめな印象に装える。膝上のショート丈でスカートともバランスがよい。
¥53,000/デミルクス ビームス 新宿(トラディショナル ウェザーウエア)

白いラインが効いた、取りはずし可能なライナー

白いラインが効いた、取りはずし可能なライナーは、とても柔らかなリサイクルボアを使用したスリーブレスデザイン。厚すぎないので、重ね着してもすっきり。

 

襟のギャザーなど、フェミニンな飾りがさりげなく効いて

女性らしいデザインを取り入れたミリタリーコート

ミリタリーコートのデザインに、襟もとの細かいギャザーやコクーンシルエットなどの女性らしい要素をほどよくミックス。襟もとの長めのひももポイントに。表は雨の日にも便利な薄手のナイロン地で、たたむとコンパクトに携帯できる。
¥72,000/ティッカ

インナーには、単品使いもできる完成度の高いキルティングコートが

インナーには、単品使いもできる完成度の高いキルティングコートが。フードも取りはずせ、一着で3パターンに着回せる優秀さ。色違いでベージュとカーキも。

 
②洗練キルティングコート

ほっこり見えそうでなかなかトライできなかったキルティングコートも、今季は着こなしやすいあか抜けたデザインが豊富。トライしてみる価値ありです!

何通りにも着られてお得なビッグシルエットの個性派

何通りにも着られてお得なビッグシルエットの個性派キルティングコート
長袖のコートに、単体でも使えるフードつきのロングケープを重ねて。長袖コートの袖は取りはずしが可能。さらに、ブルーの面を表にしてリバーシブルで着られる、という充実の機能性。着てみると、個性が主張しすぎず、さりげなくおしゃれな印象に装える。リアルダウンが使われているので軽くて暖かいのも大人にうれしい。
コート¥110,000・ニット¥42,000・パンツ¥31,000/ADORE ピアス¥7,000/ドレスアンレーヴ(253ビジュー) バッグ¥144,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)
 

ダイナミックなシルエットにゴールドを効かせて

ダイナミックなシルエットにゴールドを効かせたキルティングコート
立体感のあるフードが印象的なデザイン。フロントとサイドにはゴールドボタン、襟ベルトにはゴールドバックルをあしらい、きれいめに仕上げて。すっぽり体を覆うロング丈なので、これ一着でコーディネートが完結するのもラクちん。
¥81,500/ザ・リラクス
 

ラベンハムの新作はスポーティミックスの旬のオーバーサイズ

ラベンハムの新作はスポーティミックスの旬のオーバーサイズのキルティングコート
ダイヤモンドキルトパターンを使った新作は、スタジャン風の襟もとや、オーバーシルエットなどのスポーティなデザインがちりばめられていて、細身パンツにさらっとはおるだけでスタイリッシュに決まる。
¥47,000/渡辺産業プレスルーム(ラベンハム)

 
③大人かわいいボアコート

着太りしそうで心配という声も聞かれるボアコートも、今季のデザインなら大人かわいく着こなせそう。50代女性におすすめのボアコートをご紹介。

かわいさとスポーティさがべストバランスの人気コート

かわいさとスポーティさがべストバランスが人気のボアコート
ミリタリーコートのライナーからインスピレーションを得てデザインされたという、発売以来大人気のハイクのボアコート。新色のグレージュはスポーティになりすぎない大人っぽいカラー。ボリュームがありながらとても軽く、中がメッシュになっていてムレ感も回避。もはや、大人かわいいスタイルに欠かせない定番。
コート¥56,000・セーター¥32,000・パンツ¥32,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
 

優しいクリーム色に マフラーつき。 フェミニンなボア

優しいクリーム色に マフラーつき。 フェミニンなボアコート
ボアコートをフェミニンに着たい! そんな願いをかなえるマフラーつき。首もとはVあきになっていて、体にほどよくフィットするIラインシルエットも大人っぽい。大きなポケットがキュートなアクセントに。
¥59,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)

 
④技ありデザインのきれいめダウンコート

ダウンコートを新調するなら、ウエストシェイプや変形のショート丈など技ありデザインが狙い目。きれいめに着こなせるおすすめのブランドを紹介します。

女性らしい着こなしに似合う細ウエストのスリムなダウン

モンクレールの新作ダウンコート
モンクレールの新作。キュッと絞られたウエストや、身頃上部の斜めライン、シルクのような光沢が、スポーティなダウンコートとは一線を画すラグジュアリーな逸品。こんなボウタイブラウス&スカートに合わせたきれいめの着こなしも新鮮。フードは取りはずし可能。
コート(ベルトつき)¥203,000・ブラウス¥45,000(ともにモンクレール)・スカート¥87,000(2 モンクレール 1952)/以上モンクレール ジャパン ピアス¥110,000/ドレスアンレーヴ(A.T.C.S.) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) タイツ/スタイリスト私物
 

柔らかな撥水カシミヤとナイロン地が絶妙にマッチ

柔らかな撥水カシミヤとナイロン地が絶妙にマッチするダウンコート ヘルノ
身頃にはとろけるように柔らかな撥水(はっすい)カシミヤを、ポケットや袖、襟にはマットナイロン地を使った、異素材コンビがリュクスな印象。七分丈でゆとりのあるキモノスリーブとショート丈のAラインシルエットが女性らしく、着心地のよさも秀逸。
¥198,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ)
 

オフホワイトのショート丈は着映え効果抜群!

オフホワイトのショート丈は着映え効果抜群のダウンコート
つややかなオフホワイトが着映えるショート丈。ややボリューム感のあるシルエットは、サイドのスナップボタンの開閉や、すそのドローコードでいろいろな着方が楽しめる。ダウンがたっぷり入った襟は、立てるとさらに防寒性が高まる。
¥98,000/ウールリッチ 青山店(ウールリッチ)
 

ややハイウエストのコンビデザインがモダンな一着

ややハイウエストのコンビデザインがモダンなダウンコート
キルトパターンと無地との切り替えデザインでメリハリを効かせたデュベティカのニューモデルのブラック。ベースのシルエットはフェミニンなAライン。ややハイウエストのドローコードを絞って着れば、モード感漂うシルエットに変えられる。
¥120,000/F.E.N.(デュベティカ)
▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking