もしかして私の接し方、重い!?古い!? 50代と年下女子の“ギャップあるある”

最近、年下女子とのお付き合いで、「もしかして、私、ズレてる!?」と感じることはありませんか? eclat1月号では、年下女子との間に起こりがちな感覚のズレを専門家がアドバイス!

case3.教えるのは年上の役目!

もしかして私の接し方、重い!?古い!? 50代と年下女子の“ギャップあるある”_3_1
【似た事例も!】
「会議室で席順が近い順に書類を配ったら、上司から渡さないといけない……みたいな空気になって、驚いた」(23歳)、「言葉使いの考え方が違うなと思う。注意を受けても、先輩の考えが理解しきれないことが多い」(34歳)、「私のときは〇〇だった……という経験談をよく話されるけど、『……で?』と思ってしまう」(36歳)

原田さんの解説

若者が礼儀知らずなのはいつの時代も同じ。頭ごなしに叱るのではなく現実的にこう伝えてみては?「 日本人の平均年齢が50代に近づいている今、若者の常識はむしろ世の中全体ではマイノリティ。あなたたちの考え方は理解しているけど、それが主流になるのは30年後のこと。今は、社会のマジョリティに従っておいたら?」と。

ジェーンさんの解説

現在の20代女子が30歳を過ぎたときに大恥をかくパターンですね。「それってそんなに大事?」と思われても、教えてあげましょう。あとから「教えてもらってよかった!」と思うタイミングが、必ずくるはずです。ただ、私たちもそうされていやだったように、「そんなことも知らないの?」という態度はとらないのが大人の対応です。

What's New

Feature
Ranking