【1日5分 首コリ改善ストレッチ①】基本の「首の前側」ストレッチでたまったコリと疲れを緩和

頸椎症を改善するポイントは首まわりの縮んだ筋肉を伸ばし、しなやかに保つこと。整形外科医・カイロプラクターの竹谷内康修先生式「首トレ」から、症状別に効果的なメニューを紹介。うつむき姿勢でたまったコリと疲れをとりたいときは「首の前側」ストレッチの実践を!
教えてくれたのは…
竹谷内康修(たけやちやすのぶ)先生

竹谷内康修(たけやちやすのぶ)先生

整形外科医・カイロプラクター。アメリカでカイロプラクティックを学び、’07年、クリニックを開設。肩コリ、首の痛み、腰痛などの治療に取り組む。『頸椎症の名医が教える竹谷内式首トレ』ほか著書多数。

基本の「首の前側」ストレッチ

うつむき姿勢でたまったコリと疲れをとる

基本の「首の前側」ストレッチ1

《1》リラックスして椅子に座り、左手で座面の前側を持つ。右手は左肩から鎖骨の部分に当てて軽く押さえる。親指が鎖骨にかかるように。

基本の「首の前側」ストレッチ2

《2》左肩が上がらないように押さえつつ、首を後ろにゆっくり反らす。上体が一緒に倒れないように注意。

基本の「首の前側」ストレッチ3

《3》顔を右側に倒して、左前側の首すじを伸ばす。よく伸びたところで10秒間キープ。これを3回、逆側も同様に行う。

竹谷内康修先生

「じ〜んわり伸ばして筋肉の緊張を優しくやわらげましょう!」

What's New

Feature
Ranking
Instagram