ふたりのミラネーゼ、おしゃれスナップ最前線 五選

2017年8月13日
トラッドテイストに今風の若々しさをミックスした、独自の着こなしが光るミラネーゼふたりに密着。生活とおしゃれのリンクぶりが楽しい! ミックス&マッチをあらゆるシーンで楽しむ、自分スタイルが印象的なウルズラさんと、自分らしさを出す定番アイテムを持ち、スタイルを確立したパオラさんを追跡。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ロングドレスでディナーへ。
Gジャンで"はずし"を意識
ロングドレスは約30着所有。「友だちとの気軽な集いにも着ていきます。実は足に自信がないから隠しているの!」。お母さまから受け継いだヴァレンティノのドレスとセルジオ ロッシのジュエリーサンダルに、なんと20年前から愛用しているというヘルムート・ラングの白いGジャンをはおり、わざとはずしているのが彼女流。

ウルズラ・ジュスティーナ・クレスピさん
イタリアの靴ブランド『AGL』PRディレクター。市内中心部ブレラ地区に娘ふたりと暮らす。趣味は幼いころから続けている乗馬。バカンスはアフリカのサファリなど"冒険旅行"に! 50歳。
2.ひとくせあるワイドパンツが
仕事着の定番
「出張も多い仕事なので、動きやすいワイドパンツが定番です」。ウェイト・アンド・シーのワイドパンツは、紺のパイピングが個性的。ストレッチが入って動きやすいアルベルタ・フェレッティのヴィンテージジャケットや、インに着たTシャツは、「私の定番色!」というネイビーでそろえて。

ウルズラ・ジュスティーナ・クレスピさん
イタリアの靴ブランド『AGL』PRディレクター。市内中心部ブレラ地区に娘ふたりと暮らす。趣味は幼いころから続けている乗馬。バカンスはアフリカのサファリなど"冒険旅行"に! 50歳。
3.ショッピングには気分の
落ち着くシャツスタイルで
「女性用シャツのタイトなシルエットが気に入らず、オーダーメードでメンズライクに仕立てました」というこだわりの白シャツに、ボトムはミラノのお気に入りショップ、ウェイト・アンド・シーの刺繡入りチノパン。ネイビーブルーのスパンコールのスリッパサンダルは新進靴ブランド、AGLのもの。

ウルズラ・ジュスティーナ・クレスピさん
イタリアの靴ブランド『AGL』PRディレクター。市内中心部ブレラ地区に娘ふたりと暮らす。趣味は幼いころから続けている乗馬。バカンスはアフリカのサファリなど"冒険旅行"に! 50歳。
4.仕事用の男前なジャケットは
あえてきれい色を選んで
仕事着の定番アイテム、ダブルのテーラードジャケットはアルベルト・ビアーニのもの。「数年前に髪型をショートにしてから、メンズライクなジャケットを愛用中です」。同系色のフェンディのバッグにはイニシャル入りのファーチャームを。パンツはなんとユニクロ。シルバーのモカシンはセルジオ ロッシ。

パオラ・ヴェンティミリアさん
イタリア版『ヴァニティ・フェア』誌ファッション・ディレクター。最近凝っているのはドラム演奏。通勤はベスパで。市内中心部に、ペットのラブラドールと暮らす。50歳。
5.フォーマルにはフェミニンな
パンツスタイルで
動くたびにほのかに色が変わる、ドレープが美しいシルク素材のパンツスーツはイタリアの新進ブランド、カルカテーラ。クラッチバッグはフィレンツェ生まれの銘店、ジャンフランコ・ロッティのもの。靴はジミー チュウ。新進ブランドから老舗までを熟知し、取り入れているのはさすが!

パオラ・ヴェンティミリアさん
イタリア版『ヴァニティ・フェア』誌ファッション・ディレクター。最近凝っているのはドラム演奏。通勤はベスパで。市内中心部に、ペットのラブラドールと暮らす。50歳。

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング