富岡佳子さんが着る、街で華やぐ「印象派コート7選」

コートを手にする瞬間はやっぱり特別。素敵なコートに出会い、そしてそれをまとうだけで、自分自身が高揚する。このときめきは冬ならではの醍醐味。お気に入りのコートででかけよう!

 

 
①ダッフルコート

ちょっと冒険!

ダッフルコートとケープのユニークな融合。唯一無二のデザインに挑戦するのはワクワクする冒険。いつもより胸を張って歩きたくなる。
富岡佳子さんが着る、街で華やぐ「印象派コート7選」_1_1

着るだけで装いに個性が宿る。そんなコートがいい

このデザインはほかにない、楽しい! そんな熱い気持ちにさせてくれるアイテムこそ、流行や時代のムードを超え、長い間、おしゃれの相棒になってくれる。ダッフルコートの袖下からライナーを見せることで、ケープのように仕立てたデザインは、動くたびにふわりと広がり、なんともユニーク。身にまとうたび、ときめく。
コート¥506,000・ワンピース¥283,800・ピアス¥52,800・バッグ¥201,300・靴¥206,800/マルジェラ ジャパン クライアントサービス(メゾン マルジェラ)

 
②テーラードコート

ヴィンテージな香り

グレンチェックのテーラードコートはまるでメンズの古着を楽しむようにたっぷりとしたシルエットで。それがまたチャーミングになるから不思議!
富岡佳子さんが着る王道チェックのテーラードコート

オーバーサイズなら王道のチェックがまじめにならない

英国らしさが漂う、クラシックなグレンチェック。大人が粋に着るなら、大きめのサイズ感に一票。メンズライクな仕立ても、ちょっとルーズにはおると今どきのカジュアルな雰囲気になる。軽くて暖かいウールゆえ、裏地もなく、しなやかな着心地。ワンピースにさらりと重ねて。

コート¥143,000・ワンピース¥52,800/ビギ(デパリエ) ピアス¥86,900/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バッグ¥104,000 /スクワット/ルメール(ルメール) 靴¥79,200 /エストネーション(ロランス)

 
③ローブコート

かっこよくルーズに

レザートリミングでリッチ度を高めたローブコート。さりげなくパッと着ているように見えたら成功。“こなれ感”こそ大人の醍醐味。
富岡佳子さんが着るリッチなレザートリミングのローブコート

リラックス気分のコートはロング丈がやはりいい

なめらかなダブルフェイスのウールにレザーをトリミング。襟もとや後ろ姿に絶妙なボリュームが生まれる大きめのフードが、大人の余裕を醸し出してくれる。ニットのセットアップとの組み合わせで、こなれ感を実践して。

コート(ベルトつき)¥204,600・ニット¥102,300・パンツ¥78,100/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) ピアス¥50,600/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥47,300/ 3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1フィリップ リム) 靴¥78,100/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

 
④Aラインシルエットのコート

ふわりと愛らしく!

クチュール仕立ての立体感で、後ろ身頃がふわりと揺れるAラインシルエット。歩いても止まっても360度かわいいのは最高。
富岡佳子さんが着るAラインシルエットのコート

きれいなフォルムでカジュアルを品よくまとめて

ただのAラインシルエットにあらず! 後ろ身頃は肩からたっぷりと生地を使い、横からも後ろからも立体的なラインがきわだつ、クチュール的な仕立てに心酔。前をきちんととめて、そのパーフェクトなフォルムを堪能したい。ウインドーに映る自分もひそかな喜び。黒コートに愛嬌を。

コート(ブローチつき)¥379,500・バッグ¥419,100(ともにランバン)・デニムパンツ¥34,100(エージー)/以上コロネット ピアス¥418,000/ミラモア ファイン ジュエリー(ミラモア) 靴¥86,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

 
⑤ツイードコート

凛とした美しさを再発見

背すじがピンと伸びる心地よさを、そろそろまた。フリンジをあしらったツイードコートのオーセンティックな存在感が気持ちを高めてくれる。
富岡佳子さんが着る端正なツイードコート

控えめでいて華やかなコートで好感度を高めて

自宅で過ごすカジュアルに慣れきった心に効くのは、端正なコート。外出の予定が入ると、きちんと感のある装いをしたくなるのが大人というもの。カシミヤやキャメルをブレンドしたツイードはほんのりとツヤを帯び、切りっぱなしのフリンジが上品ながらはずむ気持ちを表現してくれる。

コート¥458,700・ボウブラウス¥123,200・スカート¥174,900/キートン ピアス(片耳)¥105,600/伊勢丹新宿店本館4階=ジュエリー/レポシ(レポシ) バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

 
⑥ダブルフェイスの王道コート

軽やかに、しなやかに

ダブルフェイスの1枚仕立ては、空気のように軽いのに暖か。王道のコートこそ、さらっとはおるように着るのが一番の贅沢。
富岡佳子さんが着るダブルフェイスの王道コート

今の気分にマッチする、リュクスなベーシック

袖を通すと、自分のためにつくられたかのようにしっくりと体になじむ。ブランドが誇る職人技、ダブルフェイスの心地よさを堪能するのは、このコートを着る特権。ベーシックなデザインながら、リラックス感のある肩や長めの丈に新しさがほんのり漂う。ちょっと厚めのニットに重ねても、すらりと決まるのがうれしい。

コート¥165,000・セーター¥103,400・パンツ¥61,600(3点ともエス マックスマーラ)・バッグ¥77,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン

 
⑦ボアコート

フワフワの幸せ

カーリーな毛足のミルクホワイト。見た目も着心地もなぜかウキウキするのがこの素材のいいところ。コクーンシルエットにゆるやかに包まれて。
富岡佳子さんが着るボリュームのあるボアコート

キュートな素材は小気味よく着るのが正解!

クルクルとボリュームのある素材感は、冬ならではの楽しみ。大きな襟とコクーンシルエットで、体をすっぽり包み込み、見た目も着心地も暖か。

コート¥148,500(ストラスブルゴ)・ノースリーブのニット¥53,900(ヴィクトリア ヴィクトリア ベッカム)・デニムパンツ¥28,600(シヴィリア)/以上ストラスブルゴ リング(3本セット)¥86,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) 靴¥64,900/エストネーション(ロランス)

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram