働く私たちの便利な助っ人!スーツ代わりの「セットアップ」 五選

2018年5月31日
春から夏に向かい暑くなるこの時季、働く女性たちを悩ますのが、"スーツ問題"。そこで注目なのが「セットアップ」。スーツほど暑くないのにきちんと感が演出できて、いくつも持てるコスパのよさも利点。この季節におすすめの、優秀な新定番をクローズアップ!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ビジネスランチにはトップスとパンツの
セットをライトスーツ感覚で
わずかにグレーがかったペールトーンの色みが上品。ウエストインもアウトもできる、ベストな着丈のトップスは、ふんわりシルエットで大人を美しく見せる。袖のスリットからのぞく素肌が装いに抜け感を与え、タック入りのきれいめパンツを合わせることで、仕事にふさわしいきちんと感が生まれる。

ブラウス¥30,000・パンツ¥25,000/ビームス ハウス 丸の内(エム フィル) バングル¥141,000・ブレスレット¥78,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥117,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥74,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
2.シンプルボトムをドレッシーブラウスに
合わせてレセプションに出席
ウエストがゴム仕様になっていて、あえてベルトのように見せても着られるテーパードパンツは、ウエストのタックがおなかまわりをすっきり見せて。ネイビーのボウタイつきブラウスとミニバッグを合わせて、ドレスアップもお手のもの。

パンツ¥25,000/ビームス ハウス 丸の内(エム フィル) ブラウス¥20,000/エプタモーダ(エンビ)ピアス¥68,000・リング¥88,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥165,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
3.堅いイメージの黒のセットアップに、
Aラインでほどよい甘さをプラス
ブラウスはAラインなので、黒でもどこかフェミニン。こんなふうにすそを出してもよく、ウエストインしてシャープに着こなすこともできる。腰まわりにゆとりのあるタック入りパンツは、股上が深く締めつけ感がなく、オフィスワークの日にも最適。

ブラウス¥34,000(YOKO CHAN essence)・パンツ¥37,000(YOKO CHAN)/以上YOKO CHAN メガネ¥29,000/ブリンク ベース(クレイトン フランクリン) ピアス¥60,000/チェルキ(ギャレッタ) 時計¥1,030,000/IWC ブレスレット¥280,000/アルテミス・ジョイエリ(アルテミス・ジョイエリ) バッグ¥75,000/アノア(リビアナ・コンティ) 靴¥88,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
4.スリットがデコルテ&腕を美しく。
淡色は着やせデザインがカギ
デコルテと二の腕を華奢に見せる、スリット入りのブラウスと美脚シルエットのセンタープレスパンツ。膨張して見えそうなオフホワイトでも、体をすっきり見せる工夫がつまった、こんな上下なら怖くない!

ブラウス¥23,000・パンツ¥27,000/三喜商事(マレーラ) サングラス¥51,500/ブリンク ベース(マイキータ) 手に持ったコート¥38,000(エーケー ワン バイ エッフェ ビームス)・スカーフ¥28,000(キンロック)/以上ビームス ハウス 丸の内 バングル¥705,000・リング(太)¥168,000・リング(細)¥84,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
5.夏に役立つノースリーブタイプ。
ボルドーなら華やかかつ個性的に
ボルドーのセットアップは、トップスがノースリーブなので、ジャケットの中に着てももたつかず、夏の仕事服のインナーにも便利。しっかりとした厚手素材のストレッチ入りで、しわや着くずれも気にならない。白ステッチが効いたクロップトパンツはオフタイムにも活用できそう。

トップス¥32,000・パンツ¥37,000/ビームス ハウス 丸の内(アンスクリア) カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ピアス¥66,000/ドゥロワー 青山店(ソフィ ブハイ) バッグ¥236,000・靴¥86,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング