美シルエットを兼ね備えたエグゼクティブ・ジャケット 五選

2017年8月12日
女性にとっては、テーラードとノーカラーがビジネスジャケットの2大選択肢。場にふさわしいきちんと感だけでなく、どちらもほどよく今風のおしゃれ感を備えていることがマスト! 素材の上質さやデザイン性など、さらに付加価値のあるジャケットの数々をおなじみのブランド、新進ブランドから厳選して紹介!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ジャケットに特化した特別コレクション
「MAX MARA」
通常のジャケットの2倍以上の時間と手間をかけてつくられる、「プロジェット・タイユール・サルトリアーレ」コレクション。明るめネイビーのジャケットは昨年より、ややゆとりあるシルエットにリニューアルされ、さらにこなれた雰囲気に。メンズジャケットのようなつくりの内側には、名刺などを収納する内ポケットがついている。裏地にはサテンが使われており高級感が漂う。また、襟もとは職人によるハンドステッチでていねいに仕上げられ、素材には横糸にストレッチが効いたバージンウールのギャバジンを使用!

ジャケット¥272,000・カットソー¥31,000(ともにマックスマーラ)・パンツ¥43,000・バッグ¥127,000(ともにスポーツマックス)/以上マックスマーラ ジャパン ピアス(片耳)¥179,000/ハルミ ショールーム(オー) ベルト¥14,800/パリゴ 丸の内店(メゾンボアネ) 時計¥590,000/IWC(IWC)
2.日本人女性を美しく見せる逸品がそろう
「LEILIAN」
今回、40〜50代女性の体型を研究し、美しく見えるデザインや裁断に徹底的にこだわり、キャリア向けに開発したという一枚。イタリア製の上質素材を使ったジャケットはタックや切り替えが工夫され、ウエストシェイプしたシルエットが完成。胸下にとられたタックは女性らしいエレガントさを演出するとともに、腰まわりのお肉をカムフラージュしてくれるうれしい効果も。袖口には小さなスリットが入っているので、折り返してもきれい。

ジャケット¥59,000/レリアン お客様相談室(レリアン) シャツ¥30,000/サザビーリーグ(エキップモン) スカート¥52,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥617,500(参考価格)・リング¥780,000(参考価格)/ステディ スタディ(ソフィー ビル ブラーエ) バッグ¥395,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥46,000/アマン(ペリーコ)
3.ラグジュアリー・カジュアルが得意な新星
「INSCRIRE」
今シーズンデビューしたばかりの「アンスクリア」は、旬の要素を取り入れながらも、エレガントで上質なカジュアルスタイルを提案する、日本人女性デザイナーによるブランド。一見オーソドックスなジャケットのようでいて、長めの着丈やゆるめのシルエット、袖口の太めの折り返しがこなれ感をプラスしてくれる。後ろ襟の裏側のカラークロスが黒地になっているので、襟を立てて黒をちら見せしても着こなしのアクセントに! 袖のカフス部分には、5つのボタンホールが施されていながらボタンはなし。そんな遊び心の効いたディテールも見逃せない。

ジャケット¥98,000/アマン(アンスクリア) ワンピース¥80,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) 時計¥135,000/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー(タグ・ホイヤー) ブレスレット¥289,000・リング¥315,000/ハルミ ショールーム(オー) バッグ¥230,000/プレッド PR(プロエンザ スクーラー)
4."シンプル、ベーシック、マニッシュ"好きに!
「LOUSTIC」
「ルスティック」には、シンプルで主張しすぎないデザインの中に、さりげない遊び心が加えられたジャケットがそろう。イチ押しはちょいゆるシルエットが新鮮なダブルブレストタイプ。

ジャケット¥46,000/ルスティック ショールーム(ルスティック) シャツ¥26,000/サザビーリーグ(エキップモン) パンツ¥27,000/アマン(ベルウィッチ) リング(レッド)¥41,000・リング(グリーン)¥33,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ベルト¥9,800/パリゴ 丸の内店(フルール) バッグ¥163,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
5.欧州マダムが愛する品格ジャケットが豊富
「ESCADA」
パッと華やかに見せてくれるネイビー系のチェック柄が印象的。白いタイトスカートや、ワイドパンツと組み合わせれば、品よくモードなオフィススタイルに。裏地にも同じプリントの異素材生地が使用されており、白の分量が多いチェック柄なので、暑い季節でも涼しげな印象を与える。袖口には小さなフリンジがさりげなく。細かい個所にもひと技効かせたジャケットづくりはさすが!

ジャケット¥142,000/エスカーダ・ジャパン(エスカーダ)

What's New新着記事

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

  • お盆を過ぎたら「辛口ドラマティックカーキ」 五選

    まだまだ暑い日々が続くとはいえ、どことなく秋の訪れを意識しはじめるのがお盆を過ぎた8月中旬〜下旬にかけて。夏の空気感にも秋の気配にも似合う辛口カーキで、おしゃれがむずかしい、季節の変わり目をのりきって!

    eclat五選

    2017年8月17日

  • 代々受け継がれたことや手法 “絶対に持ち帰りたい盛岡の手みやげ”

    代々受け継がれたこと、守り続けた手法が今へ、次の世代へ。eclat9月号では、思い出とともにバッグに入れて持ち帰りたい、目をかけ手をつくした端正な品々をご紹介。

    eclat五選

    2017年8月16日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

ランキング