人気スタイリストが選ぶ 「こうすれば素敵」な大人のチノパンツ

2018年5月3日
今季のトレンドど真ん中ながら、大人がかっこよく着こなすにはハードルが高そうなチノパンツ。「eclat(エクラ)」6月号では、人気スタイリストの池田奈加子さんと村山佳世子さんがチノパンツをリアルかつ格上に見せる着こなしをご提案。

スタイリスト池田奈加子さんはこう選んでこう着る

「メンズライクな仕立てを生かした着こなしを」

定番デニムと同様の仕立てながら、ヒップまわりはゆとりがあり、大人の体に似合う。ムラ染めでこなれ感も。パンツ¥27,000/サザビーリーグ(カレントエリオット) バッグ¥202,000・靴¥88,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

「どんな一枚を選ぶべき?」

"まずは王道のメンズ仕立てを優雅にこなす"

ワークウエアがもとになるチノを大人があえて着るなら、メンズっぽいデザインやサイズを生かすのが素敵。そこですぐに思い浮かんだのが、キャサリン・ヘプバーン。装いはマニッシュなのにさわやかな女らしさがあふれています。彼女はアメリカ人だけど、ヨーロッパ流の女らしさの表現を知る人。男っぽいものを着ることで、かえって中身の女らしさがきわだつ! だから、チノ自体はまずはスタンダードなデザインを。今っぽいかっこよさは全身のバランスで出していけます。

「映画の中のお手本は?」

"『アニーホール』の着こなしは今季また新鮮に使えそう"

懐かしい映画には着こなしのヒントがたくさん。チノならやはりこのダイアン・キートン。男物だと思われるオーバーサイズの一枚をベルトできゅっと締め、あえてコンパクトなジレを着たスタイル。このバランスは今もお手本。

「誰が着るのをイメージする?」

"似合う丈を熟知していてさりげないのにパーフェクト"

シンプルなパンツの着こなし方がうまい、と常に注目しているのがソフィア・コッポラ。シルエットによって、くるぶし丈や甲にかかる丈など微調整をしていていつも完璧なチョイス。シンプルトップの合わせ方も参考になります。
教えてくれたのは…
いけだ なかこ●大人のつやっぽさが漂う着こなしが本誌でも好評。服の選び方の大原則は「大人の体型を美しく見せてくれること」。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング