【ぐっすりヨガ<STEP1>】副交感神経を優位な状態に誘う「夜礼拝」

ぐっすり眠るための簡単ヨガをご紹介。「ぐっすりヨガはSTEP1の「夜礼拝」から行って」と、高尾美穂先生。やりにくいと感じるポーズは、できる範囲で行えばOK。痛みがある場合は無理に行わないこと。
教えてくださったかた
高尾美穂先生

高尾美穂先生

女性のための総合ヘルスクリニック 『イーク表参道』副院長。産婦人科専門医。医学博士。スポーツドクター。ヨガマスターとしてヨガ指導も行う。女性の体の悩みへの明解なアドバイスがテレビで反響を呼び話題に。

【STEP 1】夜礼拝

固まっていた体をほぐしながら、深い呼吸を繰り返すことで副交感神経が優位な状態に誘う。

正座して両手を組んで上へ伸ばす

《1》正座して両手を組んで上へ伸ばす
正座で座り、両手を組んで息を吸いながら腕を上に伸ばし、手のひらを天井に向け、気持ちよく背すじを伸ばす。

前に手をつく

《2》前に手をつく
息を吐きながら、両腕を伸ばしたまま下ろして床(またはヨガマットやベッドなど)につけ、背中の力をゆるめて、おでこも床につける。

膝つき腕立て伏せに

《3》膝つき腕立て伏せに
息を吸いながら、体を起こし、体重を前にスライドさせて、膝つき腕立て伏せのポーズになる。

上半身とおでこを床に下ろす

《4》上半身とおでこを床に下ろす
息を吐きながら、両肘を曲げて左右のわきを締め、上半身とおでこを床に下ろす。

上体を起こし、目線は斜め上に

《5》上体を起こし、目線は斜め上に
息を吸いながら、両手の力で体を起こし、目線を斜め上に向ける。

左右交互に後ろを見る

《6》左右交互に後ろを見る
息を吐きながら、左の肩から左後ろを眺める。次に、息を吸いながら顔を正面に戻し、今度は息を吐きながら右の肩から右後ろを眺める。

おしりを引いて右と左にずらす

《7》おしりを引いて右と左にずらす
息を吸いながら顔を正面に戻したら、吐きながらおしりを後ろに引き、おしりの割れ目を右のかかとの上にのせ、体を右斜め後ろに伸ばす。息を吸いながらおしりを中心に戻したら、吐きながら左側も同様に。

力を抜く

《8》力を抜く
息を吸いながら、おしりを真ん中に戻し、息を吐きながら、肘を床につけて全身の力を抜く。

背中を丸めながら正座に戻る

《9》背中を丸めながら正座に戻る
息を吸いながら、腕を体のほうに引いて、背骨のひとつひとつを積み上げるように背中を丸めながらゆっくりと起こして、最後は正座に戻る。

高尾先生実演&解説の動画も要チェック!
高尾先生が実演しているぐっすりヨガの動画を見ることができるのでチェック。動画を見ると動きがよりわかりやすい。ゆったりとしたスピードと高尾先生の優しい声は癒し効果抜群で、眠りを誘う効果絶大。

What's New

Feature
Ranking
Instagram