【2021年秋冬】50代が買うべきトレンド靴とは?今年はこの靴で決まり!

2021年秋冬のおしゃれを格上げするトレンド靴を一挙、ご紹介。一足投入で洗練された足元になること間違いなし!ワードローブに足すべき一足を見つけて。

 

 
①黒ショートブーツの最旬コーデ

足もとをショートブーツに替えるだけで、旬のムードが漂いおしゃれに見える!

足もとをショートブーツに替えるだけで、旬のムードが漂いおしゃれに見える

ほどよくボリューミーでほどよくきれいめなハイブリッドブーツ

ロングジレとロングシャツ、ロングスカートという分量と長さのある洋服には、このくらい厚底で、同じく分量感のあるブーツのほうがバランスがとりやすく、おしゃれ感も増す。ローファーとサイドゴアを融合させたハイブリッドなおしゃれブーツは、光沢のあるレザーで洗練された印象。

靴(H4)¥172,700/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) ジレ¥49,500・シャツ¥27,500・スカート¥31,900/インターリブ(サクラ) ピアス¥72,600・ブレスレット¥30,800/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥63,800/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)

足もとをショートブーツに替えるだけ

before

スニーカーだと足もとが少し軽い印象になり、ロングジレとのバランスがむずかしい。白い足もとも秋冬にはやや寒々しい。靴/スタイリスト私物

フェミニンなロングスカートのハズしに最適

フェミニンなロングスカートのハズしに最適

女性らしいプリントスカートにバイカーブーツの“ゴツさ”が効く

ストレートな筒形でスポッと履けるバイカーブーツは白いステッチが効いていて、大人っぽさとマニッシュさが絶妙なバランス。中にはボアが施されているので暖かくかわいさも倍増。クラシカルプリントのきれいめロングスカートのハズしにかなり使える一品。

靴(H3.5)¥151,800/ジミー チュウ ジャケット¥28,600・スカート¥37,400/アストラット 新宿店(アストラット) ブラウス¥27,500/ロエフ 六本木店(ロエフ) ピアス¥84,700・ネックレス¥93,500・リング¥528,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥42,900/トゥモローランド(ヴァジック)

ワイドパンツともバランスがとりやすい

ワイドパンツともバランスがとりやすい

チェックのワイドパンツにレースアップで旬のブリティッシュルックが完成

人気のバイカー風レースアップブーツはチェックパンツと合わせた旬のルックで。後ろのバックルが洗練をプラスし上品なボリュームも大人向き。秋冬素材の重みのあるワイドパンツは、こんなゴツめブーツと相性がいい。

靴(H1.5)¥143,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) カーディガン¥52,800/アペリア(ラシュモン) Tシャツ¥9,350/スローン パンツ¥19,800/アンクレイヴ ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥29,700/八木通商(チェザーレ ガッティ) バッグ¥96,800/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)

足先にボリュームが出てスタイルがよく見える

足先にボリュームが出てスタイルがよく見える

細身パンツには、さらに短め丈が好相性。オールブラックなら、無敵の細見えを約束

ほかのショートブーツよりも、さらに短め丈のブーツには細身パンツを合わせて。足もとまで続く全身黒が縦長ラインを強調し、細見えする。

靴(H8.5)¥118,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥38,500/プレインピープル青山(プレインピープル) パンツ¥26,400/デ・プレ ボールチェーンネックレス¥24,200・コインネックレス¥25,300(ともにマリハ)・リング¥93,500(ザ レタリング)/以上ショールーム セッション 腕時計¥605,000/オメガお客様センター(オメガ) バッグ¥156,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

軽くて歩きやすい、大人向けデザインが充実

軽くて歩きやすい、大人向けデザインが充実

きれいめスタイルのハズしに。快適な履き心地のアグの新作ブーツ

ボリュームのあるルックスでありながら、超軽量のナイロン素材で中がボアの「アグ®」の新作。足がとても暖かいうえに、包み込むようなフィット感も格別。こんなスノーブーツを今年はあえてきれいめのスタイルに合わせたい。

靴(H5.7)¥28,600/デッカーズ ジャパン(アグ®) ロングカーディガン¥74,800/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ワンピース¥39,600/プルミエ アロンディスモン ピアス¥269,500/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥322,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) タイツ/スタイリスト私物

秋冬に買うべき旬靴とは?スタイリスト・大沼さんが提言!

スタイリスト 大沼こずえさん

スタイリスト 大沼こずえさん

女性誌、広告、カタログをはじめ、女優からの信頼も厚い売れっこスタイリスト。流行をほどよく取り入れた大人に似合うスタイリングに定評あり。明るいキャラクターでも人気。

軽くておしゃれでバランスよし! 三拍子そろった旬靴

ここ数年、人気が上昇している厚底やボリューム系ブーツが今季はかなり充実しています。もはや定着してきた感があり、今年買ったら来年も履けるので損はさせません(笑)! 洋服にボリュームが出る秋冬の着こなしにスニーカーやフラット靴ではもの足りないかな、というときにちょうどよいボリューム感で履けるのが男前ブーツのよいところ。カジュアル服にもほどよくモードな味つけをしてくれて、ぐっとしゃれ感がアップします。存在感のあるデザインだけれど、どんなボトムとも合わせやすくて便利。また、厚底ソールが脚を細く長く見せてくれるので、小柄な人や脚の太さが気になる人にはぜひ履いてほしい! 最近のものはソールの素材に工夫がされていて、見た目以上に軽く、履き心地がよい点も大人向きといえます。 デザインは、サイドゴアやレースアップのようなベーシックなものから、スポーティなスノーブーツやマウンテンブーツなども今季は豊富。選択肢が幅広いので、好みに合わせてまずは気軽にトライして!

靴(H6)¥86,900/トッズ・ジャパン(トッズ)
厚底のラグソールが今年らしいサイドゴアブーツ。ツヤありのカーフレザーと細身のアッパーが上品で大人向き。超軽量のEVA素材を使用し、見た目からは想像できない軽さ。
靴(H6)¥86,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

 
②ほどよいボリュームの「定番ブーツ」

ボリュームがありすぎるものはうまく履きこなせる自信がない……という人に、ほどよく男前で秋の装いに似合う、定番デザインのブーツをご用意!
(H3)¥176,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

足に心地よくフィットする、シンプルを極めた定番ブーツの名品

ブランドの定番サイドゴアブーツは、適度にマニッシュでありながら、女性の足に合うようにつくられた、美シルエットの名品。

(H3)¥176,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

(H6)¥119,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

洗練された適度なボリューム。美シルエットなエレガンス派

シュッと細身のトゥから、アッパーにかけての横顔が美しい、今回の中では比較的エレガントなデザイン。柔らかいカーフレザーで履き心地も抜群。

(H6)¥119,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

(H2.5)¥38,500/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店(ファビオ ルスコーニ)

足先から足首まで美脚見えする大人のレースアップ

ほどよいヒール高のレースアップブーツは、つま先も足首部分も細めで、上品かつ美脚見えは確実。パンツとも好相性。

(H2.5)¥38,500/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店(ファビオ ルスコーニ)

(H4)¥35,200/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

ゴツすぎないから初心者でも履きやすいバイカーブーツ

大流行のバイカーブーツもゴツすぎないデザインなら、大人も取り入れやすい。ロングスカートにもパンツにも重宝する。

(H4)¥35,200/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

 
③1点投入で旬の着こなし「トレンドブーツ」

コロンとしたボリューム、厚底のラグソールなど、旬の要素がたっぷりつまりつつも、大人向きの上質感を感じさせるベスト4をピックアップ!
(H1.5)¥133,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

冬おしゃれの足もとに真っ先に欲しい、大人カジュアルなサイドゴア

ニュアンスのあるシボありレザーに、厚底のラグソール。少し長めのふくらはぎ丈のすっきりとしたシルエット。シルバーの飾りが上品なアクセントに。

(H1.5)¥133,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

(H6.5)¥223,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)

大きなバックルに視線集中。女性らしくも履ける一足

足首から上が細身なので、実際に履くと女性らしいシルエットに。ソールが6.5㎝ありながら、軽くて歩きやすいのも◎。

(H6.5)¥223,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)

(H4)¥25,300/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)

本気の機能をもつマウンテンブーツはあえて街で履きたい

中にはボアが敷き詰められ真冬にも暖か。さらに突然の雨や雪にも対応できる高い防水機能をもつ。つけ替え可能な赤い靴ひもつき。

(H4)¥25,300/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)

(H5)¥94,600/エクラプレミアム通販(3.1 フィリップ リム)

軽厚底ソールと両サイドのジッパーで履きやすさも秀逸

両側にジッパーがあり着脱しやすいコンバットブーツ。かかとはクッション性のある素材で履き心地はフカフカ。

★(H5)¥94,600/エクラプレミアム通販(3.1 フィリップ リム)

スタイリスト 戸野塚かおる

スタイリスト 戸野塚かおる

とのつか かおる●大人の女性を美しく見せるエレガントなファッション提案に定評あり。独自の目線で選ぶ本誌の靴企画も毎度大好評。個別にアドバイスを行うパーソナルスタイリングはリピーター率も高く人気。

Instagram:kaoru.tonotsuka

 
①「男顔フラット靴」と「女顔フラット靴」がしゃれ見えのカギ

「この秋の傾向は、エレガントで華やかに主張する「女顔」と、紳士的なたたずまいやタフな存在感でグイッと引っぱってくれる「男顔」に分けられます。共通しているのは「強さ」。洋服はゆるりとリラクシングな傾向にあるので、ガツンと存在感のある靴で全身のバランスを計りながら、おしゃれにコンシャスであることをちゃんと意思表示しましょう。大人こそ、おしゃれ上手への近道はいい靴を選ぶことから。シンデレラ靴に出会えれば、その夢はもうかなえられたようなもの! おしゃれの楽しさをきっと実感できるはず」
―― From Madam

「男顔フラット靴」

エルメスの靴「デスタン」

HERMÈS《エルメス》

美形な男前フォルムで品格あるたたずまいを約束するモカシン。ピンクゴールドカラーのバックル「ケリー」が気高さをより強調して。
靴「デスタン」¥180,400/エルメスジャポン(エルメス)

「女顔フラット靴」

シャネルの靴

CHANEL《シャネル》

フラットでも格別の華やぎをかなえてくれるのがこの一足。メゾンを象徴するツイードとエナメルのコンビネーションに、ストラップのダブルCやヒールのゴールドメタルのあしらいで、全方位ゴージャス。
靴¥152,900/シャネル(カスタマーケア)

 
②足もとが華やぐ「女顔フラット靴」

「トレンドのスポーティアイテムやメンズっぽいカジュアルアイテムと好相性なのが女顔のフラット靴。『この人、おしゃれがわかっているね!』と思わせるような、優美なハズし役になる一足をまずは手に入れて!」

―― From Madam

Sergio Rossi《セルジオ ロッシ》

Sergio Rossi《セルジオ ロッシ》
フラットながら、バーガンディカラーのつやめくエナメルとロングノーズのトゥが脚を細く美しく演出。アイコニックな同色のバックルもさりげないデザインポイントに。
靴¥95,700/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

Max Mara《マックスマーラ》

Max Mara《マックスマーラ》
ビターなブラウンと、足の甲を覆う太めのベルトストラップで、全身の印象もぐっとモダンに。
¥91,300/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)

Nicholas Kirkwood《ニコラス カークウッド》

Nicholas Kirkwood《ニコラス カークウッド》
メタリックなシルバーのレザーと、ポインテッドトゥですっきりとシャープに引き締めて。構築的なヒールデザインがフラットでも全方位美しく。
¥63,800/エストネーション(ニコラス カークウッド)

JIMMY CHOO《ジミー チュウ》

JIMMY CHOO《ジミー チュウ》
黒のスエードに大小のきらめくクリスタルが贅沢にあしらわれた一足は、まるでジュエリーのような華やかさ。
¥115,500/ジミー チュウ

EMILIO PUCCI《エミリオ・プッチ》

EMILIO PUCCI《エミリオ・プッチ》
足首に添うように設定された繊細なベルトストラップと、ビジューが配された深めのVラインのカッティングが足もとから女っぽさを強調して。
¥126,500/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ)

Dior《ディオール》

Madam’s recommendation
「まさに大人のためのレオパード柄の代表格。上品さも、インパクトも、そして今の空気感もちゃんとキープしているのは見事! 大人のカジュアルスタイルをさりげなくクラスアップしてくれるのは、気持ちも上げてくれるこんな一足」

Dior《ディオール》
メゾンのアーカイブに着想を得たというレオパード柄を、光沢感のあるナイロン素材で表現。強さの中にも品格が保たれ、どんな装いも優雅に。幅広のベルトストラップがかかとをホールドし、さらにゴールドトーンのメタルの“CD”シグネチャーが、ストラップをより美しく引き立てて。クッションパッド入りのレザーインソールで履き心地の柔らかさも魅力的。
靴¥116,600・ブラウス¥220,000・パンツ(参考商品)・バッグ¥396,000・ブレスレット¥84,700/クリスチャン ディオール(ディオール)

CHEMBUR《チェンバー》

Madam’s recommendation
「困ったときの黒パンプスと同様に頼れるのがメリージェーンタイプ。ディテールがシャープだから、甘さがなくむしろ辛口で大人向き。スポーティなアノラックとも相性抜群で、品よく抜け感を加えつつ、ハズしてもくれる。とにかく万能です!」

CHEMBUR《チェンバー》
タウン仕様のアノラックパーカと足もとの辛口なメリージェーンが好バランス。色鮮やかなきれいめのテーパードパンツとかっちりとしたフォルムの黒のレザーバッグで、大人らしいクラス感もキープして。
靴38,500/ユナイテッドアローズ 有楽町店(チェンバー) アウター¥42,900/サードマガジン パンツ¥55,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ブレスレット¥104,500/ホアキン・ベラオ バッグ¥844,800/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)

Gianvito Rossi《ジャンヴィト ロッシ》

Madam’s recommendation
「ピンクといっても青みのある絶妙な色。形もシャープで媚(こ)びた印象にはなりません。メンズライクなカーキパンツとならおしゃれ印象も格段に上がります。ラフにロールアップして足首を見せれば、華奢さも女っぽさも強調されぐっとスタイリッシュに」

Gianvito Rossi《ジャンヴィト ロッシ》
鋭いポインテッドトゥのフラットパンプスは、青みのあるクールなピンクで甘さとは無縁。白シャツとパンツのシンプルかつ端正なカジュアルスタイルをぐっと印象的に。
靴¥88,000/ジージーアール ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) シャツ¥53,900/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) パンツ¥45,100/マディソンブルー ブレスレット¥569,800・リング(大)¥588,500・(小)¥184,800/TASAKI バッグ¥298,100/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)

MARNI《マルニ》

Madam’s recommendation
「ウール素材ならではの風合い、チェックの主張のある配色。こんな強めの一足が、深まる季節のおしゃれを確実に前進させてくれます。すっきりとしたシルエットで素足で履いても美しく、冬になってタイツと合わせてもほっこりしないのが優秀!」

MARNI《マルニ》
ぱっと目をひく色鮮やかなカラーパターンのチェック柄のアッパーはウール製。温かみのある風合いと、やや長めのノーズでスマートなポインテッドトゥという意外性のあるコンビネーションが、コーディネートに上品なモード感を呼び込んで。レザーライニングも柔らかく、優しい履き心地もうれしい。おそろいのバッグとセット持ちにすれば、シンプルなカジュアルスタイルでもおしゃれ印象がぐっとアップ。
靴¥101,200・スカート¥97,900・バッグ¥279,400/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニ)

 
③スタイルの引き締め役「男顔フラット靴」

「定番のローファーやレースアップシューズと決定的に異なるのが、このゴツめな存在感。「持ってる!」では対応できないので要注意ですよ! この一足が今年らしさを決定づけてくれるので、ぜひ毎日のおしゃれのために、ここは投資すべき。」
―― From Madam

Alaïa《アライア》

Alaïa《アライア》
トレッキングシューズからヒントを得たという厚めのラバートレッドソールが、さりげなくマニッシュ。細かなアイレットのディテールで優美さも加味され、きれいめスタイルにもマッチ。
靴¥124,300/リシュモン ジャパン(アライア)

PIERRE HARDY《ピエール アルディ》

PIERRE HARDY《ピエール アルディ》
有機的な曲線を描くフォルムを縁取るやや幅広のコバ。洗練カラーの配色も深まる季節にぴったり。
靴¥117,700/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

CLERGERIE《クレジュリー》

CLERGERIE《クレジュリー》
厚めのプラットフォームソールが装いをモダンに。ベージュトーンのパイソン柄なら悪目立ちせず、コーディネートしやすいのもうれしい。
靴¥90,200/ブルーベル・ジャパン(クレジュリー)

Paraboot《パラブーツ》

Paraboot《パラブーツ》
特別仕様のふわふわのラビットファーのアッパーが、定番のビットローファーをよりリッチに、表情豊かに。
¥85,800/ドゥロワー 六本木店(パラブーツ フォー ドゥロワー)

PRADA《プラダ》

Madam’s recommendation
「なんといってもこの厚みが生み出すパワフルな存在感! シアーでふわふわと揺れる甘いスカートに合わせたら、新鮮な雰囲気になり、おしゃれが即アップデートされます。私自身も真っ先に男顔フラット靴をワードローブに加えようと心に決めました!」

PRADA《プラダ》
サドルストラップとアイコニックなメタルのトライアングルロゴがデザインポイントになった、どこかレトロなムードをたたえたローファー。端正なたたずまいと、最旬の厚みのあるフォルムが、足もとに品のよいモード感を宿す。可憐なスカートに合わせれば、ブラックのワントーンコーデもほのかに柔和で上品さが香る仕上がりに。
靴¥128,700・ニット¥165,000・スカート¥195,800・バッグ¥297,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) バングル¥860,200/TASAKI その他/スタイリスト私物

SAINT LAURENT《サンローラン》

Madam’s recommendation
「シャツとカーディガン、そしてハーフパンツ。何げない着こなしを今のムードにリフレッシュしてくれるのは、ずばり靴のインパクト! あえて男前のロカビリー風の靴を選んでいるから無難な装いには終わらず、絵になるんです」

SAINT LAURENT《サンローラン》
’50年代のロカビリーサブカルチャーから着想を得たというダービーシューズ。天然ゴム素材ならではの柔らかなチャンキーソールもさりげないアクセントに。全身のムードを変えるインパクトと、大人の装いにマッチするエレガントさを両立させた一足があれば、何げない日常のワンシーンもぐっとドラマチックに。
靴¥115,500・カーディガン¥220,000・シャツ¥148,500・パンツ¥170,500・バッグ¥258,500/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) リング¥704,000/TASAKI

TOD'S《トッズ》

Madam’s recommendation
「端正なベルテッドローファーも、ゴールドやシルバーなどのメタルスタッズの大胆なあしらいでプレイフルな仕上がりに。パワフルな一足と、シックなスカートスタイルは実は相性抜群。この甘辛バランスこそ、今年らしさの好例」

TOD'S《トッズ》
パンチの効いた装飾と、装いのフェミニンなディテールが相まって、おしゃれレベルも即アップ。定番のローファーがベースゆえ、ボリューム感がトゥーマッチにならず大人向き。
靴¥105,600/トッズ・ジャパン(トッズ) ニット¥38,500/ウィム ガゼット 青山店(ゲミニー) レースのブラウス¥27,500/サードマガジン スカート¥116,600/マディソンブルー バッグ¥86,900/サードカルチャー(ミチノ・パリ) リング¥642,400/TASAKI

CLERGERIE《クレジュリー》

Madam’s recommendation
「王道のカーフレザーのレースアップシューズですが、白とブラウン系のインパクトのあるカラー配色に思わず目が奪われます。凛としたたたずまいの一足は、黒のワントーンコーディネートの味つけに適役。ほかの靴ではこんなしゃれ見えはかなえられません」

CLERGERIE《クレジュリー》
マニッシュな一足も、配色の妙でぐっとモダンに。サロペットにタートルネックを合わせた秋らしいカジュアルスタイルも、靴の強さでぐっと大人っぽく。
靴¥78,100/ブルーベル・ジャパン(クレジュリー) ニット¥39,600・サロペット¥82,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) フォンケース¥63,800・カードホルダー¥60,500/ジミー チュウ バングル¥140,800・リング(人さし指)¥40,700・(薬指)¥56,100/ホアキン・ベラオ

GUCCI《グッチ》

Madam’s recommendation
「ブランドを象徴するホースビットのローファーも、 グリーン・レッド・グリーンのウェブ ストライプが配されていることで、印象はより強くなります。紳士的で媚びないたたずまいも、どこか知的で素敵。足もとから一気に洗練されます」

GUCCI《グッチ》
ジェントルマンを物語るような、気高く、品格のあるブラックレザーで仕立てられ、フォルムの美しさがよりいっそうきわだつローファー。アイコニックなゴールドカラーのホースビットをウェブ ストライプで品よくデコレーションし、よりたたずまいを洗練している。カジュアルな日の装いからオフィシャルなスーツスタイルまで、装いの足もとに加えるだけで見事に大人のエレガンスをかなえてくれる。
靴¥123,200・Tシャツ¥71,500・パンツ¥93,500・バッグ¥297,000/グッチ ジャパン(グッチ) 自転車¥89,650/トーキョーバイク
▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram