もしかして私の接し方、重い!?古い!? 50代と年下女子の“ギャップあるある”

最近、年下女子とのお付き合いで、「もしかして、私、ズレてる!?」と感じることはありませんか? eclat1月号では、年下女子との間に起こりがちな感覚のズレを専門家がアドバイス!

case4.え!? "おごり" はダメ?

もしかして私の接し方、重い!?古い!? 50代と年下女子の“ギャップあるある”_4_1
【似た事例も!】
「男性におごられるのがあたりまえだと思っている人がバブル世代には多い。私はおごられるのは苦手」(32歳)、「お金を使うことがかっこいいと思っていて、貯蓄する気が全然ない」(29歳)、「職場の50代の先輩は、歩けなくない距離でもすぐタクシーに乗りたがる」(37歳)、「食事の帰りにタクシー代を渡されたことが!」(24歳)

原田さんの解説

高学歴で、意識高い系女子に多いエピソードですね。どちらが正しいかというより、中年を迎えて発言力を増し、社会を動かす力をもつ団塊Jr.の基準に合わせるほうがいいでしょう。バブル期と違って、合理的かつ厳しい基準で物事が動くようになっています。金銭感覚もきちっとしているほうが、スマートでクールといわれますから。

ジェーンさんの解説

借りをつくりたくないのです。「こないだおごったでしょ」とやられたくない。抵抗を示されたら、少し多めに出すぐらいにしましょう。今の世代は男女平等の精神で育ってきたので、『男性がおごるのはあたりまえ』という価値観にも抵抗が。「男性からおごられることを自分の価値と思っててみっともない」と、思われているかも!?

What's New

Feature
Ranking