「小さいさん」ライター宮崎桃代さんの”ボリュームボトム”の着こなし 五選

2016年10月23日
実はもう数年前からのボリュームボトム、とりわけボリュームパンツ愛好者。「パンツ自体に独自の形があるので、自分の体型にかかわらず着こなせることが魅力。丈が長くても、ゆとりがたっぷりあっても、それはパンツの個性。それを楽しむように着るのが一番です」。デザイン的にはやや強め、色は絶対ベーシック、を守れば、ボリュームのあるボトムでも十分に小さい人なりの着こなしが可能と信じている。

1. ひと目惚れした新作のパンツは、そのままフルレングスで着る

今回の特集を担当して宮崎が即買いを決めたのがこのパンツ。スカートと見まごうパンツはしなやかで軽く、ウエストに黒いゴムを 配したデザインがトップスインにもぴったり。「私がはくとちょうどくるぶし丈。切ったりせずそのまま着るほうが下半身がすらりと長く見えて好都合。手持ちのフィットするニットでパンツを主役に」。パンツに合わせて足もとはスニーカーで量感をキープ。服の形が主役ゆえ、グレーの濃淡でまとめる穏やかな配色で。
パンツ¥40,000/サポートサーフェス

What's New新着記事

FEATURE
ランキング