つらい「天気痛」は、耳栓と気圧サイトで予防対策!

「天気痛」は予防対策できる! 内耳をガードする耳栓や気圧サイトを活用して、事前の対策でつらい痛みにサヨナラを。天気痛ドクターの佐藤 純先生に教えてもらった。
天気痛ドクター 佐藤 純先生

天気痛ドクター 佐藤 純先生

天気痛研究・治療の第一人者として日本初の「気象病外来・天気痛外来」を開設。専門は慢性疼痛医学、気象医学。愛知医科大学客員教授、中部大学生命健康科学部教授。

《耳栓で内耳の敏感化を緩和》

内耳をガードする便利アイテムが耳栓。「エレベーターに乗ると耳がツーンとしませんか? そうした気圧変化に簡単に対応できるのが耳栓。気圧変化を感じにくくし、頭痛予防に役立ちます」。

耳栓

内蔵された超多孔質セラミックフィルターが、天気の変化に伴う、ゆっくりとした気圧の変化をよりゆるやかに鼓膜に伝えることで、天気痛を緩和。天気痛耳栓 普通サイズ¥2,100/パスカル・ユニバース

《気圧サイトで変化の前兆を予測》

天気痛対策は先回りが肝心。「ウェザーニュースの天気痛予報は気圧の変化をとらえ、全国の3時間ごとの天気痛が出やすいタイミングを知らせてくれるので便利。事前に対策をとりやすくなります」。
ウェザーニュース 天気痛予報®
https://weathernews.jp/s/pain/
 

What's New

Feature
Ranking